スタッフ紹介 ~アインさん編~

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

9月に入り、一気に秋めいてきましたね。空気ががらっと入れ替わり、体調も崩しやすい時期です。わたしは気圧の変化などに敏感なほうなので、これから初冬にかけては台風の影響などもあり、ふらふらと寝込んでしまうような日も少なくありません。今年はそんな日が減るといいのですが。何事も健康が一番ですよね。皆様も、ご自愛ください。

さて今回は、スタッフ紹介です。
日本ツクリダスで唯一、ベトナムからのスタッフとして現場でがんばっている“アイン”さんを紹介します。

ベトナムからやってきたアインさん



アインさんは、2016年6月に日本にやってきました。それから現在までの1年余り、日本ツクリダスの現場スタッフとして活躍しています。
日本ツクリダスの外国人スタッフはアインさんのみですが、今では日本ツクリダスにいなくてはならない存在であり、ムードメーカーとも言える存在になっています。

とはいえ、どうして日本に?そして日本ツクリダスで働くことを決めたのだろう?と気になり、少し伺ってみました。

もともとアインさんは、機械に興味があったようで、機械を使って仕事をしたいという想いを持たれていたようです。併せて、「日本で生活してみたい」「日本の人と一緒に働きたい」という気持ちもあり、日本で働くことを決意したのだそうです。
そしてベトナム在住中に“日本ツクリダス”と縁があり、去年の6月に日本ツクリダスを目指して来日されました。

私が現場に伺うと、いつも弾ける笑顔(!)で元気に挨拶してくださるアインさん。こちらまで元気を分けてもらっているような気がしています。
またお仕事においても、汎用フライス盤などはアインさんが主に担当なさっているようで、『アインさんあっての日本ツクリダス』になってきているように思います。頼もしいです。

日本ツクリダスに対しての印象を伺うと、「仕事は大変だけど、みんな優しくて楽しい」とおっしゃっていました。以前ほかのスタッフに同じ質問をしたときにも同じ回答をもらった覚えがあり、「皆さんいい雰囲気でお仕事できているのだな」とうれしく感じました。

また、お仕事に関して角野社長に伺ったところによると、「日本ツクリダスでは、アインさんに対して“自ら考え行動する”ことをお願いしているが、一般的な日本の企業ではベトナムなどからのスタッフに対して、そうではなくて、“機械的に作業する”というようなことが多い」ということでした。日本ツクリダスでのアインさんの経験は、今後の大きな糧となるのではないでしょうか。

アインさんプチ情報

日本好きのアインさん、一度は富士山に登ってみたいという夢があるそうです。実はわたしも「死ぬまでには富士山に登ろう」という漠然とした思いがあります。きっと「一緒に登る」ということはないですが、また富士山トークができたらなと思います。

また、日本語やお仕事のことについてはまだまだ勉強中なようで、ほかのスタッフの皆さんも協力して、月1回アインさんへの勉強会を開催したり、毎日の朝礼ではアインさんが最近のニュースを発表するというコーナーを設けたりしています。その“ニュースの発表”では、ニュースサイトなどで適当な情報を探して、分からない日本語の意味を調べ、まとめ直して発表しています。


というわけで、アインさんに現在の心境をインタビューしてみました。
アインさん・・・
「毎日ニュースを発表するのはとっても大変。でも、日本語もニュースも勉強になります。みんなが聞いてくれるからうれしい。仕事は楽しい。もっとがんばる。」
とお話してくださいました。




何事も前向きに取り組まれているアインさん、とっても頼もしいです。
アインさんの今後の活躍にますます期待!ですね。楽しみです。



ちなみに、「アインさんは女好き?」というお話もちらっと伺ったことがあります。こちらのほうもまた調査できればと思います・・・笑

それでは、また次回のブログもお楽しみになさってくださいね。


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2017年09月14日 | Permalink

朝礼について “ありがとうを伝える”編

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

「暑いなあ」という言葉が喉に張りついているかと思うほど、「暑いなあ」を連発している毎日ですが、皆様暑さで体調など崩されていませんか。
3年後はこの暑さの中、東京オリンピックが開催されるのかと思うと、「暑さになれていない国の方々は大丈夫なのかな」と余計な心配をしています。会場、その周辺も含めて、熱中症などの対策を万全にしていただきたいものです。


