新スタッフのご紹介 ~テインさん編~

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。


寒さも本格的になり、子供たちの幼稚園、小学校ではインフルエンザによる学級閉鎖も増えていますが、皆様は体調など崩されていませんか。この季節はインフルエンザはじめ、感染性の胃腸炎なども流行するので、「いつくるやら・・」と密かに心の準備をしています。家族や周りが無事に乗り切れるよう祈るのみです。皆様もお元気に過ごされますように。


さて、昨年から新しいスタッフが多く加わり、そんな季節の病気なども吹き飛ばすくらい活気あふれる日本ツクリダスですが、年末に新しくベトナム人スタッフが加入しました。
今回はその新スタッフ、ティンさんにお話を伺ってきましたので、ご紹介したいと思います。


日本語がとっても上手なテインさん



すらっとした長身に、しゅっとしたお顔で(擬音で伝わるとうれしいです)、現在は23歳のテインさん。ベトナムからやってきたということで、「どんな方だろう」とドキドキ話しかけると、とっても気さくに答えてくださいました。
意外だったのが、日本語がとってもお上手なことです。聞くところによると一昨年の9月、日本にこられたティンさんは、名古屋で別のお仕事をしていたそうです。日本語はベトナムにいたころから勉強していて、そのころからの努力が今の日本語力に繋がっているのかなと感じました。

日本ツクリダスでは多くのスタッフがそうですが、ティンさんもこの業界は未経験だったそうで、機械のことも「すこしずつ覚えているところです。」「みんなすごく優しいので、楽しく仕事できています。」と言われていました。早くも現場のスタッフの一員としてがんばっておられるようでした。


ちなみに日本に来られたのは、「日本の文化にすごく興味があったから」だそうで、「ベトナムではあまり食べることのない、刺身などの生ものが大好きです。」と教えてくださいました。今後、もっといろんな場所に行って日本のことを知り、たくさん美味しいものも食べていただきたいものです。



※熱心に作業に取り組むテインさん



スタッフの皆さんの声

また、現場スタッフの皆さんにテインさんの印象を伺ったところ、
「笑いが分かっている」「積極的に話に入ってくる」という声が聞かれました。臆することなくスタッフとのコミュニケーションを取ろうとされるテインさん。今後さらに、日本語(もちろん関西弁でしょう)が上達しそうですね。
また、お仕事面では「一生懸命取り組んでいる」という周りの声からも分かるように、未経験の機械について、少しずつしっかりと習得されているようでした。

日本ツクリダスのスタッフに共通するのは、“やるときはやる、楽しむときは楽しむ”というけじめをしっかり持たれており、その振り幅がびっくりするくらい大きいことだと感じます。不思議とそんなメンバーが集まってきているかのようです。
慣れない日本で、ましてや未経験の製造業という分野に挑戦しているテインさんですが、そんな日本ツクリダスで、これからどんな風に活躍されるのか、とっても楽しみです。
また随時紹介させていただきますね。


日本ツクリダスには、まだ紹介できていないスタッフが何名かおられます。
どなたもとっても個性的で楽しいメンバーですので、そちらも別の機会に紹介していきたいと思います。お楽しみになさってくださいね。

それでは、次回もお楽しみに!



投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2018年01月22日 | Permalink

2018年 新年あけましておめでとうございます


皆様、新年あけましておめでとうございます。
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

2018年、最初のブログとなりました。今年も日本ツクリダスのブログをご覧いただきありがとうございます。本年も、どうぞよろしくお願いいたします!

年末年始はゆっくりお休みになられましたか?もしかすると、お正月関係なくお仕事をなさっていた方もいらっしゃるでしょうか。
私はというと、小学校も幼稚園も冬休み中ということで、相変わらず賑やかなお正月を過ごしていました。2018年も元気な1年になりそうです。


さて、今回は新年第1号のブログということで、1年の抱負などについて取材してきました。日本ツクリダスの2018年はどんな年になるのでしょうか。ご紹介したいと思います。


日本ツクリダスの2018年は?

