チェンジ☆ニッツクリノベーション! (外&離れ編)

皆さんこんにちは。在宅広報部の日隈です☆

今回は、日本ツクリダスのリノベーション紹介・第2弾!
「チェンジ☆ニッツクリノベーション!(外&離れ編)」をお送りします。

スタッフの休憩・昼食時に大活躍する、今回の紹介スポット。
自慢のくつろぎスペースを、どうぞご覧ください♪

玄関前に、優雅なパラソル?!




ニッツクの玄関前に、パラソル付きの休憩スペースが完成しました!
元々駐車場だったスペースに作ったので、高低差をならす工事も行いました。

昼間の時間帯には日差しを遮り、夕方からは、玄関前のライトアップ(?!)も相まって、カフェやリゾートのような雰囲気に♪



町工場の一角にできた、まさかの素敵スペース。
ゆったり座れるイスやベンチも設置し、おしゃべりにはもってこいです!



休憩時間には、スタッフが集まっておしゃべりする場に♪
喫煙スペースも兼ねているので、タバコ休憩も可能です。

ランチタイムは離れで♪



ニッツク社屋の後、道向かいにある離れもリノベーションを行いました!
階段や壁紙も新しいものに張り替え、ランチタイムや休憩が、より楽しい場に♪


ランチタイムには、続々とスタッフが集まってきて、みんなでお昼!
おしゃれなカフェのような雰囲気の中、毎回雑談も弾みます(笑)

私も、いつもリラックスしながらお弁当が食べられるので、お気に入りの空間となっています(笑)


部屋の中央部には、ふかふかのソファーセットも!
気分によって、ここで昼食を取るメンバーも……?!

食後の雑談タイムにもピッタリのスペースです☆


こちらはリラックススペース!
リラックスチェアだけでなく、本やバランスボールも置いています。
まるで秘密基地のような雰囲気……?!


田村がリラックスチェアに寝てみました(笑)
周りをパーテーションで区切っているので、半プライベートなスペースとなっています。
休憩・お昼寝には重宝するスペースですね♪


リラックススペースの向かいには、更衣スペースも☆
先ほどの本棚が、壁の役割を兼ねています(笑)

くつろぎスペースで、仕事にメリハリを!

ニッツクの外観&玄関まわりにつづき、今回のリノベーションもいかがだったでしょうか?
休憩スペースも離れも、スタッフが快適に、そして楽しく集える場所となっているのが印象的でした!

各スペースを活用することで、リフレッシュでき、仕事にもメリハリがつけられると思います。
スタッフの笑い声が飛び交う様子も、ニッツクの楽しさを体現しているようでした!


投稿者名 広報担当 投稿日時 2021年02月22日 | Permalink

営業部の新人スタッフ・和田へインタビューしてみました。

皆さんこんにちは。在宅広報部の日隈です☆
今回は、日本ツクリダス――ニッツクへ入社して1ヶ月の営業スタッフ・和田へインタビューをしてみました!

日隈同様、全くの異業種から転職してきたメンバーなのですが……
果たして、彼の人柄や展望は如何に?!

ニッツクへ入社するまで


◆ 以前は、製造業とは全く違う業種で働いて
  いたそうですが……。
  前職について教えてください!

和田:「某大手家具店で販売員をしていました!
   転勤が多く、4年で3店舗を経験しま
   した。
   直前の店舗では、店長と2名で店舗運営
   をしていました」


◆ ニッツクの仕事で役に立っている、前職の
  スキルはありますか?

和田:「傾聴力です。
   人の話を聞く姿勢は役に立っていると
   思います」


◆ ニッツクへ入社を希望したきっかけや理由は何でしょう?

和田:「転職活動している時に、IT系の営業や人事を視野に入れて探していまして。
   その中で、日本ツクリダスに決めた理由は2点ありました。

   1つ目は、会社見学で「楽しい・明るい」雰囲気で働きやすそうと感じたことです。
   明るく挨拶するスタッフや、社長の明るい性格に惹かれました。
 
   理念にも「すべてを楽しむ心。その心に光が集まる。」と掲げていて、
   楽しそうに働く皆さんの姿が印象的でした。

   また、2つ目は、営業として販売していく納期管理システム・M:net(エムネット)
   が心からお勧めできそうだと感じたことも大きな理由です。

   町工場が開発したソフトだからこそ、町工場の立場に立って、課題解決のために
   提案ができる点に惹かれました」

やりがいや展望


習ったことなどを、こまめにメモする和田。
ノートはとても綺麗に書かれ、
彼の生真面目さを表すようです…!