さて今回は、朝礼の様子についてご紹介したいと思います。
こちらのブログでも何度かご紹介したことのある“朝礼”ですが、覚えておられる方はいらっしゃるでしょうか。

朝礼の流れ

以前に比べ、少し流れが変わったり新しい取り組みが加わったりしているので、今回も簡単に朝礼の流れをご紹介したいと思います。

日本ツクリダスの朝礼は、まず元気のよい挨拶から始まります。皆様の会社でも「うちも始めに挨拶するよ」という方は多いでしょう。元気な挨拶はとても気持ちのいいものですね。次に、それぞれの予定、一日の流れを確認し合っていきます。

さて、ここから日本ツクリダスらしいと言いますか、ユニークな内容の朝礼になっていきます。まず、スタッフ同士が毎日持ち回りで1人ずつ“ありがとう”を伝え合います。こちらについては後ほど詳しくご紹介しますのでお楽しみに。

そして、次は最近の新しい取り組みですが、“会社理念の理解”をします。こちらも日替わりで1人ずつ会社理念を1行ずつ担当し、それぞれが「自分だったら理念を基にどう行動するか」を考え、発表します。要は『企業理念の理解~実践(落し込み)』ですね。角野社長に伺ったところ、朝礼でこういった取り組みをしている会社は珍しいのではないか、ということで、こちらについても、後日詳しくご紹介できたらと思っています。

その後、『じゃんけん』をします。じゃんけんのことは以前別記事でご紹介しましたので、よかったらご覧くださいね。楽しそうなスタッフの皆さんの表情が印象的でした。
『じゃんけん』の記事はこちら

最後に会社理念唱和をして全体での朝礼が終わります。ここからは製造部だけが残り、M:net(エムネット)で1日の流れや担当を確認し合ってすべての朝礼が終了となります。

朝礼の中でも、創業当時から行っている『じゃんけん』が一番盛り上がり、朝から活気に溢れています。

“ありがとう”を伝え合っています



さて、気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。先ほどご紹介した「“ありがとう”を伝え合う」とは、具体的にはどんなことをするのでしょうか。私も初めは「???」がいっぱいでした。
簡単に言うと、毎日スタッフが持ち回りで、感謝の気持ちを伝えたいスタッフに感謝の言葉を贈ります。現在は6名で行っているので、それぞれのスタッフは6日に1回誰かに“ありがとう”の気持ちを伝えることになります。



今まで実際に贈り合われた“ありがとうカード”です。


拝見していると、お仕事に関することから日常の何気ないことまで、“ありがとう”も「気づき」なんだなあと感じるくらい本当に沢山の“ありがとう”を見せていただきました。

スタッフの皆さんに「スタッフ同士で感謝の気持ちを伝えることで何か感じること、変わったことなどはありますか?」という質問をしてみました。
皆さんの回答は、
・普段言えないことを伝えられる
・こういう機会があると、スタッフの気持ちが通じ合う気がする
・面白い取り組みだと思う
・団結力が高まった
・“ありがとう”を言ってもらうとうれしい
・社長から言葉をもらえると特にうれしい
というものでした。この取り組みに対してマイナスに捉えていらっしゃる方はおらず、皆さん何かしらプラスになる朝のプチイベントとして受け止めておられるようでした。

こういった朝礼のおかげか、はたまたこのような朝礼を“楽しい”と受け止められるスタッフの皆さんの前向きな心のおかげか、私が伺う現場の空気はぴりっと引き締まりつつも、明るく元気な雰囲気で満ちています。

朝礼のイメージが変わりました

私が“朝礼”に対して持っていたイメージは「とりあえず挨拶をして連絡事項を伝える」という流れ作業のような朝礼でした。実際に私が以前勤めていた会社では、きちんと時間通り始まるものの、淡々と進められ、日本ツクリダスのように朝礼が“楽しい”“盛り上がる”という感じとは無縁のものでした。
ですが、日本ツクリダスの朝礼のお話を伺ってから、「こんなに楽しそうな朝礼があるのか」とびっくりしました。現に、内容が膨らみすぎて20分を超えてしまう日もあるようです。社長のユニークな発想や取り組みはもちろんですが、それをきちんと受け止めて、しっかり楽しんで、テンションアップ、チームワーク強化につなげていらっしゃるスタッフの皆さんの心意気はとても素敵だと感じました。

このブログを読んでくださっている皆様の中で、「会社の雰囲気を変えたいけど、どうしたらいいか分からない」という方がいらっしゃれば、少し朝礼の内容を変えてみたり、スタッフ同士が交流できるような取り組みを増やしてみたりするのもいいかもしれませんね。
日本ツクリダスの朝礼が参考になればうれしいです。
また、この記事を読んで興味を持ってくださった方は、ぜひ朝礼の見学にいらしてくださいね。お待ちしております。
お問い合わせはこちら

