「ブレーンストーミング」と「KJ法」

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

前回のブログでは、一昨年の5月から毎月1回開催されているという『品質向上委員会』についてご紹介しました。読者の皆様には、日本ツクリダスでこういった委員会が行われていることを知っていただくとともに、何か少しでも参考にしていただける内容があるとうれしい限りです。
ブログ記事『月1回の品質向上委員会』はこちら→★★★

今回は、そんな品質向上委員会の取材を進める中で、私自身とても興味を持った、“ブレーンストーミング”、また“KJ法”という会議などでの手法について、ご紹介していきたいと思います。


アイデアを出し合う、「ブレーンストーミング」

ある問題やテーマに対し、参加者が自由に意見を述べることで、多彩なアイデアを得るための手法、また新たなアイデアを生み出すための方法のひとつに、「ブレーンストーミング」というものがあります。

KJ法と組み合わせて実施する場合、アイデアを付箋やカードに書き出していくそうなのですが、調べたところによると、他にもいくつかルールがあるようです。
1、 他人のルールを批判しない。
2、 自由奔放なアイデアを歓迎する。
3、 質より量、アイデアは多いほどよい。
4、 他人のアイデアを活用し、発展させる

※【ナビゲート】様のHPを参考にさせていただきました。



写真は、実際に付箋にアイデアを書き出したところです。

いかに多くのアイデアを出していくかがポイントになるようです。一見不要なアイデアでも、たくさんのアイデアが重なることで、何か大きな一歩につながることもあるのかもしれませんね。

たくさんのアイデアを秩序していく「KJ法」

また、「ブレーンストーミング」などで得られた発想を整序し、問題解決に結びつけていくための方法として「KJ法」があります。

KJ法の手順は何段階かあるようですので、順に紹介させていただきます。

① グルーピング(統合化)
ブレーンストーミングで得られた全てのカードに目を通し、アイデアの意味や文脈が近い感じのものを重ねます。重ねたら、それぞれのカードの束にそのグループの意味をぴったりと言い表したタイトルを考え、ラベルに書いて貼っていきます。

② 並べ替え(図解化)
模造紙やホワイトボード上でのグループの位置関係を見直します。意味が近いものを近くに、遠いものを遠くへと並び替えていく、ということです。
ある程度位置関係が整理できたら、いくつかの大グループの中で共通するものを丸で囲み、3~4個程度の大きな島を作ります。このとき、それらの島にもタイトルをつけるとなお良いです。そして、それらの島にはどのような関係(原因、結果、因果、類似、反対など)なのか、線で結ぶなどしていきます。

③ 言葉にする(文章化)
最後に、相関性を作った全体の関係を文章化します。文章化することで、未完成だったアイデアが形を成し、単なる思い付きではない、課題の本質的な解決方法に近いものになっているのだ、ということです。

※【アイデア総研】様のHPを参考にさせていただきました。


日本ツクリダスの品質向上委員会では、不良の分析や、発生源の特定、品質改善策などを皆で考える際、これらの手法を用いて議論なさるということです。



参加されているスタッフの方にお話を伺ったところ、
「課題について、皆で意見やアイデアを出し合いひとつにまとめていく、という作業は、各々の意識を高めるとともに、チームワークも生まれてきます。」
「皆で考え、ルールなどを作っていく機会があるのはとてもいいことだと思います。もし新しいスタッフが加入してきても、きちんと考えて作られた基盤があることで、仕事(加工)がしやすい環境になるのではないかと思います。」
と、ブレーンストーミングやKJ法で生まれたアイデアを、前向きに活用したい!という意気込みがたっぷり伝わってきました。

