最近の日本ツクリダスのこと

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

今年も間もなく半分が過ぎようとしていますが、皆様いかがお過ごしですか。梅雨のじめじめが気になる季節ですが、気分は晴れ晴れと過ごしたいものですね。

さて、今回は最近の日本ツクリダスについて取材してきましたので、紹介させてもらおうと思います。

改めて、組織づくり

角野社長のお話を伺ったところ、「社内を“ものづくり事業部”と“ことづくり事業部”に分けた組織づくりをしている最中です。社内体制を改めて整えることで、中身の充実を図ろうと思います。」ということで、今までのものをベースにして、今後さらに躍進していく年になりそうです。

具体的にご紹介すると、“ものづくり事業部”は、文字通り営業を含めた現場での加工に関する業務で、日本ツクリダスの基幹事業として原資を稼ぎ出すのが役目です。
またもうひとつ、大事な役割もあります。
それは、ことづくり事業部で企画したアイデアや改善内容を「検証する」という役目です。
現場では、想定しない使い方や扱いがされることがよくあります。そんなイレギュラーに対応し、さらなる要求に応え、満足できる製品の品質を得るための検証をする現場としての役割です。

それに対し、“ことづくり事業部”はM:net(エムネット)やコンサルティングをはじめ、金属加工アイデア製品の製造販売、WEBやDTPなどの受注、会社のPR活動を展開する部門で、様々な顔を持つ日本ツクリダスを皆様により深く知っていだたくための活動を展開します。
ちなみに、私が所属する在宅広報部は“ことづくり事業部”に属します

同じ業務をするのでも、組織が明確になることで「自分はこの組織のこの部分にいるんだ。少しでも力になれたらいいな。」と、参加意識も高まる気がします。私もことづくり事業部の一員として、今後もさらにパワーアップして情報を発信していけたらと思っています。今後とも、よろしくお願いしますね。

レイアウト変更しました

また、先日事務所のレイアウトが変わりました。



変更点は、一部の机の配置とラックがいくつか追加されたことですが、それだけでもがらっと事務所の雰囲気が変わりました。



事務スタッフの野口さん、新たに導入したラックを手作業で組み立てています。

実はこの黒いラック、IKEAでテレビ用ラックとして1台1499円で販売されているものです。角野社長から聞いた裏技(?)なのですが、間に耐震マットを敷いて2台重ね、棚としても利用できるのだそうです。実際、日本ツクリダスでは、事務所の机の横において書類などを置く棚としてだったり、応接テーブルの横のモニター台としてだったり、とても便利に活用しています。初代のものから合わせると、なんと14台ものラックが日本ツクリダスで活躍しています。



ラックを設置してできたレイアウトの写真です。
このアイデア、会社の事務所だけではなく家でも活用できそうで、私も参考にしようと思います。


机と机の間に挟んだ感じ

応接テーブル用のモニター台として

 会社見学、お待ちしています

ここまで、簡単に最近の日本ツクリダスの様子をご紹介しましたが、日本ツクリダスの事務所は、よく会社見学に来てくださっています。M:net(エムネット)を導入する前に、どのように仕組みが作られているのか、M:netを導入した後にどのようなしくみにしようか、などを見に来られるということです。事務所のレイアウトが変わったこと、ラックがどのように使われているのかも含めて、是非見学に来てくださいね。


さて、突然ですが、ここで日本ツクリダスのイメージキャラクターを紹介します。



通称『ニッツくん』。モデルは、増田工場長だそうです。冗談まじりで作られた(であろう)、このキャラクター。根付いていくかは皆様の反響次第かもしれません。ニッツくんの今後に是非ご期待ください!

設計・製造ソリューション展に出展します

最後に、展示会出展のご案内です。

【開催日】
2018年6月20日(水)~22日(金)

【開催場所】
東京ビッグサイト

設計・製造ソリューション展(DMS)は、CAD、CAE、ERP、生産管理システムなどの製造業向けのITソリューションが一堂に出展する展示会だそうで、毎年、製造業の設計・開発、製造・生産技術、情報システム部門のユーザーが多数来場し、出展企業と活発な商談を行っているということです。

日本ツクリダスは主に、『M:netの展示・実演』を予定しています。
実際のM:net操作画面を大画面に映して、より多くのお客様にご覧いただける形式を予定しています。M:netにご興味のある方、日常業務で困りごとのある方は、是非ご来場いただき、日本ツクリダスのブースでM:netを体感くださいね。

ちなみに、日本ツクリダスのM:netブースは、緑と白で作られたシンプルながらも皆様の印象に残るような、インパクトのあるブースを予定しています。



写真は、2014年に大阪で開催された設計製造ソリューション展に出展した際のものですが、今回も同様のブースの予定です。「緑のブース・・」を探していただくと、簡単に見つけていただけるかもしれません。写真を参考にしていただき、日本ツクリダスのブースにお越しいただけたらうれしいです。
皆様のご来場を、楽しみにお待ちしています。
ニッツくんもお待ちしている・・かもしれません・・。

それでは、また次回のブログもお楽しみになさってくださいね。