さて、記事の中でもお話していましたが、朝礼の中で最近新しく加わった“企業理念の理解”。その他についてもまだまだ、朝礼に関して皆様にお伝えできればいいなと思うことがありますので、またこちらで紹介しますね。お楽しみになさってください。


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2017年08月04日 | Permalink

“機械要素技術展”に出展しました


こんにちは。
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。
梅雨も終盤となり、真夏のように蒸し暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、6月21日(水)~6月23日(金)の期間、東京ビッグサイトで開催された“機械要素技術展”にご来場くださった皆様、誠にありがとうございます。

今回の“機械要素技術展”は東京での開催ということで、私は残念ながら会場に足を運ぶことはできませんでしたが、当日会場を担当した、角野社長、西田取締役にお話を伺いました。
当日の様子はもちろん、こういった展示会に出展する際に留意する点や、出展者は来場者にどんなことを感じているのかなども取材いたしましたので、「今後出展したいなー」と思っていらっしゃる方、「展示会って苦手なんだよな」という方、今回の“機械要素技術展に”ご来場いただけなかった方、皆様参考にしていただけるとうれしいです。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
“機械要素技術展”に出展して
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今回は、M:net(エムネット)ブログにも掲載している“漫画”を配布しながらお話をさせてもらったとのことで、お客様は「漫画!?」と好意的に受け止めてくださることが多かったようです。
またHPなどで事前に調べてきてくださったお客様も何名かいらっしゃったり、以前から交流のあるお客様がきてくださったりと、当日会場にいた角野社長、西田取締役は「日本ツクリダスのブースめがけてきてもらえたのはすごくうれしかった」とおっしゃっていました。
そしてどうしたわけか、大阪からのお客様がとても多かったそうです。今回は“堺市産業振興センター”のブースだったので、大きく『堺』と書かれていたものがお客様の目に入ったのかもしれませんね。関東で大阪のものを見かけると勝手に親近感が湧いてしまうのは私だけでしょうか。

さらに、実際にお仕事のお話になったものもいくつかあるようで、営業担当の西田取締役は喜んでおられました。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
展示会に出展する際、気を付けていること
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



今回の技術展では、“超速旋盤”というロゴが書かれた高さ160cmほどのインパクトあるスタンドバナーを立てられました。大きなスタンドバナーが目に留まり、「超速旋盤って?」と声をかけてきてくださったお客様が多かったとのことです。
以前もご紹介しましたが、やはり、細かく詳しくいろいろ書くよりも、シンプル簡潔にまとめて表現するほうが、お客様の目にも留まり、結果、たくさんの方とお話できるということにつながるのですね。



そこで足を止めてくださったお客様とのお話する際も、気を付けていることがあるのだと、角野社長から伺いました。
それは、「お客様の正面に立たず、まずは端のほうに立っていて、お話しするときには横から出ていく」というものです。それには人間の心理として、向かい合って話をするとなかなか本心で話せない、ということがあるようです。角野社長によると、対面の角度は45°が
もっとも好ましいということです。確かに話しをするのはもちろん、食事をする際なども、特に初対面の人と向かい合って座るのは少し緊張する気がしますよね。日本人特有の心理というものでしょうか。

また、“ブースの前には立たない”ということも気にされるとのことでした。
ブースの前を塞いで明らかに「来て来てー、見て見てー」の姿勢になると、
「ちらっとでも見ると声をかけられそう」「営業されたくないな」
と、お客様に威圧感を与えてしまうようです。
展示会でなくとも、皆様も服屋さんなどで同じようなご経験はありませんか?
少し見ていただけなのに、「お似合いですよー」「これとこれを合わせるといいですよー」
などと声をかけられることがありますよね。
こちらとしては、必要な時に必要なことだけをアドバイスくれたら十分、というわけです。

また、「他のお客様がいるとブースに入りやすい」というお客様の心理もあるので、
ブースに人が途切れないサイクルをうまく作っていくのもコツだとのことでした。




技術展のお話を聞いて感じたこと

角野社長、西田取締役にお話を伺っていく中で、展示会に出展する際は来場される方の心理をよく考えて、展示・接客するのが大切なことなのだなと感じました。
大学で心理学を学んでいた私ですが、改めてお話を聞くと、「ほぉー」と感心することが多く勉強になりました。

また、今回も多くのお客様とのご縁ができたようで、私もうれしくなりました。このような展示会に出る際は、いつも人目を引くおもしろい工夫をされている日本ツクリダスのブースですが、まだまだ今後も同様の展示会に出展の予定がありますので、その都度皆様にもご紹介できればと思います。
日本ツクリダスブース写真集ができちゃうかも・・・!?