ブログ記事のアイデアやネタ探しにも

当初は品質向上委員会を紹介する中で、皆様にも活用していただけたらいいなと思っていたブレーンストーミング、KJ法についてですが、今回調べる中で、私自身もこれらの手法を使えるのではないかと感じました。
在宅広報部として、ブログやメルマガを担当させてもらうようになって1年半が過ぎましたが、まだまだ未熟で「何を書こうかな」「皆さんが読みたい記事は何かな」と考える日々です。そんなとき、ご紹介したようなアイデアの出し方、まとめ方で、自分の考えを可視化することで、より皆様に楽しんでいただける記事づくりができるのではないかと思いました。私も今後の参考にさせていただきたいと思います。

また、お仕事に関連したことだけでなく、家事や自分の気持ちを整理する手段としても有効的に利用できるのではないでしょうか。皆様も是非、“ブレーンストーミング”“KJ法”を活用できる場所を探してみてくださいね。そして、何か少しでも役に立ててくださるとうれしいです。

それでは、また次回のブログもお楽しみになさってくださいね。


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2018年03月30日 | Permalink

スタッフのご紹介 ~平野さん編~

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

日頃からシリーズでお送りしている「スタッフ紹介」ですが、まだ紹介できていないスタッフさんが多くいます。特に古株のスタッフさんはほとんど紹介していないので、たまに「まだ僕紹介されてないよね。」と、催促(?)の声がかかったりします。

今回紹介する平野さんは、昨年7月に加入しましたが、なかなかタイミングが合わず紹介できていなかったスタッフさんの1人です。彼も、ブログでの紹介を心待ちにしてくれていました。ついに登場です。というわけで、張り切って平野さんの紹介に参りたいと思います。

同業からの加入です



私が初めて平野さんに会ったのは、昨年8月に社内で行われたバーベキューのときです。子供と一緒に騒ぎ、プールでびしょ濡れになって遊んでくれていた姿はとっても印象的で、子供たちも「おにいさん!」とよく懐いていたのを思い出します。
そんな元気ハツラツのイメージで、インタビューにもしっかりと答えてくれた平野さんは、現在24歳。週3勤務のアルバイトとして日本ツクリダスに加入してから早7ヵ月が経とうとしています。


平野さんは以前も同業の会社でお仕事をしていたとのこと。日本ツクリダスの現場では製造業未経験のスタッフが多い中、とっても貴重な存在です。
「お仕事には慣れましたか?」という質問に、「同業で働いていたとはいえ、機械の種類、加工するもののサイズ、強度などが違うので、初めから何でもできるというわけにはいきませんが、日本ツクリダスに来て半年が過ぎ、徐々に慣れてきました。」と答えてくれました。実際に、以前はφ20~30㎜のものを加工していたそうですが、現在はφ120~200㎜のものを多く扱うようになるなど、彼自身の守備範囲も大きく広がっているようです。頼もしい限りです。



休日もアクティブです

「趣味はありますか?」と聞くと、「自転車です。自転車でいろんなところへ行くのが好きで、最近は滝畑ダム(河内長野市)に行きました。」とお答えいただきました。また、自転車だけでなくスキーや卓球などスポーツも好きだというお話でした。
さらに、休日にはボランティア活動にも積極的に参加しているとのことで、第一印象の通り、とってもアクティブです。インドアな私にとっては「すごい。活発ですね。」という言葉しか出てきませんでした。

「日本ツクリダスはとっても楽しい雰囲気で、自分は盛り上げ役です。」という平野さん本人のお話を聞いて、同じく現場の増田工場長、野口さんにもお話を伺ったところ、「たしかに、賑やかでムードメーカー的存在ではあるかな・・。」と冗談交じりに答えてくださいました。そんな平野さんですが、仕事面においては、周囲から「すごく信頼している」「分からないことは教えてくれる」などと、すでに日本ツクリダスには欠かせない存在となっているようでした。

また、増田工場長、野口さん、平野さんの3人は、「一緒にご飯に行ったりボーリングに行ったりします。」と、とっても仲良さそうで、取材中も3人で大騒ぎしていました。



この木の台(?)は平野さんが作ったそうです。「彼は木の加工も得意だよね。」という、増田工場長のお話でした。家具なども作れてしまうのでしょうか。すごいですね!


