日本ツクリダスにはどんな機械があるの? 2

こんにちは!
在宅広報部の瀧尾です。

先日は、日本ツクリダスにある“NC旋盤”と“汎用旋盤”についてご紹介しました。
ご覧いただけましたでしょうか。



機械のことは‘ド素人’な私ですが、実は主人が同業の会社に勤めています。今まで家では機械の話自体したこともありませんでしたが、私が日本ツクリダスでブログやメルマガを書かせてもらうようになってから、「旋盤ってどういうことに使うの?」など、基本的なことですが、少しだけ話すようになりました。
これからもよきアシスタント(?)として、ちょこちょこ知恵を分けてもらえたらなと思います。

さて今回は、日本ツクリダスにある“旋盤”以外の機械について簡単にご紹介していきます。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三菱製のミーリングセンタ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



こちらのミーリングセンタは、前回紹介した“旋盤”とは違って、工具を回転させ、加工したい金属は固定させた状態で削っていく機械です。



プログラムが搭載されていて、‘仕上がりのサイズ’や‘どれだけ削るのか’などの情報を入力しておくと機械が作動して金属を削ります。



西田取締役に伺ったところによると、日本ツクリダスでは、旋盤加工が終わった後の穴あけ加工専用としてミーリングセンタを使うことが多いそうです。

初めて現場に伺ったとき、このミーリングセンタを見て「すごく存在感があるな」と感じたのを覚えています。加工中も“NC旋盤”とは違って金属や工具がむき出しになっているので、動いている様子がよく見られ、「おぉー!」と思いながら拝見していました。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
汎用フライス盤
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



こちらの汎用フライス盤もミーリングセンタと同様、金属を固定し工具を回転させて削っていく機械です。工具によって様々な加工ができます。
ちなみに、フライス盤もミーリングセンタも3軸(x軸、y軸、z軸など3方向)での加工となるので、2軸加工の旋盤よりも複雑な加工を得意としています。

この汎用フライス盤は主にベトナム人のアインさんが担当しています。アインさんはこの6月でちょうど入社1年となり、日本ツクリダスにとっては欠かせない存在となっているようです。また別の記事でアインさんのことを詳しく紹介できればと思います。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ボール盤
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



最後にご紹介するのがボール盤です。ボール盤はご覧の通り、穴をあける機械です。金属を固定させて、工具を上から入れて穴をあけていきます。工具は1方向にしか動かないので、穴あけ専門の機械になります。
日本ツクリダスには3台のボール盤がありますが、あける穴の大きさは機械のパワーによっても変わってくるので、うまく使い分けをされているようです。

ボール盤は動かすのが一見簡単に見えますが、実は一番危険な機械だということで、スタッフの方たちから、ボール盤は特に慎重に取り扱っていると聞きました。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
機械のことを取材して
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、2回にわたって日本ツクリダスにある機械をご紹介いたしましたが、いかがでしたか。私自身「何だか苦手だな」と思った機械ですが、今回の取材を通して少しだけ親しみのようなものを感じられるようになりました。
それは単に機械のお話を聞いたからというだけではなく、実際に作業されているスタッフの皆さんの様子(特に女性スタッフが作業されている様子)を見たり、加工後の金属を見て「どんな機械でどんな加工をしたのかな」と考えたりと、いろんな刺激や体験をさせていただけたからかもしれません。
また素人なりに、現場の作業の様子などを随時紹介できたらと思いますのでお楽しみにしてくださいね。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
展示会に出展します
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

6月21日から23日に東京ビッグサイトで開催される、「機械要素技術展」に堺市産業振興センターから堺市内にある企業として、共同出展ブースに出展することになりました。

「機械要素技術展」は、軸受、ベアリング、ねじ、ばねなどの機械要素や、金属、樹脂に関する加工技術を一堂に集めた専門技術展です。
毎年、設計・開発、製造・生産技術部門を中心とした製造業ユーザーなどが多数来場されるということです。


機械要素技術展のホームページはこちら→


今回、日本ツクリダスが展示するのは、
・日本ツクリダスで加工している機械部品・金型部品の通常業務における製品
・オリジナルの金属雑貨を製作する“ironidea”
・M:net(エムネット)
の3点です。