まず、角野社長にお話を伺ったところ、「今年は製造分野において今まで社内加工できなかった、フライス加工を強化していきたいと考えています。具体的にはフライス加工機を導入できないか、検討しているところです。」とお答えいただきました。
私が知る限り、旋盤加工をメインとしている日本ツクリダスでは、今のところフライス加工ができるスタッフも機械も、少数です。社長のお話通り、フライス加工が強化されていくと、加工、受注の幅がさらに広がりそうで、今後が楽しみです。

また、「規模の大きい展示会への出展も予定しています。」とのお話も伺いました。2017年もいくつかの展示会に出展しましたが、そこでの出会いからご縁が生まれたお客様も多くいらっしゃるそうで、“日本ツクリダス”を知っていただける機会が増えるのをうれしく思います。展示会出展の際は、毎回斬新なアイデアで人目を引くブースを作っていらっしゃる角野社長。今年はどんなブース、また出展内容になるのか必見です。

さらに、年末のブログでも少しお話しましたが「Margel-n-hittikeer事業化」「ironidea事業化」なども検討されているようで、日本ツクリダスの様々なカラーが見られる一年になるかもしれません。どうぞお楽しみに!



続いて、営業担当の西田取締役にお話を伺いました。
「昨年加入したスタッフは皆、若く明るいメンバーです。それぞれの個性がおもしろいメンバーでもあり、それを活かして今まで以上に飛躍できる年にしたいと思います。若いパワーでどこまでも突き進める気がしています。」とのお話で、新スタッフが多く加入した2017年でしたが、新しいスタッフの皆さんを原動力に、スタッフ全体の成長が楽しみな1年になりそうです。
また業務においては、「営業力のアップ、製造部のキャパアップ、外注先の充実などが課題なので、実現できるように取り組んでいきたいと思います。」とのお話をいただきました。設立から5年を迎える2018年、今まで築かれてきたものがさらにパワーアップしていく年になりそうですね。西田取締役の活躍に乞うご期待!です。



最後に、増田工場長のお話です。
「今年はフライス加工を習得し、専念していこうと思っています。もちろん旋盤加工をしなくなるわけではないですが、幅広い加工技術を取得することによってまた新たな考え方(加工方法など)を生み出していけるかなと思い決意しました。」
角野社長のお話にもありましたが、工場の軸ともいえる増田工場長が慣れないフライス加工に専念されるということです。増田工場長のお話を聞いていると、ただならぬ熱意のようなものがひしひしと伝わってきて、1年後、さらには3年後の日本ツクリダスはどんな風になっているのだろうと想いを巡らせておりました。
また、「昨年は社長の助手で初めて展示会のブースにも立たせていただき、実際お客様とお話をすることの楽しさも感じたので、今年も機会があれば展示会にも参加したいと思っています。」とお話しくださいました。



今回の取材を通して改めて感じたことは、スタッフの方それぞれが前向きな思いで業務に向き合っておられるということです。
昨年は事務員さんも含めて新しいスタッフの加入も多く、社内はますます明るく活気ある雰囲気になりました。それぞれのスタッフが熱心に仕事に取り組まれている様子も頼もしい限りですし、2018年もブログやメールマガジンを通じて、そんな日本ツクリダスの変化や進歩を皆様にお伝えできればと思います。



写真は年末の忘年会の様子です。私も子供連れで参加させていただきました。他のスタッフのお子様もたくさん参加され、スタッフはもちろん、子供たちも賑やかですごく盛り上がっていました。ビンゴゲームには豪華な景品も用意されており、娘は「また“ぼうねんかい”いきたいなー」と言っていました。子供にも日本ツクリダスの和気あいあいとした雰囲気が伝わったのかなとうれしく思います。

今年もそんな日本ツクリダス、そして広報部をどうぞ宜しくお願いいたします。
2018年、皆様にとっても充実した年になりますよう、お祈り申し上げます。



投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2018年01月01日 | Permalink

2017年 本年もありがとうございました

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

いよいよ2017年も残りわずかとなりました。
皆様にとって2017年はどんな年になりましたか?振り返ってみると、とても充実していたという方、まだまだやれそうだったという方、それぞれいらっしゃると思います。
年末は掃除をしたり洗車をしたりと、身の周りをきれいにし、気持ちも新たに新年を迎えたいものですよね。美容院などでも年末は忙しくなるという話を聞いたことがあります。
今年はどんな年だったかな?と思われる方は、来る2018年をさらに充実させるためにも、ぜひ今年1年を振り返る機会を作ってみてくださいね。


さて、それでは日本ツクリダスにとっての2017年はどんな1年だったのでしょうか。
角野社長と西田取締役にお話を伺い、そのお話を踏まえながら私が感じたことなどを紹介させていただこうと思います。

