記憶したくなくて震える

気温も徐々に下がり、少し冷えた手でタイピングすると誤字脱字が多くなる季節。
仕事が終わる頃は外が真っ暗で、ふと道路脇に現れたポインターに「おう!」と声を出してビビってしまう平成最後の年。

年を重ねるごとに青春の思い出がより輝きを増し「ああ、もう一度人生やり直せたら」と思ってしまいます。

「過去にすがらず、前を見るべきだ」と言われそうですが、皆そうなんでしょうか?
人間なんて、所詮弱い生き物なのです。
決して強くはありません。
誰だって、寂しいのです。


一体誰の言葉でしょうかこれは。


そして、「思い出したくない」「記憶に残したくない」という、いわゆる黒歴史も1つや2つあるはずです。そうやって、人間は成長していくのです。

誰かの結婚式の余興でウケると思ってパンツ1丁になったこと、新婦を感動させたいという一心で行なったフラッシュモブ、ハロウィンで頭一つ出ようと張り切って気合を入れすぎた仮装、後々になって後悔した好きだった人への告白、卒業文集、卒業アルバムの文化祭欄、初めて運転免許を取得した時の写真など「記憶しなくていい」過去もたくさんあるのではないかと思います。

そんな方に、「記憶しなくていい」オススメのシステムがあります。

M:net
http://mnet.netkojo.biz/


こちらのシステムは本来、製造業向けの納期・工程管理ソフトですが、一度記憶させればあとは勝手に管理してくれるシステムです。

例えば、黒歴史の棚卸をします。
それらは品名の項目に一覧となって現れます。

この時点で黒歴史は「製品」となるわけで、「黒歴史は黒歴史ではなくなる」わけです。
モノです。
もう一度言いますが、長年記憶の中にあったこの黒歴史は、ここで「モノ」となります。

一瞬だけ目の前に言葉となって出現するので思い出したくなくて震えますが、そこは我慢です。ほんのひとときなので、我慢できるはずです。大人ですから。
最終納期は、黒歴史に踏ん切りをつけられる期日を記載するといいでしょう。納期を過ぎると消えますので、これほど物理的に黒歴史にさよならができるものは、果たして世の中に存在するでしょうか。

いいえありません。

もし、もしも万が一確認をしたい場合、バーコードを読み込めばOKです。いとも簡単に可視化されます。

そんな、納期・工程管理ソフト「M:net」の製品サイトは下記よりご覧ください。

M:net
http://mnet.netkojo.biz/

---------------------------------------------------------------------------------------
お知らせ
---------------------------------------------------------------------------------------
11/1~6、日本ツクリダスは某展示会に出展します。
工場見学等のVR体験ができますので、是非お越しください。


投稿者名 _ 投稿日時 2018年10月17日 | Permalink

ナウでトレンディな「ブルックリンスタイル」

オシャレ。

しかもかっこいい!今までのライフスタイルを一新し、生活の新しい提案として今とても流行っている「ブルックリンスタイル」。最近のDIYの流行とも相まって、この「ブルックリンスタイル」が一躍脚光を浴びています。

---------------------------------------------------------------------------------------
ブルックリンスタイルとは
---------------------------------------------------------------------------------------
「ブルックリン」はニューヨーク州の5区の中の一つ。マンハッタン島のイーストリバーの東側に広がる地区で、そのブルックリンの倉庫を改装してビンテージ家具などを上手に使うインテリアが人気を呼び、「ブルックリンスタイル」として、日本でも注目されています。「ブルックリンスタイル」の特徴は、「リユース」。ピカピカの高級な家具をそろえるのではなく、改装した部屋にリユースのビンテージ家具や洗いざらしのカーテン、ラグを自由にレイアウト。煉瓦の壁、節のあるラフなフローリング、黒いアイアンの照明などが、典型的な「ブルックリンスタイル」のアイテムです。

引用元 : 今一番クールなブルックリンスタイル in Tokyo
http://blog.andbono.com/entry/2016/02/12/203228


ブルックリンブルックリンと頭に焼きついたかと思いますが、本当オシャレです。niko and…やjounal standardをはじめ、多くのショップで展開しています。

「お高いんでしょう、きっと」
「リユースといっても、何だか高そうですやん」

そんな声が聞こえてきそうです。
でも、リユースだからこそ同じものが1つとして無いわけであり、いわゆる「一点物のアイテム」となるわけです。その人となりがまさに具現化したスタイルであり、唯一無二のThink Differentでもあり、且つLeading Innovationであり、ココロとカラダ、にんげんのぜんぶでもあります(翻訳はロ○ットニュースさんあたりがしてくれそう)。