角野社長に伺ったところによると、展示の目玉は、
“加工の特急対応(これができる理由をぜひ現地で聞いてみてくださいとのことでした)”“M:netの秋にリリース予定のバージョンアップ画面の先行公開”
だということです。


===============================
開催日時:6月21日(水)~6月23日(木)
10:00~18:00 ※23日(金)のみ17:00終了

堺市産業振興センターの小間番号:「東5ホール 60-6 」
===============================


かなり規模の大きい展示会なので、出展社数も多く、見応えたっぷりだということです。
ご都合のつく方は、ぜひご来場くださいね。

それでは、次回のブログもお楽しみになさってください。


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2017年06月07日 | Permalink

新しいスタッフが加入しました

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。
4月、子供たちの入園、入学から何かと慌ただしい日々が続いていましたが、やっとそれぞれの生活リズムができ、私も少し余裕をもってパソコンの前に座ることができるようになりました。これを機に、ますます精進しないとですね。がんばります。


さて、今回は最近新しく入ったスタッフを紹介したいと思います。
現在、日本ツクリダスでは、パートさんや在宅勤務者も含めて、計12名のスタッフが働いていますが、今回は現場の新スタッフを紹介したいと思います。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
新スタッフは女性!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

3月から新たに加入したのは、20歳の女性スタッフです。
彼女、もともと製造業に興味があったとのことですが、「製造業は男性の仕事なのかな」というイメージがあった私にとってはとても驚きでした。
もともと日本ツクリダスの現場には女性が1名おりますが、検品の作業を主に担当しているので、“加工女子”の加入は初めてのことになります。

では、簡単にこの新しいスタッフのことを紹介したいと思います。
ここでは彼女のことを仮にAさんということにしておきましょう。

当初はアルバイトとして日本ツクリダスに入ったAさんですが、1ヵ月ほどのバイト期間を経て、本格的に社員として働くことになりました。
聞くところによると、なんとAさん、前職は介護のお仕事だったそうで、製造業は未経験、またまた驚きでした。華麗なる転身ですね。

日本ツクリダスの第一印象を聞いてみると、“フレンドリーで楽しい雰囲気”だったとのことで、「覚えることはたくさんあるけれど、先輩スタッフが優しく教えてくれるので、分かりやすいし楽しく仕事ができている」、と話してくださいました。
私が日本ツクリダスに感じた第一印象ととても似ていて、Aさんに取材しながら「あ、やっぱり」と思いました。

仕事の内容としては、小さめの材料を使った加工を優先的に行っているそうです。



とはいえ、作業中のAさん、何だか頼もしいですね。
後ろ姿は、入社二ヶ月目の新人さんとは思えないほどです。


ちょっとこぼれ話ですが、Aさんは小学校時代地元の野球部に所属されていたそうで、チームが大阪代表に選ばれた経験もお持ちとのこと。Aさんに取材をしているときは、終始驚かされっぱなしでしたが、彼女にはとても芯がしっかりしていて、20歳とはいえ頼りになる印象を受けました。

お仕事に関しても、女性ならではの細かさと機転のよさで、どんどん現場を引っ張っていってほしいなと思いました。と、私が言うのもえらそうですね・・


日本ツクリダスでは、2月にも男性の新スタッフが入っており、最近は現場に伺うととても活気に溢れています。とてもいい雰囲気です。
この雰囲気や、日本ツクリダスで働くスタッフも徐々に紹介できればと思っていますので、どうぞお楽しみになさってください。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
展示会に出展します
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

6月21日から23日に東京ビッグサイトで開催される、「機械要素技術展」に堺市産業振興センターから堺市内にある企業として、共同出展ブースに出展することになりました。

「機械要素技術展」は、軸受、ベアリング、ねじ、ばねなどの機械要素や、金属、樹脂に関する加工技術を一堂に集めた専門技術展です。
毎年、設計・開発、製造・生産技術部門を中心とした製造業ユーザーなどが多数来場されるということです。