2017年を振り返って

まず、2017年の抱負として「みんながきらきらと“光れる”会社にする」とおっしゃっていた角野社長ですが、私からみた日本ツクリダスのスタッフは皆明るく熱心、まさに皆さん個性的に“光って”いらっしゃると感じます。多少スタッフの入れ替わりもあったようですが、現場などはどんどん明るく活気に溢れているようで、頼もしい限り、今後が楽しみに感じます。

さて、会社的なこととしては、“M:netの追加開発”“コンサルサービスの展開”“広報活動の充実”など、いろいろなことが少しずつ前に進んでいった1年になったようです。
私にとっても他人事ではない広報活動においては、「『ブログ読んでいるよ』とか『メルマガおもしろいね』とお話しいただけることが多いよ」というお話を伺うこともあり、読者の皆様から実際に感想を聞く機会の少ない私にとって、そういった言葉はとても励みになっています。また、メールマガジンを読んでM:netに問い合わせてくださり導入に至ったお客様もいらっしゃるようで、とてもうれしく思います。

反対に、以前ブログで紹介した“Margel-n-hittikeer”や“プレスリリース”においてはあまり進展がなかったので、「来年はできなかったことをそのままやるのか、形を変えてやるのかは模索中ですが、やりたいことに変わりはないのでやっていきたいと思っています」と角野社長はおっしゃっていました。
また、「中心となるスタッフが定着し、どんどんレベルアップしています。皆、責任感を持って業務してくれているので心強いです。会社としては停滞しているようで、実は着実に前進した年になったと感じます。」とお話しくださいました。

創業から5年、会社の中の大きな柱が確実にだんだんと太く強く育ってきているようで、今後の日本ツクリダスがとても楽しみです。


また、営業を担当されている西田取締役は、「今年はこれまでの展示会、HP、ブログ、またM:netなどの相乗効果のおかげか、お客様からの問い合わせがかなり増えました。その対応に追われる毎日ですが、まだそれが売り上げには反映されてきていないので、今後はきちんと受注につなげていきたいと思います。」と話してくださいました。

実際私が会社に伺った際、西田取締役はお客様の対応などでとても忙しくなさっている印象があり、今年はいろんな方面から日本ツクリダスを知っていただくきっかけが多くあったのかなと身をもって感じています。来年以降、さらに多くの人に日本ツクリダスを知っていただき、受注が増えることを願うばかりです。


さいごに

2017年は、私(瀧尾)が在宅広報部として本格的にお仕事させていただくようになった年でもあり、「やっと1年か」という思いもあれば、「もう1年経ったのか」という思いもあります。
日が経つにつれて、皆様に「日本ツクリダスの魅力をもっと知っていただきたい」という気持ちも強くなり、うまく文章で皆様にお伝えできるよう努力していきたいと思いますので、気長に見守っていただけるとうれしいです。ご意見やご感想もお待ちしています!

皆様のご健康とご多幸をお祈りして、2017年の締めくくりとさせていただきます。
本年もありがとうございました。
来年も引き続きよろしくお願いいたします。

年末年始休業のご案内

誠に勝手ながら、弊社では下記の6日間、
年末年始休業とさせていただきます。

◆◆ 休業日 :12月30日(土)~1月4日(木) ◆◆

なお、12月29日は大掃除のため現場は稼働しておりません。
1月5日(金)より通常通りに営業いたします。
当該期間中のお問い合わせに関しましては、
確認・ご返信が5日(金)以降となります。
皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご容赦いただきますよう
宜しくお願い申し上げます。


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2017年12月18日 | Permalink

“BOX管理”で業務改善


こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

突然ですが、上の写真は何だと思われますか?
どこかの事務所?何か書類が入っているけど・・。

そうです、これは日本ツクリダスの事務所の中心にドカンと存在感たっぷりに置かれている、書類入れです。それぞれにテープで文字が記され、分かりやすく収納されているようですね。
取材したところによると、こちらは『BOX管理』と呼ばれる日本ツクリダスオリジナルの書類管理法だそうで、この管理法には知られざる工夫とたくさんのメリットがあるようです。それはどんなものなのでしょうか。今回はBOX管理について紹介させてもらおうと思います。



BOX管理とは?