引用元 : https://liginc.co.jp/company/message

ショップであれば、このブルックリンスタイルで販売しているものが限られてきます。ならばDIYをするしかない、でもやったことないから敷居が高い、となるのではないかと思います。ええ。

男性ならば好きな女性を部屋に招待し「うーわ!めっちゃかっこええやん!!」と言われてモテたいでしょうし、女性ならばブルックリンスタイルに囲まれてインスタ映えする写真でも投稿したいことでしょう。“いいね!”なんてされたら、カリスマ度アップ間違いありません。

そこで、あなたの夢が叶うサービス「MARGEL-N-HITTIKEER」

MARGEL-N-HITTIKEER
https://netkojo.jp/blog/entry-115.html

マーゲル、ン、ヒッティキール?
なにこれ。

どう読むかは、お問い合わせフォームから聞いてください。

※もれなく「あなたの人生の行動指針」をプレゼント!
https://netkojo.jp/company/action-agenda.html

では、サービスの内容を。

「どんなものからも作ることができまっせ!」
当ブランド担当の技術主任である増田 a.k.a ましゅー曰く(黄色矢印の人)


「作ろうと思えば、どんなものでも材料になります。例えば、ドラム缶を椅子にしたり、ガス管のパイプをライトの……」
……。
……。
……。

……ブルックリンスタイルのDJブースなんてめっちゃかっこいいですyo!と言うと、「そらかっこええなぁ」とのことなので、リクエストをお送りください。どんなサービスも、お客様の声から生まれるものです。大阪城だって、多くの民から「大阪城作ったらええがな」と言われた豊臣秀吉が「ほな作るわ」と言って作りましたし、たこ焼きやお好み焼きにしたって「うまいもん全部一緒にしたらええがな」という声で誕生したじゃありませんか!(真実かどうか教えてください誰か)

できることは無限大で、おらワクワクしてきたぞ。
では、ブルックリンスタイルで何を作れば「かっこええやん」となるか挙げてみたいと思います。


1.ブルックリンスタイルの「遺影」
ワイルド。カンテレやFM802とか取材に来てくれそうです(だったらいいな)。これやったら歴史に名を残しそう。

2.ブルックリンスタイルの「家」
これ「古民家」ちゃうん、というツッコミは、私ではなくお問い合わせフォームからどうぞ。

3.ブルックリンスタイルの「通天閣」
早速改築になりそうです。

4.ブルックリンスタイルの「だんじり」
おそらくあかん。

5.ブルックリンスタイルの「車」
中古車。

6.ブルックリンスタイルの「内装」
日本ツクリダスでできるかも。
これが一番カッコよくてオシャレ。
どんな部屋にしたいかのご相談や、ご提案も可能です。
賃貸であれば、まずは大家さんにご相談ください。


益々トレンドになりつつあり、あなたのライフスタイルの価値が上がる「ブルックリンスタイル」を、どうか実現してください。

詳しくは、下記お問合せよりお願いします。
https://netkojo.jp/contact/


---------------------------------------------------------------------------------------
この記事の筆者
---------------------------------------------------------------------------------------

多分次回、いや、そのうち自己紹介します。

---------------------------------------------------------------------------------------
今回のM:net広告
---------------------------------------------------------------------------------------


工程管理・納期管理ができるオンラインサービス「M:net(エムネット)」

http://mnet.netkojo.biz/


投稿者名 _ 投稿日時 2018年09月20日 | Permalink

事務所のレイアウトが変わりました 2

こんにちは!
ブログ担当の瀧尾です。

今年は、例年にない猛暑日が続きますね。そのせいか、少々バテ気味の私です。
夏休みの子供たちは、暇さえあればベランダのプールに浸かったり、かき氷を作ったりして過ごす毎日なので、私も子供たちのように夏を楽しまないとなあと少しうらやましい気持ちで眺めています。

さて、いつもブログを読んでくださっている方は、タイトルを見て「あれ?」と思われたかもしれません。そうです。前々回のブログで、「事務所のレイアウトが変わりました」、とご紹介させていただきました。なので、私も先日「また少し事務所が変わったよ」と伺ったときには驚きましたが、またまた何か変わったようです。今回はその内容についてご紹介したいと思います。

