今年最後のブログ

今年最後のブログにて、弊社とお取引のある多くの企業様へ、本年のご挨拶にて失礼します。

今年一年、大変お世話になり誠にありがとうございました。
来年も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

2018年 日本ツクリダス社員一同



何となく昔のホームページから並べてみました。

それでは、来年もニッツクブログをお楽しみに!


投稿者名 _ 投稿日時 2018年12月29日 | Permalink

2018年「ニッツクトレンドワード」を発表!


2018年も残すところ、あと1か月ほどになりました。
つくづく、時の流れの速さを感じます。
お客様におかれましては、どんな一年だったでしょうか?

ニッツクこと日本ツクリダスにおいては、一言で表すなら「変」ではないかというくらい、めまぐるしい変化のあった1年ではなかったかなと思います。

そんな1年をしめくくる、「2018 ニッツクトレンドワード」を発表!

第5位 トランアフター・アフタートラン

○○○トランで昼食を取った後に打ち合わせ(商談など)に行くことを、ニッツクでは「トランアフター(またはアフタートラン)」と言います。

外出する人:「トランアフターでーす」
事務所にいる人:「はーい、いってらっしゃーい」「今日は何ですか?」
外出する人:「うーん、カツカレー大盛りかなー」

こんな感じです。
ごくありふれた日常会話です。


第4位 ふむふむ(フムフム)

理解や納得の意を表す表現。

ニッツクスタッフ1「(質問内容)」
ニッツクスタッフ2「(質問内容に対する回答)」
ニッツクスタッフ1「ふむふむ」

こんな感じです。
そういえば、フムフムというと「フムス」を思い浮かべます。

フムスの秘密
https://www.asahi.com/and_w/articles/SDI2018070328761.html


第3位 震える

今年は何かと震えたことが多かった1年ではないかと思います。

「記憶したくなくて震える」 by 納期・工程管理ソフト「M:net(エムネット)」 
https://mnet.netkojo.biz/
https://netkojo.jp/blog/nittuku/entry-141.html

「恐ろしい迷惑メールに震える」
https://netkojo.jp/blog/kaichi/entry-160.html

「フライスっきゃねん」
https://netkojo.jp/blog/entry-143.html

本当に、震えることの多い一年でした。


第2位 生きた屍(しかばね)

英語で言いますと「リビングデッド」すなわちゾンビです。
ニッツクは少人数です。カッコつけて言いますと「少数精鋭」です。
精鋭とは、戦いに出る際の多くは剣や槍などを持っていますが、一人で双剣、槍、飛び道具などを持って戦いに出ることを言います(適当に書きました)。

そんな精鋭でも、オーバーワーク(を超えるとワーカーホリック)になります(時代が進むと色々な言葉が出てきますね)。デスマーチになれば、ほとんど「生きた屍」となり、人はやがて、自然と空を見上げるようになります。

ひとり、またひとりと「生きた屍」となり、ビジネスチャットのプロフィール欄には自然と「生きた屍1号」という表記が現れます。それだけ多くのお仕事を頂いていることにもなりますので、会社としてはとても良いことです。

そのため、リアルな表現をするならば「笑っている生きた屍」ドラクエ風に言うならば「パペットマンは笑っている」となります(あ、パペットマンは「ふしぎなおどり」でしたね)。


第1位 うまいけどダメージ

堺市には、世界で一番おいしい弁当があります。

残業していたある日、おいしいものを食べたいと思って頼んだ唐揚げ弁当があまりにもおいしかったんですが、消化器官に計り知れないダメージがあり、「弁当うまっ」「重い、体がぁあ…」と皆キーボードに両手を添えたまま頭がうなだれた状態になりしばらく動くことができませんでした。

恩恵とリスク、または、良いことを選ぼうとすると同時に考えられる悪いこと、など、相反することの例えとして「うまいけどダメージ」が、2018年ニッツクトレンドワードの第一位となりました。


番外編(6位以下)
・ニッツくん(さて、この人は誰でしょう?)


あと1か月、日本ツクリダスは全力で頑張ります。

そして来年は、皆様に様々なニュースや発表ができるように準備を進めておりますので、変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。


投稿者名 _ 投稿日時 2018年11月24日 | Permalink

2018年の総括

X(エックス)!

日本ツクリダスの2018年は、大規模な変革の年でした(総括するにはまだ少し早いですが)。

1. 新事業ができ、以下のサービスを展開しました。
・各種ウェブサイト制作(コーポレート、EC、サービス、ポータル、CMS、オウンドメディア、ランディングページなど)
・印刷物等のデザイン(会社案内、パンフレット、リーフレット、冊子、チラシ、DM、名刺)
・VR(動画・静止画)※工場内の事故を体験できる、安全衛生教育などのVR制作も可能
・VRゴーグル制作
・動画制作(CM、プロモーション、採用、サービス紹介など)
・イラスト制作
・キャラクター制作 ※着ぐるみやぬいぐるみも作れます
・LINEスタンプ制作
・アニメーション制作
・各種イベント企画
・社歌制作(ダンス、PV、CD販売含む)
・ポスター、タペストリー、横断幕の制作
・印象に残るコピーライティング

2. 納期・工程管理ソフト「M:net(エムネット)」の販売が好調
お陰様で多くのお客様にご使用いただき、現在も対応できないくらいの引き合いがあります。
この場を借りて、謹んでお礼申し上げます。

多くのお客様に支えられ、平成最後の年に予想だにしなかった展開ができたことは、弊社にとって財産であり、今後更に皆様へご愛顧いただけるための土台づくりをすることができました。
これも偏にお客様のおかげであり、来年に向けてよりお役に立てるよう、真摯に事業に取り組んでいきたいと思っております。