今回は、“機械要素技術展”の様子をお届けしました。
ヒントになるところはありましたでしょうか?
それでは、次回のブログもお楽しみになさってくださいね。


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2017年07月08日 | Permalink

日本ツクリダスにはどんな機械があるの? 2

こんにちは!
在宅広報部の瀧尾です。

先日は、日本ツクリダスにある“NC旋盤”と“汎用旋盤”についてご紹介しました。
ご覧いただけましたでしょうか。



機械のことは‘ド素人’な私ですが、実は主人が同業の会社に勤めています。今まで家では機械の話自体したこともありませんでしたが、私が日本ツクリダスでブログやメルマガを書かせてもらうようになってから、「旋盤ってどういうことに使うの?」など、基本的なことですが、少しだけ話すようになりました。
これからもよきアシスタント(?)として、ちょこちょこ知恵を分けてもらえたらなと思います。

さて今回は、日本ツクリダスにある“旋盤”以外の機械について簡単にご紹介していきます。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三菱製のミーリングセンタ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



こちらのミーリングセンタは、前回紹介した“旋盤”とは違って、工具を回転させ、加工したい金属は固定させた状態で削っていく機械です。



プログラムが搭載されていて、‘仕上がりのサイズ’や‘どれだけ削るのか’などの情報を入力しておくと機械が作動して金属を削ります。



西田取締役に伺ったところによると、日本ツクリダスでは、旋盤加工が終わった後の穴あけ加工専用としてミーリングセンタを使うことが多いそうです。

初めて現場に伺ったとき、このミーリングセンタを見て「すごく存在感があるな」と感じたのを覚えています。加工中も“NC旋盤”とは違って金属や工具がむき出しになっているので、動いている様子がよく見られ、「おぉー!」と思いながら拝見していました。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
汎用フライス盤
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



こちらの汎用フライス盤もミーリングセンタと同様、金属を固定し工具を回転させて削っていく機械です。工具によって様々な加工ができます。
ちなみに、フライス盤もミーリングセンタも3軸(x軸、y軸、z軸など3方向)での加工となるので、2軸加工の旋盤よりも複雑な加工を得意としています。

この汎用フライス盤は主にベトナム人のアインさんが担当しています。アインさんはこの6月でちょうど入社1年となり、日本ツクリダスにとっては欠かせない存在となっているようです。また別の記事でアインさんのことを詳しく紹介できればと思います。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ボール盤
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



最後にご紹介するのがボール盤です。ボール盤はご覧の通り、穴をあける機械です。金属を固定させて、工具を上から入れて穴をあけていきます。工具は1方向にしか動かないので、穴あけ専門の機械になります。
日本ツクリダスには3台のボール盤がありますが、あける穴の大きさは機械のパワーによっても変わってくるので、うまく使い分けをされているようです。

ボール盤は動かすのが一見簡単に見えますが、実は一番危険な機械だということで、スタッフの方たちから、ボール盤は特に慎重に取り扱っていると聞きました。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
機械のことを取材して
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、2回にわたって日本ツクリダスにある機械をご紹介いたしましたが、いかがでしたか。私自身「何だか苦手だな」と思った機械ですが、今回の取材を通して少しだけ親しみのようなものを感じられるようになりました。
それは単に機械のお話を聞いたからというだけではなく、実際に作業されているスタッフの皆さんの様子(特に女性スタッフが作業されている様子)を見たり、加工後の金属を見て「どんな機械でどんな加工をしたのかな」と考えたりと、いろんな刺激や体験をさせていただけたからかもしれません。
また素人なりに、現場の作業の様子などを随時紹介できたらと思いますのでお楽しみにしてくださいね。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
展示会に出展します
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

6月21日から23日に東京ビッグサイトで開催される、「機械要素技術展」に堺市産業振興センターから堺市内にある企業として、共同出展ブースに出展することになりました。

「機械要素技術展」は、軸受、ベアリング、ねじ、ばねなどの機械要素や、金属、樹脂に関する加工技術を一堂に集めた専門技術展です。
毎年、設計・開発、製造・生産技術部門を中心とした製造業ユーザーなどが多数来場されるということです。


機械要素技術展のホームページはこちら→


今回、日本ツクリダスが展示するのは、
・日本ツクリダスで加工している機械部品・金型部品の通常業務における製品
・オリジナルの金属雑貨を製作する“ironidea”
・M:net(エムネット)
の3点です。

角野社長に伺ったところによると、展示の目玉は、
“加工の特急対応(これができる理由をぜひ現地で聞いてみてくださいとのことでした)”“M:netの秋にリリース予定のバージョンアップ画面の先行公開”
だということです。


