朝礼でじゃんけん!?~日ツクのアイスブレイク~

こんにちは!
日本ツクリダスのブログをご覧くださって、ありがとうございます。
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

冒頭の写真に「ん?」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
何をしている写真だと思われますか。
前回のブログをご覧くださった方で、勘のいい方はお気づきかもしれません。

前回のブログはこちら

写真は、日本ツクリダスの朝礼の様子です。前回ご紹介したように、“じゃんけん”をしているところです。皆、楽しそうに“じゃんけん”していますね。この“じゃんけん”が、社内の「アイスブレイク」になっている、と前回お話ししました。

では、「アイスブレイク」とはどんなものなのでしょう。
今回は、アイスブレイクについてご紹介したいと思います。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

先日、有限会社シーケン社で経営コンサルタントをされている谷口様とお話しする機会があり、アイスブレイクについても少しお話を聞くことができました。
谷口様は、弊社社長の角野と長く親交がある方で、日本ツクリダスのマスタープランや年度計画作成、M:netの企画など、多方面で経営のアドバイスを頂いています。
シーケン社のHPはこちら


谷口様は、「アイスブレイクとは、‘自分の緊張をほぐす’ということと、‘その場の緊張を緩和する’という2つの方向性があると思いますよ」とおっしゃっていました。

自分が緊張しているということは、周りの人も緊張しているということが多いと思うので、皆さんの緊張がほぐれれば、その場の空気や雰囲気もほぐれていくのでしょうね。

私自身、慣れない環境や人に対して、すごく緊張してしまうので、機会があればアイスブレイクを体験してみたいなと感じました。

話が逸れましたが、アイスブレイクは本来、初対面の人が集まる勉強会などで行われるそうですが、日本ツクリダスの朝礼のように、社内での親睦を深める際にも役に立ちそうです。


日本ツクリダスの社員からも、「朝からじゃんけんですごく盛り上がる」「全員でじゃんけんをすることによって、朝礼に参加したという気持ちが強くなり、仕事の意欲につながる」「じゃんけんの後に、社是・理念の唱和があるのだが、2つのメリハリで雰囲気も気持ちも引き締まる」「じゃんけんの前は眠い顔をしている社員も、じゃんけんの後では笑顔になっている」という声がありました。
じゃんけんは社員にとって、いいアクセントになっていて、朝礼の雰囲気、その後の仕事への意欲へとつながっているようです。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

それでは、アイスブレイクには、具体的にどのような例があるのでしょうか。シーケン社の谷口様に伺ってみました。

◎ヤートサークル
偶数の人数(例えば6人、8人など)で手をつないで輪になり、前に倒れる人、それを倒れないように支える人を交互に作ります。
腕の自由が利かない状態で前に倒れて行くのは本当に恐いものですよ。どちらの人も、隣の人を信じることが必要であるというゲームです。
初対面の場合でも知らない間に信頼関係が生まれそうなゲームですよね。


◎順番ゲーム
10人ほどが縦1列に並び、リーダーの掛け声で、年齢順、所持金の多い順、郵便番号の大きい順、誕生日が早い順、など、いろんな順で並び変えます。
これは、それぞれ自分の情報を伝えることになるので、コミュニケーションができ意思疎通がスムーズになりそうですね。




◎アイコンタクトゲーム
ペアになって向かい合い、5秒間、10秒間、15秒間と、それぞれ目を合わせ続けるそうです。
知っている人でもお互い目が合っていると少し気恥ずかしい部分もありますが、初対面の人となら尚更ですね。自然と笑みがこぼれてきそうで楽しそうなゲームです。
但し、男女ペアはクレームになることがあるので注意して下さい。

もちろん他にも、たくさんありますが、こういったゲームに限らず、自己紹介の仕方、話し方などがアイスブレイクとなっていることもあるというので、アイスブレイクは奥が深いですね。

みなさまもそれぞれの会社で、取り入れられそうな“アイスブレイク”があれば、ぜひ実践してみて下さいね。また、それに関する経緯などもお聞かせいただけたら嬉しいです。


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2016年12月19日 | Permalink