聞くところによると、『BOX管理』という呼び方は角野社長が命名されたそうで、書類が手渡しで回ることの多い製造業(特に中小企業)では珍しい管理方法ではないか、とのお話でした。

BOX管理を一言で言うと、事務処理の仕事の見える化です。これにより、多くのメリットがあります。今や日本ツクリダスの仕事の流れを司る動脈のような存在です。

では、まず取材で伺った『BOX管理』の簡単な流れからご紹介します。
例えば営業さんが受注を受けたら、書類を決まった箱(BOX)に入れておきます。すると事務員さんがその書類を取りにきて受注の処理をします。処理が終われば、次の工程の箱に入れておけば、次の担当者(現場など)が取りにきてそれぞれ作業や処理をする、という流れです。

もし先ほどの事務員さんが、書類を持って行ったものの「受注処理ができなかった・・」という場合、元の箱に入れておけば他の事務員さんが取りにきて処理してくれるので、引継ぎなどは必要なくなる、という嬉しいメリットも伺いました。時間の効率化にもつながりそうですね。

また、手渡しで書類を管理していると「作業中などに受け取った書類を置きっぱなしにしてしまった」「大事な書類がどこかに紛れてしまった」ということがあるかもしれません。実は以前私が勤めていた会社でも、少なからずそういったことがありました。
BOX管理のように工程ごとに書類の決められた場所があると、もし「書類が見当たらない」というようなことがあっても、探す場所が限定されるので見つけやすくなりそうです。


スタッフの声

実際に日本ツクリダスで働いている事務員さんに『BOX管理』について伺ったところ、
「それぞれの役割が決められているので、作業しやすい」
「現在事務スタッフは3人いますが、BOXがあることで仕事を共有しやすい」
「引継ぎが少なくなる」
というお話をいただき、多くのメリットを感じて業務に取り組んでおられるようでした。

角野社長のお話によると、「BOX管理の概念は、書類を“渡す”ではなく、“取りに行く”です。」ということで、その“取りに行く”場所も一ヵ所にまとめられているので、製造業に関する知識がない、また新しいスタッフが加入したときなど、理解しやすく業務に取り組みやすい仕組みだなと感じました。

家庭でもBOX管理

角野社長から「BOX管理は家でも使えるね。」というお話をいただきました。
我が家は子供が3人いるので、学校や幼稚園からもらってくるプリントや連絡帳の確認など、毎日のこととはいえ、恥ずかしながらつい忘れてしまったり、無くしてしまったりすることがあります。そんなとき、例えば“お母さんが確認するBOX”“子供が確認するBOX”を作っておけば、「今月の予定表、誰がなくしたの?」なんてことなくなるかもしれません。「我が家でもBOX管理を導入しよう!」と、取材をしながら心に誓いました。


また先ほど、製造業ではこのような書類管理方法は珍しいかもしれない、とお話しましたが、「病院では、BOX管理のような仕組みで管理されているよ」と伺い、「たしかにそうだ」と感じました。
患者さんが診察券を出すと、受付スタッフがカルテ(書類)を診察する順に医師に回す。診察が終わったら医師から看護師さん、受付スタッフ、会計スタッフ、と、それぞれの役割で間違いなくカルテが回っています。やるべきことが終わると、次のカルテを決められた場所に“取りに行き”ますよね。まさにBOX管理です。

他にも探せばいろんな業種でこのような書類管理法が活用されているかもしれません。
意識してみるのもおもしろいのではないでしょうか。皆様もぜひ探してみてくださいね。


BOX管理は、会社見学に来てくださったお客様が「ぜひやってみたい」と言ってくださり、実際に導入してくださるお客様もいらっしゃるということで、悪い意味ではなく、わりとハードルの低い業務改善(しかし、効果は絶大)かもしれません。「やってみたいけど会社ではなかなか・・」という方は、私のように、家庭から・・など、身近なところからぜひBOX管理を取り入れてみてくださいね。なにか一つでもメリットを感じていただけるとうれしいです。

当社のお客様でもBOX管理



実際にBOX管理を導入してくださった、会社様の写真です。
こちらの会社様は、納期管理ソフトM:net(エムネット)の導入をきっかけに当社をご見学くださり、その際にBOX管理を導入してくださいました。
エムネットの導入事例などはHPでも紹介させてもらっていますので、ぜひご覧くださいね。
リンクはこちら→★