===============================
開催日時:6月21日(水)~6月23日(木)
10:00~18:00 ※23日(金)のみ17:00終了

堺市産業振興センターの小間番号:「東5ホール 60-6 」
===============================


かなり規模の大きい展示会なので、出展社数も多く、見応えたっぷりだということです。
ご都合のつく方は、ぜひご来場くださいね。

それでは、次回のブログもお楽しみになさってください。


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2017年06月07日 | Permalink

新しいスタッフが加入しました

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。
4月、子供たちの入園、入学から何かと慌ただしい日々が続いていましたが、やっとそれぞれの生活リズムができ、私も少し余裕をもってパソコンの前に座ることができるようになりました。これを機に、ますます精進しないとですね。がんばります。


さて、今回は最近新しく入ったスタッフを紹介したいと思います。
現在、日本ツクリダスでは、パートさんや在宅勤務者も含めて、計12名のスタッフが働いていますが、今回は現場の新スタッフを紹介したいと思います。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
新スタッフは女性!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

3月から新たに加入したのは、20歳の女性スタッフです。
彼女、もともと製造業に興味があったとのことですが、「製造業は男性の仕事なのかな」というイメージがあった私にとってはとても驚きでした。
もともと日本ツクリダスの現場には女性が1名おりますが、検品の作業を主に担当しているので、“加工女子”の加入は初めてのことになります。

では、簡単にこの新しいスタッフのことを紹介したいと思います。
ここでは彼女のことを仮にAさんということにしておきましょう。

当初はアルバイトとして日本ツクリダスに入ったAさんですが、1ヵ月ほどのバイト期間を経て、本格的に社員として働くことになりました。
聞くところによると、なんとAさん、前職は介護のお仕事だったそうで、製造業は未経験、またまた驚きでした。華麗なる転身ですね。

日本ツクリダスの第一印象を聞いてみると、“フレンドリーで楽しい雰囲気”だったとのことで、「覚えることはたくさんあるけれど、先輩スタッフが優しく教えてくれるので、分かりやすいし楽しく仕事ができている」、と話してくださいました。
私が日本ツクリダスに感じた第一印象ととても似ていて、Aさんに取材しながら「あ、やっぱり」と思いました。

仕事の内容としては、小さめの材料を使った加工を優先的に行っているそうです。



とはいえ、作業中のAさん、何だか頼もしいですね。
後ろ姿は、入社二ヶ月目の新人さんとは思えないほどです。


ちょっとこぼれ話ですが、Aさんは小学校時代地元の野球部に所属されていたそうで、チームが大阪代表に選ばれた経験もお持ちとのこと。Aさんに取材をしているときは、終始驚かされっぱなしでしたが、彼女にはとても芯がしっかりしていて、20歳とはいえ頼りになる印象を受けました。

お仕事に関しても、女性ならではの細かさと機転のよさで、どんどん現場を引っ張っていってほしいなと思いました。と、私が言うのもえらそうですね・・


日本ツクリダスでは、2月にも男性の新スタッフが入っており、最近は現場に伺うととても活気に溢れています。とてもいい雰囲気です。
この雰囲気や、日本ツクリダスで働くスタッフも徐々に紹介できればと思っていますので、どうぞお楽しみになさってください。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
展示会に出展します
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

6月21日から23日に東京ビッグサイトで開催される、「機械要素技術展」に堺市産業振興センターから堺市内にある企業として、共同出展ブースに出展することになりました。

「機械要素技術展」は、軸受、ベアリング、ねじ、ばねなどの機械要素や、金属、樹脂に関する加工技術を一堂に集めた専門技術展です。
毎年、設計・開発、製造・生産技術部門を中心とした製造業ユーザーなどが多数来場されるということです。

機械要素技術展のホームページはこちら
http://www.mtech-tokyo.jp/


今回、日本ツクリダスが展示するのは、
・日本ツクリダスで加工している機械部品・金型部品の通常業務における製品
・オリジナルの金属雑貨を製作する“ironidea”
・M:net(エムネット)
の3点です。

===============================
開催日時:6月21日(水)~6月23日(木)
10:00~18:00 ※23日(金)のみ17:00終了

堺市産業振興センターの小間番号:「東5ホール 60-6 」
===============================

かなり規模の大きい展示会なので、出展社数も多く、見応えたっぷりだということです。
ご都合のつく方は、ぜひご来場くださいね。

それでは、次回のブログもお楽しみになさってください。


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2017年05月23日 | Permalink