ニッツク面接回想録

2021年、あけましておめでとうございます!

旧年中も当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございました。
日本ツクリダスは、年末年始休業を挟み、4日より営業開始しております。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします!

ニッツクへの求人応募、そして…

というわけで、2021年の初記事は、在宅広報部の日隈が担当いたします☆

今回のテーマは、日本ツクリダス――ニッツクへ入社するにあたっての、面接回想録です。

私自身、元々はニッツクの広報スタッフの求人に応募したのが始まりでして。
そこから、今関わっている在宅広報部への所属が決まり、それから業務部での就業も、という流れで今に至っています。

ニッツクでの面接は、玄関をくぐった時から驚きがいっぱい(?!)だったなぁと、今振り返ってみて思います(笑)

掲げられた「五つ星」


ニッツクの面接は、求人サイトを通じての「書類審査」をパスした後行われました。

求人サイトに入力したものとはまた別の、正式な履歴書を持参し――いざ約束の日に、ニッツクの社屋へ!



恐るおそる玄関をくぐり、まず見えた紺色のフラッグに、一瞬「面接する会社ここで合ってるかな?!」とうろたえた私。

会社のエンブレムとしてイメージのあった、オレンジ色。
それとは違う、紺色のフラッグが飾られているではありませんか……!

玄関に入ってすぐに飾られていたので、別の会社に来てしまったのではと勘違いしたんです(苦笑)

(よく見ると、ちゃんと「NIHON TSUKURIDASU」の文字も入っているんですけどね……!)

こちらは後述の社内見学の折に、「五つ星の工場を目指そう」という目標を表したものだと、社長の角野より聞きました。

目を引くスタイリッシュなデザインと、(よくある)「三つ星」を越えて、五つ星……!と驚いたことを、とてもよく覚えています。

「面接」というより…

そして、(面接する会社はもちろん間違っていなかったので)2階の会議スペースにて、社長の角野、人事担当の野口とともに面接スタート!

これまでもそういうところが多かったので、2:1でのガチガチの問答面接か……と思いきや。

テーブルを挟んでの近い距離で、まるでおしゃべりをするように――和やかな雰囲気で進んでいったのです!

メインは、持参した履歴書を元に、以前はどういう仕事をしていたかなど、細かくヒアリングを受ける感じでした。
また、角野からは希望した職種の内容や、業務にあたっての確認(出張の有無など)があり……。

会社のお偉方ふたりが目の前にいたはずなのに、ふたりの明るく親しみやすい雰囲気があったため、あまり緊張せずにヒアリングを受けることができました。

一般的にイメージする「面接」というよりも、雰囲気的に「ヒアリング」と表現した方がとてもしっくりくる面接でした。

熱意・誇らしさがあふれ出す! 社内見学

面接後は、2階のオフィスエリア、そして1階の製造エリアを、角野の案内で社内見学しました。
実際の製品を、説明を聞きながら間近で見ることもできました!

2階のオフィスエリアは、入ってまず明るく綺麗な環境であること、カフェのように音楽がかかっていること、そしてどの席にも2画面のパソコン設備が整っていることに驚きました。
本当に、一般的な「町工場」のイメージとはかけ離れている環境だったのです……!

また、オフィスにあるモニターを通じて情報が共有できることや、M:netを使っての仕事の仕方、作業段階ごとに分けた書類棚の工夫なども。
とにかく、「共有しやすいように」「機能的なように」と工夫が凝らされた環境を、角野が熱く・誇らしげに伝えてくれたのがとても印象的でした。



つづいて1階の製造エリアでは、実際に作業している様子を見せてもらいながら、工程や機械の説明を受けました。

1階にもモニターがあり、2階のオフィスがカメラで随時わかるようになっていて驚き……!
なんでも営業先からスタッフが接続し、お客様とともにオンライン工場見学するために設置されているそうです。

M:netはおもに工程のメニューを開きながら、受注になった製品の進捗を確認しているようでした。



印象に残った言葉と質問

とにかく、一般的な「町工場」のイメージを覆すような、スタイリッシュで機能的なニッツクの環境。
角野は、ひと言で言うとこれは「次世代の工場」だと言っていました。

「多くの人が持っている町工場へのイメージを変えよう、自分の会社がその先駆けになろう」……!

そんな思いが、面接の段階から、そして会社案内の随所でも、強く感じられました。

そしてこの日の最後に、角野からひとつ、質問を受けました。

「日隈さんは、自分は運が良いと思いますか?」

答えは単純で、YesかNoです。
何を聞かんとして尋ねたかは、わかるような気がしました。

そんなことが頭に一瞬よぎりながらも、この日の面接や会社見学を通して、「ニッツクって面白そうな会社だな!」という思いが強くなっていた私は――

自信を持って、「Yes(はい)」と答えられたのでした。

そして、入社へ

それから紆余曲折あり……
先述のように、私は在宅広報部と業務部スタッフを兼ねる形で、ニッツクに入社しました。

今までに経験してきた面接のイメージからするととてもかけ離れていて、むしろ社会科見学のようで、とても楽しかったです(笑)
和やかな雰囲気で話ができたため、最初から素の自分が出せていたのも良かったなぁと思います。

というわけで今回は、ニッツクの求人に興味を持ってくれた方に、少しでも参考になれば……という内容の回想録でした☆
今後もこの観点で取材した記事をアップ予定ですので、どうぞお楽しみに!