立ったまま作業できるPCスペース



今回の変更点は、立って利用できるパソコンが2セット、追加されたことです。
立って利用できるパソコン。何だかとっても今どき?スタイリッシュな会社?と思ってしまった私です。元々、スタッフの皆さん各自が作業するパソコンはあったということですが、このスペースはどのようなときに使うものなのでしょう?
角野社長にお話を伺ってみると、「入力するだけ、調べるだけ、などのようにさくサクっと作業できるようなことは立って、じっくり考えて作業するときは座って、という風に使い分けています。また、気分を変えて業務したいときなどに利用するスタッフもいます。」と、話してくださいました。

私自身、事務の経験がありますが、なかなか外出や違う場所での作業がないので、朝から夕方まで同じ席でパソコンに向かっていると、体を動かしたくなることはもちろん、少し気分転換をしたくなることが多くありました。座りっぱなしだと、足がむくんだりするのも悩みです。
このように、場所を変えて作業できるところがあると、同じ作業でも違う気持ちで取り組めそうですし、また自分の席に戻ったときも気分一新で業務できそうな気がします。「場所を変えて作業してもいいんだ」と思うだけでも、心のゆとりが生まれそうですね。



西田取締役は、「このパソコン、わりとみんな利用していますよ。設置しようという話が出てから、わりと早く実行されたのもよかったのかもしれません。」と話してくださいました。
このスペースの設置が、スタッフの皆さんの業務をより円滑にさせるきっかけになりそうです。

すっきりきれいな会社



ブログでもよくご紹介している通り、日本ツクリダスの社内は事務所も現場も、とてもきれいです。スタッフの皆さんがすごく自然に、きれいな状態を維持するための掃除や片付けなどをなさっている印象があります。
角野社長のお話では、「意識してきれいにしよう!と思っているというよりは、ここはこうなっていたほうが作業が楽だな、気持ちがいいな、というのを探っていったら自然と今の状態にたどり着きました。」ということでした。
「作業効率などを重視されていましたか?」との質問には、「最初から効率は重視していなくて、結果として作業がスムーズに行える環境になったという感じです。」と答えてくださいました。

『整った環境で業務できる』、『作業がスムーズに行える』、いいことづくめですね。

ちなみに、私が自宅で家事をしていてよく意識するのが、「動きやすい家にしよう」ということです。料理、洗濯、掃除など、ある程度の動線を決めて必要なものを配置しておくと、家事がとてもスムーズに進みます。例えばキッチンだと、普段よく使う道具はすぐ手の届く場所に、あまり使わないものは少し奥に収納しています。気にせず何でも同じ場所にしまうよりは、調理にかかる時間も短くなるような気がします。
我が家の場合、どうしても子供のおもちゃなどで部屋が散らかりがちなので、これをいかに片づけてすっきりした家にするかが今後の課題です。日本ツクリダスのように、環境を整えることで、さらに効率よく家事が進む家になれば、言うことなしなのですが・・・。


さて、今回はレイアウト変更を重ねて、さらにいい雰囲気になっている日本ツクリダスの様子をご紹介しました。皆様の会社の中で、「ここがもう少しこうだったらな。」「どうしたらよくなるのかな。」と感じているところはありませんか?
まずは身近な、目につくところを少し変えてみてくださいね。大きな変化につながる小さな一歩になるかもしれません。

日本ツクリダスの事務所には、お客様が多く会社見学に来てくださっています。
M:net(エムネット)を導入する前に、どのように仕組みが作られているのか、M:netを導入した後にどのような仕組みにしようか、などを見に来られるということなのですが、それに加えて事務所のレイアウトが変わったことや、会社の雰囲気も併せてご覧いただけたらと思いますので、是非見学にいらしてくださいね。お待ちしております。


それでは、次回のブログもお楽しみになさってくださいね。


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2018年09月08日 | Permalink

“設計・製造ソリューション展”出展レポート


こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

さて、先日東京ビッグサイトで開催された『設計・製造ソリューション展』にご来場くださいました皆様、誠にありがとうございました。
今回の『設計・製造ソリューション展』は東京での開催ということで、私は残念ながら会場に伺うことができなかったのですが、当日会場を担当した角野社長、また、営業アシスタントの野口さんに当日の様子などを取材してきましたので、ご紹介したいと思います。

緑と白のシンプルなブース



今回は主に、日本ツクリダスが開発・販売している納期管理ソフトM:net(エムネット)の展示と実演だったということもあり、M:netのイメージカラーである緑がメインのシンプル
なブースとなりました。角野社長のお話によると、「シンプルながらもお客様の印象に残るブースを目指しました」とのことでした。多くのブースが出展されている中でも、「緑!」というブースは珍しいのではないでしょうか。一般的に、緑色は癒し効果もあると言われているようですが、その効果も相まって、来場いただいたお客様の記憶に残るブースとなっていましたら、うれしい限りです。