ちなみに来年は、皆さまが想像できないような「え?!こんなこともやるの?」的な発表ができると思います。

春には新しいサービスの発表をいくつか予定しており、製造業の枠を超えた新しい展開も予定しております。
それと同時に、事業の柱である製造業および、納期・工程管理ソフト「M:net(エムネット)」のサービス強化も行ってまいります。

今後とも、日本ツクリダスをよろしくお願い申し上げます。



投稿者名 _ 投稿日時 2018年11月14日 | Permalink

日本ツクリダスVRのご紹介

日本ツクリダスでは、製造業(金属加工等)や納期・工程管理ソフト「M:net(エムネット)」だけではなく、実はVRも制作しております。

11/1~6のJIMTOFで自社のVRも展示しましたので、そのご紹介をいたします。


上記は「VR動画」で、弊社内の工場見学を楽しむことができます。
QRは2つあり、どちらも同じ内容ではありますが、男性女性それぞれが撮影しており、社員の対応が何となく違うような…。


こちらは「VR静止画」で、カーソルを動画アイコンに重ねることで動画が再生されます。

これらのVRの主な用途としては、以下が(今のところ)効果的です。

・新卒および中途の方の採用ツールとして
・(同じ製造業において)新規外注先のPRツールとして

一度作りますと長年使用できますので、コストパフォーマンスにも優れています。

制作のお問合せは、こちらよりどうぞ。


投稿者名 _ 投稿日時 2018年11月14日 | Permalink

新しい機械が導入されました


こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

10月の初めに、現場に新しい機械が導入されました。NCフライス盤です。
今年の春ごろから「新しい機械が入るよ」と聞いていたので、ついに!という感じです。というわけで、先日取材も兼ねて見物(というのでしょうか?)に行ってきました。

ぴかぴかのNCフライス盤



こちらのNCフライス、主に増田主任が担当しています。増田主任は今までNC旋盤をメインに作業してきたこともあり、NCフライスについては、「機械が入る前から教えてもらいに行ったり、自分で勉強したりしていました。まだまだ不慣れなので、これからしっかり使いこなせるようになりたいです。」と話してくれました。

まだ入って1ヵ月も経っていないこともあり、ぴかぴかのNCフライス盤。増田主任は「作業が増えて大変なところもありますが、段取りを考えるのもまた楽しいです。」と、フライス盤に対する愛情と意気込みが、ひしひしと伝わってきました。



このNCフライス盤とNC旋盤が向かい合わせに置かれたスペース。スタッフの間では“増田スペース”と呼ばれているようで、ここで増田主任が活躍する姿が日々見られることでしょう。

短納期の受注にも対応します

日本ツクリダスの特徴でもある短納期対応について、【超速旋盤】という戦略とロゴを打ち出し、展示会やブログ読者の皆様から多くの反響をいただいています。

これまで社内加工では旋盤加工品が中心、フライス加工品は旋盤のものと比べると少量ですが、ベトナム人スタッフのアインさんが担当していました。今回、NCフライス盤が導入されたことにより、社内でできるフライス加工の幅が広がり、皆様のご要望にも多くお応えできるようになることでしょう。ご期待ください!

【超速旋盤】のHPはこちら

協力してくださる会社様を探しています

加工に関して、昨年末あたりから、特に新しいお客様からのお問い合わせが殺到しています。社内での加工の幅が増えたとはいえ、社内で加工できないもの、特別な処理を必要とするものについては、協力会社さんにお願いしているのが現状です。
西田取締役のお話では、「最近、受注や見積もり依頼が増えてきたこともあって、協力してくださる会社を探しています。」とのことでした。「営業は日本ツクリダスがするので、加工をお願いしたい。」と希望されていて、「どんな技術を持った会社を探していますか?」との質問には、「φ400mm以上の旋盤加工ができる、製罐+機械加工ができる、大きいものを扱える、単品~小ロット・大ロットに対応してくれる」などの要望を出してくださいました。現在取引のある協力会社様は、同業会社からの紹介や展示会、ふとしたきっかけでご縁ができたケースが多いということですが、このブログを読んでくださっている皆様で、何かご縁を感じてもらえたなら、是非とも一度お問い合わせいただけるとうれしいです。

お問い合わせはこちら

まだまだ、展示会に出展します

《JIMTOF 日本国際工作機械見本市》
【開催日】
2018年11月1日(木)~6日(火)
【開催場所】
東京ビッグサイト
【出展ブース】
東7ホール E7071

こちらの展示会の展示会では、納期管理ソフトM:netを展示・実演します。M:netに興味のある方、日常業務で困りごとのある方は、是非日本ツクリダスのブースにお越しいただき、M:netを体感してくださいね。

また、以下3つの展示会では、主に加工品の展示を予定しています。

《ビジネスフェアものづくり展+(プラス)》
【開催日】
11月21日(水)
【開催場所】
マイドームおおさか

《中小企業 新ものづくり・新サービス展》
【開催日】
11月27日(火)~29日(木)
【開催場所】
インテックス大阪 4・5号館

《ビジネスチャンス発掘フェア》
【開催日】
11月28日(水)~29日(木)
【開催場所】
マイドームおおさか

加工に関するご相談やご要望など、是非現地でスタッフに問い合わせくださいね。

以上、10月に続き11月も盛りだくさんの出展予定です。
それぞれ特徴の違う展示会になっていますので、興味のある展示会、ご都合の良い日程に合わせて、是非ご来場くださいね。皆様のお越しをお待ちしております。

それでは、次回のブログもお楽しみに!


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2018年10月28日 | Permalink