機械要素技術展のホームページはこちら
http://www.mtech-tokyo.jp/


今回、日本ツクリダスが展示するのは、
・日本ツクリダスで加工している機械部品・金型部品の通常業務における製品
・オリジナルの金属雑貨を製作する“ironidea”
・M:net(エムネット)
の3点です。

===============================
開催日時:6月21日(水)~6月23日(木)
10:00~18:00 ※23日(金)のみ17:00終了

堺市産業振興センターの小間番号:「東5ホール 60-6 」
===============================

かなり規模の大きい展示会なので、出展社数も多く、見応えたっぷりだということです。
ご都合のつく方は、ぜひご来場くださいね。

それでは、次回のブログもお楽しみになさってください。


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2017年05月23日 | Permalink

バーベキューが行われました

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

先日のブログで、GW休業の前に大掃除があります、とご紹介しましたが、その大掃除の後に、スタッフや関係会社の人たちでバーベキューをしました。
今回私も初めて参加させていただきましたので、ご紹介したいと思います。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
賑やかなバーベキューになりました
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



バーベキューが行われたのは、会社の1階スペースです。
私は途中から伺いましたが、皆さん楽しそうに食べたり飲んだり話したり。
GWのお休み前ということで、一段と盛り上がっていたのかもしれません。

この日は、子供たちもすごく元気でした。



私は子供3人を連れて伺ったのですが、角野社長のお子様もいらっしゃり、すぐに仲良くなって大騒ぎしていました。子供たちもとっても楽しかったようです。
こういうイベントでは、いつも他のスタッフのお子様も何名かいらっしゃるようですが今回はあいにく欠席でした。それでも十分賑やかでしたが。


先日、角野社長が「大人が楽しいと、子供も楽しい。大人が楽しく仕事したり遊んだりしていると、子供も自然と楽しめるんだよ。」とおっしゃっていたのですが、本当にそうだなと感じました。
やっぱり子供は自然と大人の顔色を見ているし、特に“親”が楽しそうにしていると、それだけで子供はうれしくなったり希望を持てたりするものだなと、私も普段の子育ての中で感じていました。角野社長のお話を聞いて、さらに確信が持てました。

日本ツクリダスのスタッフの皆さんは、仕事に対しても、遊びに対しても、間違いなく楽しんでいらっしゃいます。それを見た子供たちも自然と楽しみ仲良くなって遊んでいる。素晴らしい連鎖ですね。

私もこんな素敵な行事に子供たちと参加できたことをうれしく思います。
子供たちも「ママのお仕事ってたのしいんだね!」と言ってくれていたので、また機会があれば、みんなで伺おうと思います。


普段はなかなかお話できないスタッフの方ともお話しできたりして、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。角野社長、スタッフの皆様、ありがとうございました。


燃え盛る西田取締役がとっても印象的でした。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
展示会に出展します
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

6月21日から23日に東京ビッグサイトで開催される、「機械要素技術展」に堺市産業振興センターから堺市内にある企業として、共同出展ブースに出展することになりました。

「機械要素技術展」は、軸受、ベアリング、ねじ、ばねなどの機械要素や、金属、樹脂に関する加工技術を一堂に集めた専門技術展です。
毎年、設計・開発、製造・生産技術部門を中心とした製造業ユーザーなどが多数来場されるということです。

機械要素技術展のホームページはこちら
http://www.mtech-tokyo.jp/

今回、日本ツクリダスが展示するのは、
・日本ツクリダスで加工している機械部品・金型部品の通常業務における製品
・オリジナルの金属雑貨を製作する“ironidea”
・M:net(エムネット)
の3点です。

角野社長に伺ったところによると、展示の目玉は、
“加工の特急対応(これができる理由をぜひ現地で聞いてみてくださいとのことでした)”“M:netの秋にリリース予定のバージョンアップ画面の先行公開”
だということです。


===============================
開催日時:6月21日(水)~6月23日(金)
10:00~18:00 ※23日(金)のみ17:00終了