スタッフのポロシャツも緑で、とっても一体感がありますね。

去年の機械要素技術展と同じく、今回も、M:net(エムネット)ブログにも掲載している“漫画”を配布しながらお話をさせてもらったとのことで、漫画をきっかけに興味を持っていただく、という流れも少なからずあったとのことでした。「文字が多い小説も、漫画になると読みやすい」という心理と同じでしょうか。私なら、パンフレットはいらないなと思っていても、突然漫画を渡されると思わず手を出してしまいそうな気がします。皆様はいかがでしょうか。

看板娘の野口さん



今回のような規模の大きい展示会に初参戦だったという、営業アシスタントの野口さん。
入社してから半年も経たないのですが、お客様の対応はもちろん、大きな画面での操作説明なども担当したということです。
展示会後、そんな野口さんに取材をしてきました。

瀧尾「東京での展示会、いかがでしたか?」

野口「業種を問わず多くのお客様がいらっしゃるので、正直お客様に分かってもらえるようにきちんと説明できるかなど、不安はたくさんありました。」

瀧尾「お客様とうまくお話しできましたか?」

野口「自分が分からないことは“分かりません”と答えました。“ですが、こんなに便利に使っています”とありのままを伝えることで、“あ、そんな感じでも使えるのね”“気軽な感じなのね”と、思っていただける方が多かったように思います。」

瀧尾「製造業ではパソコンの操作に詳しくないお客様もいらっしゃいますよね。実際に業務で活用されている野口さんのお話は、すごく説得力があったと思いますが・・・」

野口「もちろん追加で説明を希望される方には、引き続き社長とお話をしていただきました。」

瀧尾「印象に残ったお客様はいますか?」

野口「現在納期管理をバーコードで行っているという製造業のお客様がいらっしゃったのですが、“M:netのように工程ごとに管理ができず、全工程が終わってからの管理になるので、見えない部分も多くある。M:netはとても分かりやすいですね”とおっしゃってくださり、“おー、それは少し不便ですね”と私もすごく共感しました。」

瀧尾「製造業同士だから共感し合えるところもありますね。」

野口「いろんな業界の方が来てくださいましたし、もちろんいろんな業種の方に使っていただけるソフトなのですが、やはり製造業のお客様のお話はすごく親近感が湧きましたし、M:netが製造業の方に使っていただくことを想定して開発されたソフトということもあって、ソフトの説明もしやすかったです。」

瀧尾「野口さんだからこそできた、日本ツクリダスの営業兼、看板娘さんですね。3日間、本当にお疲れ様でした。」

野口「いい経験になりました。とても楽しかったです。」

設計・製造ソリューション展後の取材をして

毎回展示会に出展する際には、人目を引くような工夫をしている日本ツクリダスのブース。
今回は「THE 緑」のブースでしたが、来場いただいたお客様、またブログの読者の皆様の目にはどのように映ったでしょうか。
機会があれば、歴代の日本ツクリダスブース写真をご紹介するのも楽しいかもしれませんね。楽しい工夫や作戦がいっぱいです。乞うご期待⁉くださいね。

また、大活躍だった営業アシスタントの野口さん。
まだ入社5ヵ月とは思えない雰囲気を醸し出している彼女は、とても頼もしい存在でもあります。私自身、展示会のような場は何度足を運んでも慣れないので、野口さんへの取材でお話してくれたように、「楽しかった」という言葉が出るのは、正直とてもうらやましいです。ですが、それは彼女の人柄であったり、日頃の頑張りの成果ではないかとも感じました。
この経験を糧にした野口さんの今後がとても楽しみです。


当日日本ツクリダスのブースにお越しくださったけれど思うように話を聞けなかったというお客様、また、このブログを読んで、M:netに興味を持ってくださった方、M:netのHPがございますので、是非ご覧になってくださいね。

M:netのHPはこちら→★★★
日本ツクリダスのHPはこちら→●●●

それでは、次回のブログもお楽しみに!