◆ ニッツクへ転職して1ヶ月経ちましたが、
  仕事でやりがいを感じる部分はどこですか?

和田:「仕事を誉められた時はやりがいを
    感じますね。

   製造業に関する仕事自体未経験なので、
   まだ会議の資料をまとめたり、商品の
   梱包をするくらいしかできることが
   ないのですが、ニッツクのメンバー
   からはよく「ありがとう」と言われ
   ます。

   常に新人を気にかけてくれるので、
   もっと頑張ろうという気持ちになり
   ます。


◆ では逆に、難しいと感じるところはどこ
  ですか?

和田:「生産機械加工の業界も、営業という業種も初めてで、0からのスタートなので難しい
   ところだらけです(笑)

   今は専門用語がわからなくて、会話についていけないのが特に難しいです。
   でも、聞けば丁寧に教えてくれるので、心配はしていないです」


◆ まだまだ飛び込んだばかりの業種ではありますが、仕事において、自分はこれだけは
  負けない!と言えることや、こだわりはありますか?

和田:「できるだけ速く仕事をしようとは心がけています。
   あとは、良い悪いに関わらず、報告を早めにしようとしていたり。

   それから、タフさは負けない方だと思います。
   前職でも、ストレス耐性は抜群の評価でした(笑)」


◆ 仕事をするうえで、これから頑張ろうと思っていることは何ですか?

和田:「お客様と信頼関係を築けるような営業マンになることです。
   せっかくいい製品やサービスがあるので、この評判を上げられるような営業をして
   いきたいです。

   具体的な目標としては、まずは1件、契約を目指します!」 

ニッツクについて

◆ 実際勤務している中で、日本ツクリダスの「ここが良い」と思うことは何ですか?

和田:「人と雰囲気が良いことです!

   新人を気にかけてくれる人が多く、すごく働きやすいなと感じます。
   わからないところも、丁寧に教えてくれますし……。

   また、雰囲気としてはよく冗談や笑いが飛び交っています(笑)」


◆ まだまだ、ニッツクでは営業部メンバーを募集しているそうですが……。
  和田さんから、営業部の求人に応募しようと思っている人へ、ひと言お願いします!

和田:「未経験でも、ニッツクは受け入れてくれます!(笑)
   そして、これから必要になる会社なのは間違いないです。
 
    ”楽しく”働きたい方は、見学からでもいいのでぜひお会いしましょう!
   楽しみに待っています」

まだまだ、営業部メンバー募集中!

新人営業スタッフ・和田へのインタビューはいかがだったでしょうか?

日本ツクリダスでは、まだまだ、営業部メンバーを募集しています!

どんなものを作っている会社なのか、どんな雰囲気なのか……
今回の記事だけでなく、当社のホームページや以前のブログ記事なども、ぜひご覧になってみてくださいね♪

それでは、今回はこの辺で。
次回もどうぞお楽しみに!


投稿者名 広報担当 投稿日時 2021年02月10日 | Permalink

チェンジ☆ニッツクリノベーション! (外観&玄関まわり編)

こんにちは。在宅広報部の日隈です☆

今回は、昨年秋からリノベーションしている、日本ツクリダス――ニッツクの社屋について、紹介していきたいと思います!

さらに今回は、そんなリノベーションポイントの中から、外観と、玄関まわりのエリアをピックアップしてご紹介します。

スタイリッシュな社屋へ!



内装よりも先に、外装からリノベーションしていったニッツクの社屋。
外壁は紺色に塗り替えられ、壁面を伝うパイプは、鮮やかなオレンジ色に!

この辺りにある会社(建物)の中では、ズバ抜けて目立つカラーリングになっています(笑)



その後壁面に、社名と会社のロゴマークが付きました。
なんと夜には、それらの部分がライトアップされる仕様に…!