堺市産業振興センターの小間番号:「東5ホール 60-6 」
===============================


かなり規模の大きい展示会なので、出展社数も多く、見応えたっぷりだということです。
ご都合のつく方は、ぜひご来場くださいね。

それでは、次回のブログもお楽しみになさってください。


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2017年05月23日 | Permalink

日本ツクリダス、広報部のご紹介

皆様こんにちは。
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

今回のブログでは、私自身も所属している「日本ツクリダスの広報部」についてご紹介させていただきたいと思います。

以前社長とお話していた時にちらっと伺ったのですが、日本ツクリダスのような小さな製造業で、広報部を持たれている会社様は非常に少ないそうです。
では、なぜ日本ツクリダスの広報部は始まったのか、どのような形態で、どんなことをしているのかなどを、簡単にご紹介していきたいと思います。




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
どうして広報部は始まったの?
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

先ほども書きましたが、社員10人程度の製造業の会社で広報部があるのはとても珍しいそうです。
では「どうして日本ツクリダスの広報部が発足したの?」ということですが、やはりまずは、“日本ツクリダスを知ってもらいたい”という社長をはじめとするスタッフの方たちの思いがあったからです。
日本ツクリダスは広報部に限らず、同業他社では見かけない事業をしていたり、主婦の立場でお仕事を始めさせてもらった私から見ても「おもしろいな」という取り組みや業務があったりと、いい意味でユニークな会社です。
そのことを皆様にもっと知ってもらうために、自分たちから発信していく手段として広報部は発足しました。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
広報部はどのような形態なの?
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

これも角野社長から伺ったお話ですが、広報部として発信しているメールマガジンやブログをご覧いただくお客様や会社の方などに「広報ってどんな風にやっているの?」というようなことをよく聞かれるそうです。
実は、日本ツクリダスの広報部は在宅で運営されています。ということで、私も在宅でお仕事をしています。
このお仕事を始めて半年ちょっとになりますが、在宅は時間の融通が利くので、私のように子供が3人いて急病や行事などで予定が変わりやすい状況にある人には向いているお仕事ではないかと思います。わたしはそこにプラス、「書くことが好き」「おもしろい会社だな」という思いもあり、大変なこともありますが、在宅広報部のお仕事を楽しみながら続けさせてもらっています。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
業務内容は?
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

業務の内容としては、主にブログ記事の作成、メールマガジンの作成です。
これらを通じて、皆様に日本ツクリダスの日常、スタッフのこと、業務のこと、取り組み、M:netのことなどを発信しています。
最近では、M:netのブログに“謎のスタッフKさん”が解説するとても斬新な漫画ブログが投稿されたりと、まだまだ広報部も変わっていくのかなと、私自身もすごく楽しみにしています。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
私のスタンス
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

記事を書く上で、私が大切にしているのは「素人目線」です。
「えっ?」と思われる方もおありでしょうが、素人だからこその疑問や視点を大切にすることで、今まで見えていなかったものが見えるというメリットがあると思っています。
これからもこの視点だけは変えないでおこうと思います。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
メールマガジンを発行しています
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

先ほども申し上げたように、広報部ではメールマガジンを発行しています。
日本ツクリダスの広報部、業務内容などに興味があるなと思ってくださった方は、ぜひメールマガジンにご登録いただけたらうれしいです。
このページの下にある申し込みフォームか、info@netkojo.com宛てで、あなた様の「お名前」と「メールマガジン配信希望」と書いてお送りください。
次回のメールマガジンより配信を開始いたします。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
広報部としての思い
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

何はともあれ、皆様に興味を持っていただけるような情報を、楽しみながら知ってもらえる文章で発信できたらと思っています。
ご意見やご感想、叱咤激励もどしどし受け付けておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2017年05月18日 | Permalink

日本ツクリダスにはどんな機械があるの?

