新しい機械が導入されました


こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

10月の初めに、現場に新しい機械が導入されました。NCフライス盤です。
今年の春ごろから「新しい機械が入るよ」と聞いていたので、ついに!という感じです。というわけで、先日取材も兼ねて見物(というのでしょうか?)に行ってきました。

ぴかぴかのNCフライス盤



こちらのNCフライス、主に増田主任が担当しています。増田主任は今までNC旋盤をメインに作業してきたこともあり、NCフライスについては、「機械が入る前から教えてもらいに行ったり、自分で勉強したりしていました。まだまだ不慣れなので、これからしっかり使いこなせるようになりたいです。」と話してくれました。

まだ入って1ヵ月も経っていないこともあり、ぴかぴかのNCフライス盤。増田主任は「作業が増えて大変なところもありますが、段取りを考えるのもまた楽しいです。」と、フライス盤に対する愛情と意気込みが、ひしひしと伝わってきました。



このNCフライス盤とNC旋盤が向かい合わせに置かれたスペース。スタッフの間では“増田スペース”と呼ばれているようで、ここで増田主任が活躍する姿が日々見られることでしょう。

短納期の受注にも対応します

日本ツクリダスの特徴でもある短納期対応について、【超速旋盤】という戦略とロゴを打ち出し、展示会やブログ読者の皆様から多くの反響をいただいています。

これまで社内加工では旋盤加工品が中心、フライス加工品は旋盤のものと比べると少量ですが、ベトナム人スタッフのアインさんが担当していました。今回、NCフライス盤が導入されたことにより、社内でできるフライス加工の幅が広がり、皆様のご要望にも多くお応えできるようになることでしょう。ご期待ください!

【超速旋盤】のHPはこちら

協力してくださる会社様を探しています

加工に関して、昨年末あたりから、特に新しいお客様からのお問い合わせが殺到しています。社内での加工の幅が増えたとはいえ、社内で加工できないもの、特別な処理を必要とするものについては、協力会社さんにお願いしているのが現状です。
西田取締役のお話では、「最近、受注や見積もり依頼が増えてきたこともあって、協力してくださる会社を探しています。」とのことでした。「営業は日本ツクリダスがするので、加工をお願いしたい。」と希望されていて、「どんな技術を持った会社を探していますか?」との質問には、「φ400mm以上の旋盤加工ができる、製罐+機械加工ができる、大きいものを扱える、単品~小ロット・大ロットに対応してくれる」などの要望を出してくださいました。現在取引のある協力会社様は、同業会社からの紹介や展示会、ふとしたきっかけでご縁ができたケースが多いということですが、このブログを読んでくださっている皆様で、何かご縁を感じてもらえたなら、是非とも一度お問い合わせいただけるとうれしいです。

お問い合わせはこちら

まだまだ、展示会に出展します

《JIMTOF 日本国際工作機械見本市》
【開催日】
2018年11月1日(木)~6日(火)
【開催場所】
東京ビッグサイト
【出展ブース】
東7ホール E7071

こちらの展示会の展示会では、納期管理ソフトM:netを展示・実演します。M:netに興味のある方、日常業務で困りごとのある方は、是非日本ツクリダスのブースにお越しいただき、M:netを体感してくださいね。

また、以下3つの展示会では、主に加工品の展示を予定しています。

《ビジネスフェアものづくり展+(プラス)》
【開催日】
11月21日(水)
【開催場所】
マイドームおおさか

《中小企業 新ものづくり・新サービス展》
【開催日】
11月27日(火)~29日(木)
【開催場所】
インテックス大阪 4・5号館

《ビジネスチャンス発掘フェア》
【開催日】
11月28日(水)~29日(木)
【開催場所】
マイドームおおさか

加工に関するご相談やご要望など、是非現地でスタッフに問い合わせくださいね。

以上、10月に続き11月も盛りだくさんの出展予定です。
それぞれ特徴の違う展示会になっていますので、興味のある展示会、ご都合の良い日程に合わせて、是非ご来場くださいね。皆様のお越しをお待ちしております。

それでは、次回のブログもお楽しみに!