BOX管理については、お話を聞けば聞くほど奥が深そうで、今後も皆様に紹介させていただこうと思っています。お楽しみになさってくださいね。


日本ツクリダスでは、随時会社見学を受け付けています。
興味を持ってくださった方は、info@netkojo.jpまで、お問い合わせくださいね。
お待ちしています。

年末年始休業のご案内

誠に勝手ながら、弊社では12月30日(土)~1月4日(木)の6日間、
年末年始休業とさせていただきます。

◆◆ 休業日 :12月30日(土)~1月4日(木) ◆◆

なお、1月5日(金)より通常通りに営業いたします。
当該期間中のお問い合わせに関しましては、 確認・ご返信が5日(金)以降となります。
皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご容赦いただきますよう 宜しくお願い申し上げます。


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2017年12月09日 | Permalink

新スタッフのご紹介 ~野口さん編~

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。


毎年11月に入ると、突然街がクリスマスモードになりますね。皆さんの周りはいかがでしょうか。
クリスマスカラーに装飾されたお店を見ながら、また、心が躍るような音楽を聴きながら、「今年のサンタさん、プレゼントの予算は・・・」なんて、超現実モードの考え事をしている、という主婦の悲しい(うれしい?)宿命です。


さて、クリスマスに賑わう街ですが、日本ツクリダスも1ヵ月ほど前に新しいスタッフを迎え、さらに賑やかになりました。今回はそんな新スタッフ、野口さんにお話を伺ってきましたので、ご紹介したいと思います。

早くもムードメーカー



「ブログに写真載せてもいいですよ」と快く顔出しOKをくださった野口さん。
現在29歳という彼は、なんと自衛隊員として活動された経験をお持ちだそうで、「元自衛隊のスタッフが新しく入ったよ」というお話だけを聞いたときは「どんな人なのかな?」と少々不安に思うところもあったのですが、実際にお会いしてみるととても気さくにお話してくださって安心しました。

そんな野口さんですが、少しだけCADを使ったお仕事をなさっていたこともあるようです。しかし、製造業の現場で働くのは初めてだということで、「少しずついろんなことを覚えていく、という段階ですが、毎日ちょっとずつ分かることが増えていき充実しています。」と話してくださいました。

また、現場のスタッフに野口さんの印象を伺うと、「すごく明るくて面白い人」「休憩中などはずっと話していて賑やか」という声が多く聞かれました。
増田工場長は、「初対面のときは真面目な印象でしたが、実際に話してみると、すごく話しやすくて笑い好き、休憩中は周りから見ると意味が分からないようなネタで一緒に盛り上がっています。」と話してくださいました。
野口さん自身も「人見知りタイプなので、初めはなかなか素を出さない」という自己分析をされていますが、日本ツクリダスでは、今までよりもかなり短い期間で“素”を出せるようになったとのこと。果たして秘めた“素”とは、どんなものでしょうか。
私はまだ野口さんの“素”を見たことがないので、お目にかかれる日が楽しみです!


意外にもインドア派!?

元々小学校、中学校と、水泳をされていたようで、お話を聞くうちにアクティブな印象を持ちましたが、「お休みの日はどんな風に過ごされているんですか?」と伺うと、「家で過ごすのが好きで、DVDを観たりしたりしてのんびりしています。」という答えが返ってきました。根っからインドア派な私は、勝手に親近感を持ってしまいました。



真剣にお仕事に取り組む野口さん。

増田工場長のお話では、「そんな野口君ですが、仕事に対しては凄く真面目で覚えも早く、さっそく戦力になってくれているのでこれからが楽しみです。」と、仕事に対しても信頼を受けているようです。すごく頼もしい存在ですね。


野口さんが加入して活気溢れる日本ツクリダスですが、さらに11月の末にもベトナム人の新スタッフが加わるということで、これからの会社の変化がますます楽しみです!
またブログでも紹介させていただきますね。


展示会に出展します

展示会出展のご案内です。

11月29日(水)~11月30日(木)
【ものづくり補助金成果発表会】 マイドームおおさか
※30日11時5分より角野社長による事例発表があります。

会場での展示は、『加工品の紹介』『M:netの実演』を予定しています。日常の業務や管理で困っていることがある方は、是非現地で相談してみてくださいね。
皆様にお会いできるのを楽しみにしています。



投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2017年11月14日 | Permalink