退勤時など、暗くなってからこの光景を見上げると、なんだか誇らしいような、わくわくするような気持ちになります♪



また、最近では、1階のシャッター部分に「FIVE star FACTORY」のロゴが入りました!
こちらは職人さんの手により、数日かけて描かれていましたよ……!

シャッターはふたつあるのですが、そのどちらにも、同じロゴが描かれています。

玄関部分の階段も…!



玄関から2階へつづく階段も、リニューアルしています。
初めは工事用の足場が組まれ、そこから少しずつ、リノベーションしていきました!

工事のためしばらく通行できなかったので、来客の方には、ご不便をおかけしました(^^;)



工事途中のある日にパシャリ!
まだ、階段部分の貼り替え作業が残っている状態です。



そして先ほどの階段が、リノベーションされた姿がこちら!

職人さんに日々、コツコツと作業をして仕上げていただきました。



そして現在の階段部分は、このとおり♪

足元もグレーの床材に貼り変えられ、とてもオシャレな雰囲気になりました!
壁に沿って、手すりも完備しています☆



階段の突き当り部分です。

ロゴポスターにも、スポットライトがバッチリ当たる仕様になりました!
観葉植物も移動し、鮮やかなインテリアをプラス☆

全体的に、白を基調とした明るい色の空間になりました。
木のぬくもりあるブラインドはやや濃いめの色で、空間に絶妙なメリハリを持たせています……!

社内でもプチリノベ!

実は、外壁や内装などの大きなリノベーション前から、社内では「プチリノベ」を行っていました(笑)
それは、ニッツクスタッフがより楽しく過ごせるようにと考えられた、まさに愛の賜物なのです……!



こちらは、1階の製造部フロアに置かれた、カエルの傘立て。
憂鬱な雨の日も、スタッフの傘を可愛らしく守ってくれます♪

となりには観葉植物も配置し、空間にグリーンをプラス☆



こちらは、職員用の靴箱。
小川&野口の手によって、カッコ良さと遊び心あふれる、スタッフのネームプレートが付きました!

ネームプレートの端には、ひとりひとり違うメッセージが入れられているのもポイントです☆



来客用のスリッパ入れにも、わかりやすいようにプレートが付きました。

先ほどのスタッフ用ネームプレートもそうですが、色や文言など、スタッフ間で考えて作った、というのがなんともニッツクらしいですよね♪

ニッツクリノベはつづく……!

ニッツクでは、まだ現在進行形で、リノベーションしている箇所があります。
今回は「外観&玄関まわり編」ということでしたが、今後また、そのリノベーションした箇所もご紹介できればと思います。

来社した際には、ぜひ今回のリノベーションポイントもチェックしてみてくださいね♪

それでは今回は、この辺で。
今後の更新も、どうぞお楽しみに!


投稿者名 広報担当 投稿日時 2021年02月01日 | Permalink

製造部のふたりにインタビューしてみました。

日本ツクリダス製造部 野口・増田のココロに迫る――


製造部リーダー・野口

(ニッツク勤務歴:3年ちょっと)

皆さんこんにちは。在宅広報部の日隈です!
今回は、日本ツクリダス――ニッツクの製造部メンバー、野口&増田に、インタビューをしてみました!

毎日現場で、機械(旋盤機械)を駆使しながら製品を作っているふたり。
ちなみに旋盤機械とは、加工する材料を回転させ、そこに刃物をあてながら、望む形に切り削る加工をする機械のことです。

そんな加工を行うふたりは、日々の仕事の中で、どんなことを思いながら作業をしているのか……
若き職人たちのココロに、少しだけ迫ってみました。


製造部メンバー・増田

(ニッツク勤務歴:6年半)

業務に関して

◆ 製造部での仕事におけるやりがい

野口:「加工品の綺麗さを褒められた時は嬉しいですね。
   それから、難しい加工ができた時とか」

増田:「無理な納期を間に合わせた時は、達成感があります!
   それがやりがいかなぁ」


◆ 逆に、仕事で難しいと感じるところ

野口:「単品の注文を受けることが多いので、
   段取りを考えるのが難しいですねー」

増田:「僕もほぼ同じですね。毎回違う注文が来るので、作業手順を考えるのが難しいです。
   それから、人間関係! 野口さんの機嫌を損ねないようにしないと……」

野口:「(笑)」

プライドやこだわり


業務時の様子を再現して撮影!
旋盤機械を操っています。
横には加工の材料が乗った
ワゴンが…!