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2018年07月06日 | Permalink

最近の日本ツクリダスのこと

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

今年も間もなく半分が過ぎようとしていますが、皆様いかがお過ごしですか。梅雨のじめじめが気になる季節ですが、気分は晴れ晴れと過ごしたいものですね。

さて、今回は最近の日本ツクリダスについて取材してきましたので、紹介させてもらおうと思います。

改めて、組織づくり

角野社長のお話を伺ったところ、「社内を“ものづくり事業部”と“ことづくり事業部”に分けた組織づくりをしている最中です。社内体制を改めて整えることで、中身の充実を図ろうと思います。」ということで、今までのものをベースにして、今後さらに躍進していく年になりそうです。

具体的にご紹介すると、“ものづくり事業部”は、文字通り営業を含めた現場での加工に関する業務で、日本ツクリダスの基幹事業として原資を稼ぎ出すのが役目です。
またもうひとつ、大事な役割もあります。
それは、ことづくり事業部で企画したアイデアや改善内容を「検証する」という役目です。
現場では、想定しない使い方や扱いがされることがよくあります。そんなイレギュラーに対応し、さらなる要求に応え、満足できる製品の品質を得るための検証をする現場としての役割です。

それに対し、“ことづくり事業部”はM:net(エムネット)やコンサルティングをはじめ、金属加工アイデア製品の製造販売、WEBやDTPなどの受注、会社のPR活動を展開する部門で、様々な顔を持つ日本ツクリダスを皆様により深く知っていだたくための活動を展開します。
ちなみに、私が所属する在宅広報部は“ことづくり事業部”に属します

同じ業務をするのでも、組織が明確になることで「自分はこの組織のこの部分にいるんだ。少しでも力になれたらいいな。」と、参加意識も高まる気がします。私もことづくり事業部の一員として、今後もさらにパワーアップして情報を発信していけたらと思っています。今後とも、よろしくお願いしますね。

レイアウト変更しました

また、先日事務所のレイアウトが変わりました。



変更点は、一部の机の配置とラックがいくつか追加されたことですが、それだけでもがらっと事務所の雰囲気が変わりました。



事務スタッフの野口さん、新たに導入したラックを手作業で組み立てています。

実はこの黒いラック、IKEAでテレビ用ラックとして1台1499円で販売されているものです。角野社長から聞いた裏技(?)なのですが、間に耐震マットを敷いて2台重ね、棚としても利用できるのだそうです。実際、日本ツクリダスでは、事務所の机の横において書類などを置く棚としてだったり、応接テーブルの横のモニター台としてだったり、とても便利に活用しています。初代のものから合わせると、なんと14台ものラックが日本ツクリダスで活躍しています。



ラックを設置してできたレイアウトの写真です。
このアイデア、会社の事務所だけではなく家でも活用できそうで、私も参考にしようと思います。


机と机の間に挟んだ感じ

応接テーブル用のモニター台として

 会社見学、お待ちしています

ここまで、簡単に最近の日本ツクリダスの様子をご紹介しましたが、日本ツクリダスの事務所は、よく会社見学に来てくださっています。M:net(エムネット)を導入する前に、どのように仕組みが作られているのか、M:netを導入した後にどのようなしくみにしようか、などを見に来られるということです。事務所のレイアウトが変わったこと、ラックがどのように使われているのかも含めて、是非見学に来てくださいね。


さて、突然ですが、ここで日本ツクリダスのイメージキャラクターを紹介します。



通称『ニッツくん』。モデルは、増田工場長だそうです。冗談まじりで作られた(であろう)、このキャラクター。根付いていくかは皆様の反響次第かもしれません。ニッツくんの今後に是非ご期待ください!

設計・製造ソリューション展に出展します

最後に、展示会出展のご案内です。

【開催日】
2018年6月20日(水)~22日(金)

【開催場所】
東京ビッグサイト

設計・製造ソリューション展(DMS)は、CAD、CAE、ERP、生産管理システムなどの製造業向けのITソリューションが一堂に出展する展示会だそうで、毎年、製造業の設計・開発、製造・生産技術、情報システム部門のユーザーが多数来場し、出展企業と活発な商談を行っているということです。

日本ツクリダスは主に、『M:netの展示・実演』を予定しています。
実際のM:net操作画面を大画面に映して、より多くのお客様にご覧いただける形式を予定しています。M:netにご興味のある方、日常業務で困りごとのある方は、是非ご来場いただき、日本ツクリダスのブースでM:netを体感くださいね。

ちなみに、日本ツクリダスのM:netブースは、緑と白で作られたシンプルながらも皆様の印象に残るような、インパクトのあるブースを予定しています。



写真は、2014年に大阪で開催された設計製造ソリューション展に出展した際のものですが、今回も同様のブースの予定です。「緑のブース・・」を探していただくと、簡単に見つけていただけるかもしれません。写真を参考にしていただき、日本ツクリダスのブースにお越しいただけたらうれしいです。
皆様のご来場を、楽しみにお待ちしています。
ニッツくんもお待ちしている・・かもしれません・・。

それでは、また次回のブログもお楽しみになさってくださいね。


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2018年06月08日 | Permalink