“設計・製造ソリューション展”出展レポート


こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

さて、先日東京ビッグサイトで開催された『設計・製造ソリューション展』にご来場くださいました皆様、誠にありがとうございました。
今回の『設計・製造ソリューション展』は東京での開催ということで、私は残念ながら会場に伺うことができなかったのですが、当日会場を担当した角野社長、また、営業アシスタントの野口さんに当日の様子などを取材してきましたので、ご紹介したいと思います。

緑と白のシンプルなブース



今回は主に、日本ツクリダスが開発・販売している納期管理ソフトM:net(エムネット)の展示と実演だったということもあり、M:netのイメージカラーである緑がメインのシンプル
なブースとなりました。角野社長のお話によると、「シンプルながらもお客様の印象に残るブースを目指しました」とのことでした。多くのブースが出展されている中でも、「緑!」というブースは珍しいのではないでしょうか。一般的に、緑色は癒し効果もあると言われているようですが、その効果も相まって、来場いただいたお客様の記憶に残るブースとなっていましたら、うれしい限りです。



スタッフのポロシャツも緑で、とっても一体感がありますね。

去年の機械要素技術展と同じく、今回も、M:net(エムネット)ブログにも掲載している“漫画”を配布しながらお話をさせてもらったとのことで、漫画をきっかけに興味を持っていただく、という流れも少なからずあったとのことでした。「文字が多い小説も、漫画になると読みやすい」という心理と同じでしょうか。私なら、パンフレットはいらないなと思っていても、突然漫画を渡されると思わず手を出してしまいそうな気がします。皆様はいかがでしょうか。

看板娘の野口さん



今回のような規模の大きい展示会に初参戦だったという、営業アシスタントの野口さん。
入社してから半年も経たないのですが、お客様の対応はもちろん、大きな画面での操作説明なども担当したということです。
展示会後、そんな野口さんに取材をしてきました。

瀧尾「東京での展示会、いかがでしたか?」

野口「業種を問わず多くのお客様がいらっしゃるので、正直お客様に分かってもらえるようにきちんと説明できるかなど、不安はたくさんありました。」

瀧尾「お客様とうまくお話しできましたか?」

野口「自分が分からないことは“分かりません”と答えました。“ですが、こんなに便利に使っています”とありのままを伝えることで、“あ、そんな感じでも使えるのね”“気軽な感じなのね”と、思っていただける方が多かったように思います。」

瀧尾「製造業ではパソコンの操作に詳しくないお客様もいらっしゃいますよね。実際に業務で活用されている野口さんのお話は、すごく説得力があったと思いますが・・・」

野口「もちろん追加で説明を希望される方には、引き続き社長とお話をしていただきました。」

瀧尾「印象に残ったお客様はいますか?」

野口「現在納期管理をバーコードで行っているという製造業のお客様がいらっしゃったのですが、“M:netのように工程ごとに管理ができず、全工程が終わってからの管理になるので、見えない部分も多くある。M:netはとても分かりやすいですね”とおっしゃってくださり、“おー、それは少し不便ですね”と私もすごく共感しました。」

瀧尾「製造業同士だから共感し合えるところもありますね。」

野口「いろんな業界の方が来てくださいましたし、もちろんいろんな業種の方に使っていただけるソフトなのですが、やはり製造業のお客様のお話はすごく親近感が湧きましたし、M:netが製造業の方に使っていただくことを想定して開発されたソフトということもあって、ソフトの説明もしやすかったです。」

瀧尾「野口さんだからこそできた、日本ツクリダスの営業兼、看板娘さんですね。3日間、本当にお疲れ様でした。」

野口「いい経験になりました。とても楽しかったです。」

設計・製造ソリューション展後の取材をして

毎回展示会に出展する際には、人目を引くような工夫をしている日本ツクリダスのブース。
今回は「THE 緑」のブースでしたが、来場いただいたお客様、またブログの読者の皆様の目にはどのように映ったでしょうか。
機会があれば、歴代の日本ツクリダスブース写真をご紹介するのも楽しいかもしれませんね。楽しい工夫や作戦がいっぱいです。乞うご期待⁉くださいね。

また、大活躍だった営業アシスタントの野口さん。
まだ入社5ヵ月とは思えない雰囲気を醸し出している彼女は、とても頼もしい存在でもあります。私自身、展示会のような場は何度足を運んでも慣れないので、野口さんへの取材でお話してくれたように、「楽しかった」という言葉が出るのは、正直とてもうらやましいです。ですが、それは彼女の人柄であったり、日頃の頑張りの成果ではないかとも感じました。
この経験を糧にした野口さんの今後がとても楽しみです。


当日日本ツクリダスのブースにお越しくださったけれど思うように話を聞けなかったというお客様、また、このブログを読んで、M:netに興味を持ってくださった方、M:netのHPがございますので、是非ご覧になってくださいね。

M:netのHPはこちら→★★★
日本ツクリダスのHPはこちら→●●●

それでは、次回のブログもお楽しみに!