◆ 仕事において「自分はこれだけは負けない!」と言える
  ことや、こだわりはありますか?

野口:「綺麗に仕上げること……高い品質のものを作る、って
   とこは負けないです。こだわりでもありますね」

増田:「旋盤機械を3台使ってるので、それらの機械を止めない
   よう、作業スピードは意識してますね。
   それから、営業メンバーが取ってきた案件は無理を
   してでもやる!ってところです(笑)」


キリッとした表情で
旋盤機械を操る増田。
しかしこのたたずまい、
完全にカッコつけてる
表情だとか…!(笑)

日本ツクリダスという会社

◆ 働くうえで、ニッツクの「ここが良い!」と思うことは
  何ですか?

野口:「まず、メンバー間の風通しがいいところですね。
   何かを「やりたい!」と言ったらやらせてもらえる
   環境がある。
   従業員の声を大切にしてくれるので、小さいことでも
   改善してくれるんです。
   あと、面白いところですね。
   ニッツクのメンバーはね(笑)」

増田:「何でも任せてもらえるってのはいいなと思いますね。
   自分で考えて行動できるので、勉強になります!」

来たれ! 新たな製造部メンバー!

◆ 最後に、ニッツク製造部の求人に応募しようと思っている人へ、メッセージをお願いします!

増田:「俺の右腕になれるヤツ募集。」

 【※ 一同爆笑】

野口:「うーん、増田さんがそんな感じで言うなら、俺もウケ狙うようなひと言
   考えなきゃなぁ……

   【※ しばらく悩む】

   そうですね、うん、 クセ強めの人大歓迎!! 」

増田:「クセ強め(笑)」



個性を魅せる職人たち

その丁寧さで、高品質の製作を得意とする野口。
何事にもチャレンジ精神旺盛な増田。

タイプや得意なことはもちろん違えど、製造部の職人として、日々挑戦と達成感の中で仕事をしているのが強く感じられました。

また、今回インタビューしたふとりとは、これまであまり面と向かって話す機会がなかったのですが……
この取材を通して、性格や人柄など、よりふたりのことがわかって面白かったです(笑)

取材するうちに、休憩時に見せるような、自然でリラックスした表情(先ほどの写真・5枚目)をキャッチするチャンスも……!
とにかく笑顔で、そして(ネタも含めて)真剣に質問に答えてくれた、若き職人たちなのでした。


投稿者名 広報担当 投稿日時 2021年01月19日 | Permalink

ニッツク面接回想録

2021年、あけましておめでとうございます!

旧年中も当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございました。
日本ツクリダスは、年末年始休業を挟み、4日より営業開始しております。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします!

ニッツクへの求人応募、そして…

というわけで、2021年の初記事は、在宅広報部の日隈が担当いたします☆

今回のテーマは、日本ツクリダス――ニッツクへ入社するにあたっての、面接回想録です。

私自身、元々はニッツクの広報スタッフの求人に応募したのが始まりでして。
そこから、今関わっている在宅広報部への所属が決まり、それから業務部での就業も、という流れで今に至っています。

ニッツクでの面接は、玄関をくぐった時から驚きがいっぱい(?!)だったなぁと、今振り返ってみて思います(笑)

掲げられた「五つ星」


ニッツクの面接は、求人サイトを通じての「書類審査」をパスした後行われました。

求人サイトに入力したものとはまた別の、正式な履歴書を持参し――いざ約束の日に、ニッツクの社屋へ!



恐るおそる玄関をくぐり、まず見えた紺色のフラッグに、一瞬「面接する会社ここで合ってるかな?!」とうろたえた私。

会社のエンブレムとしてイメージのあった、オレンジ色。
それとは違う、紺色のフラッグが飾られているではありませんか……!