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

私事ですが、先日新しいパソコンを購入しました。今までは家族と共有だったのですが、電機屋さんに行って自分が思ったパソコンを買い、自分専用のパソコンにしました。それだけで、なんだかうれしいものですね。これを機に、ますます在宅広報のお仕事もがんばらないとなと、意気込んでいます。


さて、今回は、日本ツクリダスの現場にある機械をご紹介したいと思います。
とはいえ、私は機械のことはほとんど分からないので、西田取締役にお話を聞いたり体験談を伺ったりしましたので、その中からご紹介させていただきます。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
メインはNC旋盤!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

日本ツクリダスがメインで動かしているのは、オークマ製のNC旋盤です。


私が現場に伺ったとき、スタッフの皆さんが主に触られているのがやはりNC旋盤で、「機械」と言われると、私はまずNC旋盤を思い出します。

日本ツクリダスには、NC旋盤が全部で5台あります。
8インチの機械が1台、10インチの機械が3台、12インチの機械が1台あり、たいていはどのスタッフがどの機械、というのを割り当てて作業しています。


加工前、加工後の写真です。
金属の材料を回転させて、受注のあったサイズ、形に削っていきます。



このブログをご覧くださっている皆様は、“加工”についてよくご存じの方が多いと思いますが、“りんごの皮むき”の要領で金属を回転し、刃をあてて削っていきます。
西田取締役からこの説明をいただいたとき、「とてもイメージしやすい説明だな」と感じたのを覚えています。

現在、日本ツクリダスに受注いただく加工の多くが、これらのNC旋盤を使った1~10個口の「小ロット加工」で、「短納期対応」と共に、得意な分野でもあります。

プログラム方式は、「対話式」と「Gコード式」という操作法があるということですが、日本ツクリダスのスタッフに馴染んでいるのは「対話式」でプログラムを組む方法です。

ちなみに、「対話式」は、“スタート地点から仕上げまでをどういう風に削って”と指示すれば、コンピューターがGコードに変換して機械を動かすタイプです。(下の写真は操作画面)



また、「Gコード式」は、例えば“G00 X100 Z0”などの、Gコード・座標・スピードを入力して操作するタイプということで、お話を聞く限りでは三角関数の知識や計算なども必要になるので、「Gコード式」は少し難しそうですね。(下の写真は操作画面)





:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
汎用旋盤もあります
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

また、NC旋盤だけでなく、汎用旋盤も1台所有しています。


汎用旋盤の基本的な動きはNC旋盤と同じですが、汎用旋盤は人が自分で計算をしながら、手や足を使って動かし、直線的な動きに限られるとのことです。ハンドルを回した分だけ、縦や横に動きます。

日本ツクリダスではNC旋盤では時間がかかるが、汎用旋盤だと段取り時間がかからず、すぐに加工できる製品や、NC旋盤で加工した後の追加工、ちょっとした修正加工などの用途で利用しています。汎用旋盤があるのとないのとでは、ほんのちょっとした事ですが加工の幅が違ってくるとの事でした。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
他にはどんな機械があるの?
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

現在日本ツクリダスにはNC旋盤、汎用旋盤のほかに、「フライス盤」「ミーリングセンタ」「ボール盤」があります。
これらの機械については、また次回のブログで紹介したいと思いますのでお楽しみに。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
“機械”のことを取材して思ったこと
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、“製造業の機械”というと、私にとってはとても取っつきにくく、未知の世界でした。自分から避けていた分野でもあります。
ですが、現場でスタッフの方が作業している様子や、今回西田取締役からお話を聞いているうちに、「あ、少しなら分かるかも」と思えてきました。

日本ツクリダスでは、「加工するのが楽しい」とスタッフみんなが言います。
そう思えるということは、機械や加工作業になにか楽しさのポイントがあるはずですよね。
そんなこともまたご紹介できればと思いますので、ぜひご覧くださいね。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
GW休業のお知らせ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
誠に勝手ながら、弊社では5月3日(水)~5月7日(日)の5日間、
ゴールデンウィーク休業とさせていただきます。

◆◆ 休業日 :5月2日(水)~5月7日(日) ◆◆

なお、5月8日(月)より通常通りに営業いたします。
当該期間中のお問い合わせに関しましては、 確認・ご返信が8日(月)以降となります。
皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご容赦いただきますよう 宜しくお願い申し上げます。


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2017年04月22日 | Permalink