ムードメーカー的なスタッフが多く集まり、ますます賑やかな現場ですが、このいつも明るく元気、仕事に対しては真面目で真剣な様子を直接皆様にお届けできないのが残念で仕方ありません。文章で伝わっていると嬉しいですが・・・・・。
こんな日本ツクリダスの今後にどうぞご期待くださいね。

さて、皆様にお楽しみいただいている「スタッフ紹介シリーズ」。
次回以降は、古株スタッフを中心に紹介できればと思っています。是非お楽しみになさってくださいね。
それではまた次回。


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2018年03月21日 | Permalink

月1回の品質向上委員会

こんにちは!
ブログ担当の瀧尾です。

いよいよ春が近づいてきたかな、というわくわくした気持ちと同時に、花粉に悩まされる季節でもありますよね。私は花粉症ではないのですが、日によってはなんだか鼻の奥がムズムズしたり、洗濯を入れるときくしゃみが出たりと、体が花粉を感じる日々です。皆様はいかがでしょうか。

さて今回は、一昨年2016年の5月から毎月開催されているという、『品質向上委員会』について、この委員会の発案者でもある西田取締役にお話を聞いてきましたので、ご紹介したいと思います。

品質向上委員会とは



『品質向上委員会』は、名前の通り、加工段階での品質を向上させるため、当初は不良品を減らしていくことを目標に、立ち上げられました。

委員会の開催場所はシーケン社です。
シーケン社については以前も紹介させてもらったことがあるのですが、経営コンサルタントをなさっている谷口様は、角野社長と長く親交がある方で、日本ツクリダスのマスタープランや年度計画作成、M:netの企画など、多方面で経営のアドバイスをくださっている方です。品質向上委員会においても、多くサポートいただいているそうです。
シーケン社のHPはこちら→★★★
現在の主な参加メンバーは、角野社長、西田取締役、増田工場長、検査の田村さん、そして谷口様の5名です。
上記以外にも、検討テーマにより社員さんや関係者の方に出席をお願いされています。



さて、西田取締役に、委員会の様子を伺ったところ、
「不良品対策は、どんな不良なのかのデータを取り、皆で意見を出し合いながら分析し、その対策を考えます。その手段として、各人がカードに思いつくことを書き、発表し、分類し、まとめていく、という技法を使っています。」とお話しくださいました。皆が一緒に問題に向き合う時間があると、自然とチームワークも生まれそうですし、それぞれの意識も高まっていきそうですね!
西田取締役は、「これらの手段は谷口様がアドバイスくださったもので、すべてに意図があります。」とおっしゃっていたので、改めてこのお話を踏まえ、谷口様に伺ってみたところ、
●ブレーンストーミング
限られた時間内に自由に話し合って、いろいろなアイデアを出す、立案企画の手法。
当然、問題のリストアップなどにも使えます。
●KJ法
ブレーンストーミングなどによって得られた発想を区分・整理し、問題解決に結びつけていくための技法。

ということで、委員会はこれらの方法を用いて実践されていることが分かりました。ちなみにKJ法という呼び名は、これを考案した文化人類学者、川喜田二郎氏のアルファベットの頭文字からとられているそうです。さらっと伺っただけですが、個人の考えを引き出す、とてもよい方法のように感じました。
ブレーンストーミング、KJ法については、次回のブログで詳しくご紹介させていただきますね。

 実践することの難しさ

「委員会が開催されるようになってから、約2年が経ちますが、委員会では不良品削減を皮切りに、取り組み一覧の作成や社内基準の作成なども行ってきました。現在は安全・品質基準について案を出し合っているところです。」ということで、委員会の議題もどんどん更新されているようです。

西田取締役のお話では、「委員会では楽しい雰囲気であるとともに、活発に意見が交わされ、次々と決定事項ができているのですが、それを『社内に持ち帰って実践する』ということがまだあまりスムーズにいっていないと感じています。」ということでした。
今後はスタッフの皆さんへの浸透がさらなる課題となっていきそうです。