玄関に入ってすぐに飾られていたので、別の会社に来てしまったのではと勘違いしたんです(苦笑)

(よく見ると、ちゃんと「NIHON TSUKURIDASU」の文字も入っているんですけどね……!)

こちらは後述の社内見学の折に、「五つ星の工場を目指そう」という目標を表したものだと、社長の角野より聞きました。

目を引くスタイリッシュなデザインと、(よくある)「三つ星」を越えて、五つ星……!と驚いたことを、とてもよく覚えています。

「面接」というより…

そして、(面接する会社はもちろん間違っていなかったので)2階の会議スペースにて、社長の角野、人事担当の野口とともに面接スタート!

これまでもそういうところが多かったので、2:1でのガチガチの問答面接か……と思いきや。

テーブルを挟んでの近い距離で、まるでおしゃべりをするように――和やかな雰囲気で進んでいったのです!

メインは、持参した履歴書を元に、以前はどういう仕事をしていたかなど、細かくヒアリングを受ける感じでした。
また、角野からは希望した職種の内容や、業務にあたっての確認(出張の有無など)があり……。

会社のお偉方ふたりが目の前にいたはずなのに、ふたりの明るく親しみやすい雰囲気があったため、あまり緊張せずにヒアリングを受けることができました。

一般的にイメージする「面接」というよりも、雰囲気的に「ヒアリング」と表現した方がとてもしっくりくる面接でした。

熱意・誇らしさがあふれ出す! 社内見学

面接後は、2階のオフィスエリア、そして1階の製造エリアを、角野の案内で社内見学しました。
実際の製品を、説明を聞きながら間近で見ることもできました!

2階のオフィスエリアは、入ってまず明るく綺麗な環境であること、カフェのように音楽がかかっていること、そしてどの席にも2画面のパソコン設備が整っていることに驚きました。
本当に、一般的な「町工場」のイメージとはかけ離れている環境だったのです……!

また、オフィスにあるモニターを通じて情報が共有できることや、M:netを使っての仕事の仕方、作業段階ごとに分けた書類棚の工夫なども。
とにかく、「共有しやすいように」「機能的なように」と工夫が凝らされた環境を、角野が熱く・誇らしげに伝えてくれたのがとても印象的でした。



つづいて1階の製造エリアでは、実際に作業している様子を見せてもらいながら、工程や機械の説明を受けました。

1階にもモニターがあり、2階のオフィスがカメラで随時わかるようになっていて驚き……!
なんでも営業先からスタッフが接続し、お客様とともにオンライン工場見学するために設置されているそうです。

M:netはおもに工程のメニューを開きながら、受注になった製品の進捗を確認しているようでした。



印象に残った言葉と質問

とにかく、一般的な「町工場」のイメージを覆すような、スタイリッシュで機能的なニッツクの環境。
角野は、ひと言で言うとこれは「次世代の工場」だと言っていました。

「多くの人が持っている町工場へのイメージを変えよう、自分の会社がその先駆けになろう」……!

そんな思いが、面接の段階から、そして会社案内の随所でも、強く感じられました。

そしてこの日の最後に、角野からひとつ、質問を受けました。

「日隈さんは、自分は運が良いと思いますか?」

答えは単純で、YesかNoです。
何を聞かんとして尋ねたかは、わかるような気がしました。

そんなことが頭に一瞬よぎりながらも、この日の面接や会社見学を通して、「ニッツクって面白そうな会社だな!」という思いが強くなっていた私は――

自信を持って、「Yes(はい)」と答えられたのでした。

そして、入社へ

それから紆余曲折あり……
先述のように、私は在宅広報部と業務部スタッフを兼ねる形で、ニッツクに入社しました。

今までに経験してきた面接のイメージからするととてもかけ離れていて、むしろ社会科見学のようで、とても楽しかったです(笑)
和やかな雰囲気で話ができたため、最初から素の自分が出せていたのも良かったなぁと思います。

というわけで今回は、ニッツクの求人に興味を持ってくれた方に、少しでも参考になれば……という内容の回想録でした☆
今後もこの観点で取材した記事をアップ予定ですので、どうぞお楽しみに!


投稿者名 広報担当 投稿日時 2021年01月05日 | Permalink