他にも、「いろんな工場に見学に行って良いところを吸収していきたい」「もっと対外的な情報を集め、新しいものを積極的に社内に取り入れていきたい」などと、西田取締役はたくさんの希望を話してくださいました。

今回の取材を通して、月1回でも、この品質向上委員会のような場が設けられるということは、スタッフさん同士のコミュニケーションにもなりますし、業務について、会社について、考えることができるとても良い機会になっているのだなと感じました。普段はなかなか話せないことも話せたりするかもしれませんよね。

委員会については、今後、角野社長や増田工場長のお話や感想などもご紹介できればと思いますので、お楽しみになさってくださいね。


それではまた次回もよろしくお願いします。


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2018年03月21日 | Permalink

西田取締役にインタビューしてきました

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

幼稚園や小学校では年明けからインフルエンザが大流行し、周りでも感染する人が増えています。先日打ち合わせのため出社した際、スタッフが皆、首にカードホルダーのようなものをかけていました。「何かな?」と思い聞いてみると、“首にかける除菌シート(マスク)”のようなものだそうで、身近な空間除菌に効果的とのことでした。ちなみに、我が家ではうがい手洗いに加え、加湿器に次亜塩素水を薄めて入れています。“心のお守り”のような感じでこの時期いくらか気分が楽になるのですが、皆様は、健康管理、ウイルス対策で心掛けていらっしゃることが何かありますか?


さて、先日の打ち合わせでは、西田取締役に「最近の社内の様子」についてお話を伺ってきましたので、今回はその内容を中心にご紹介したいと思います。

受注が増えています

去年の秋、日本ツクリダスの特徴でもある短納期対応について、【超速旋盤】という戦略とロゴを打ち出し、展示会やブログ読者の皆様から多くの反響をいただいていました。そのおかげか、年末から年明けにかけて、お客様からの問い合わせが殺到しているそうです。先月は22件の新規問い合わせをいただいたとのことでした。

現在、社内加工では、主に旋盤加工品を扱っています。一方、社内でのフライス加工品は旋盤のものと比べると少量になりますが、ベトナム人スタッフのアインさんが担当しています。今後、増田工場長もフライス加工技術を習得するそうで、機械も新しく導入予定です。これを機に、フライス盤を使った社内加工が増えていくかもしれません。その際はまたご紹介したいと思いますので、お楽しみに。

また、社内で加工できないもの、特別な処理を必要とするものについては、外注さんにお願いしているのですが、西田取締役のお話では、「最近、受注や見積もり依頼が増えてきたこともあって、協力してくださる会社を探しています!」とのことでした。「営業は日本ツクリダスがするので、加工をお願いしたい。」と希望されていて、「どんな技術を持った会社を探していますか?」との質問には、「φ400mm以上の旋盤加工ができる、製罐+機械加工ができる、大きいものを扱える、単品~小ロット・大ロットに対応してくれる」などの要望を出してくださいました。現在取引のある協力会社様は、同業会社からの紹介や展示会、ふとしたきっかけでご縁ができたケースが多いということですが、このブログを読んでくださっている皆様で、何かご縁を感じていただけたなら、是非とも一度お問い合わせいただきたいと思います。
お問い合わせはこちら→★★★

さらに明るい雰囲気の現場です

昨年後半には明るく元気なスタッフが何名か加わったこともあって、現場の雰囲気はますます良くなっているとのことでした。実際にわたしが取材などで伺ったときも、皆さん元気に挨拶してくれるので、とっても気持ちがいいです。たまに休憩時間などにお邪魔すると、お話に入っていけないほど盛り上がっているときもあります。

また、新スタッフも徐々に戦力になってきているとのことで、心強い限りです。

検査の試験に合格しました



検査は女性のスタッフ1名が行っていますが、先日機械検査技能士3級の試験に合格しました!今後さらに上の試験に挑戦するそうで、自らレベルアップを目指される姿はとても頼もしいです。
このスタッフさんは、ブログで日本ツクリダスの日常を、親しみやすい文章で紹介したりもしてくれています。ぜひ彼女のブログもご覧くださいね。さらに日本ツクリダスを身近に感じてもらえること間違いなしです。

彼女が書いているブログはこちら→★★★

2018年も勢いよく始動した日本ツクリダス。これからもどんどん進化する日本ツクリダスをご紹介していきたいと思いますので、お楽しみになさってくださいね。
それでは、また次回。



投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2018年02月09日 | Permalink

新スタッフのご紹介 ~テインさん編~

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。


寒さも本格的になり、子供たちの幼稚園、小学校ではインフルエンザによる学級閉鎖も増えていますが、皆様は体調など崩されていませんか。この季節はインフルエンザはじめ、感染性の胃腸炎なども流行するので、「いつくるやら・・」と密かに心の準備をしています。家族や周りが無事に乗り切れるよう祈るのみです。皆様もお元気に過ごされますように。


さて、昨年から新しいスタッフが多く加わり、そんな季節の病気なども吹き飛ばすくらい活気あふれる日本ツクリダスですが、年末に新しくベトナム人スタッフが加入しました。
今回はその新スタッフ、ティンさんにお話を伺ってきましたので、ご紹介したいと思います。


日本語がとっても上手なテインさん



すらっとした長身に、しゅっとしたお顔で(擬音で伝わるとうれしいです)、現在は23歳のテインさん。ベトナムからやってきたということで、「どんな方だろう」とドキドキ話しかけると、とっても気さくに答えてくださいました。
意外だったのが、日本語がとってもお上手なことです。聞くところによると一昨年の9月、日本にこられたティンさんは、名古屋で別のお仕事をしていたそうです。日本語はベトナムにいたころから勉強していて、そのころからの努力が今の日本語力に繋がっているのかなと感じました。

日本ツクリダスでは多くのスタッフがそうですが、ティンさんもこの業界は未経験だったそうで、機械のことも「すこしずつ覚えているところです。」「みんなすごく優しいので、楽しく仕事できています。」と言われていました。早くも現場のスタッフの一員としてがんばっておられるようでした。


ちなみに日本に来られたのは、「日本の文化にすごく興味があったから」だそうで、「ベトナムではあまり食べることのない、刺身などの生ものが大好きです。」と教えてくださいました。今後、もっといろんな場所に行って日本のことを知り、たくさん美味しいものも食べていただきたいものです。



※熱心に作業に取り組むテインさん



スタッフの皆さんの声

また、現場スタッフの皆さんにテインさんの印象を伺ったところ、
「笑いが分かっている」「積極的に話に入ってくる」という声が聞かれました。臆することなくスタッフとのコミュニケーションを取ろうとされるテインさん。今後さらに、日本語(もちろん関西弁でしょう)が上達しそうですね。
また、お仕事面では「一生懸命取り組んでいる」という周りの声からも分かるように、未経験の機械について、少しずつしっかりと習得されているようでした。

日本ツクリダスのスタッフに共通するのは、“やるときはやる、楽しむときは楽しむ”というけじめをしっかり持たれており、その振り幅がびっくりするくらい大きいことだと感じます。不思議とそんなメンバーが集まってきているかのようです。
慣れない日本で、ましてや未経験の製造業という分野に挑戦しているテインさんですが、そんな日本ツクリダスで、これからどんな風に活躍されるのか、とっても楽しみです。
また随時紹介させていただきますね。


日本ツクリダスには、まだ紹介できていないスタッフが何名かおられます。
どなたもとっても個性的で楽しいメンバーですので、そちらも別の機会に紹介していきたいと思います。お楽しみになさってくださいね。

それでは、次回もお楽しみに!



投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2018年01月22日 | Permalink