ありえへん町工場「日本ツクリダス株式会社」が気になるので訪問してみた!

おしゃれでスッキリとした内装

こんにちは!前回のOさんの記事に引き続き、今回の記事はもうひとりの在宅広報部である私「Y」が担当します。
今回は、日本ツクリダス株式会社(以下ニッツク)に訪問した時の体験談を、私の感想を交えながらご紹介する記事です!

初訪問のときに感じた思いをそのまま文章に乗せました。
読者の方にも驚きや臨場感が伝われば嬉しく思います!

きっかけは「ありえへん町工場」という気になるキャッチフレーズ

「日本ツクリダス株式会社」・・・ネットで情報を集めていると、「ありえへん町工場」を世の中に発信する会社とある。

なるほど、調べてみると金属切削加工を生業とする製造業。
でも何がありえないのか。

どうしても気になった私は、アポを取って訪問することにしました。

製造業の現場を見るなんて学生以来。

「これはまたとない機会!面白そう!」

「ニッツク」はホンマにありえへん会社だった!

「怖いおっちゃんが出てきたらどうしよう...」
「職人気質の頑固な人が多いだろうな...」
(※私が持つ「町工場」の勝手なイメージです)

そんな一抹の不安を抱えながらの会社訪問日。
閑静な住宅エリアの中にニッツクはありました。


ネイビーブルーの外装が何ともスタイリッシュ

この時点で町工場のイメージが私の中で若干崩れ始めます。

オフィスに入れていただき、いよいよ会社訪問スタートです。

~会社訪問中~
(面白い話がたくさん聞けましたが、今後の記事で小出ししていきたいので、ここはあえて割愛させていただきます・・・!)

訪問を終えた率直な感想を申し上げます。
ぶっちゃけますと本当にありえへん会社でした!!

「いやいや、何がありえへんかってん!」と気になりますよね?

そこで今回は私がニッツク訪問で見つけた「ありえへんポイント」を3つご紹介します。
これから順にお話していきましょう!

■ありえへんポイント①「とにかくオシャレ」

まずは、オフィスがオシャレだった点です。

最初に入った応接室から私はその感想を抱きました。
シンプルでありながら趣のある空間で、机の隣の棚には自社ブランドでつくられているという光沢感のあるフラワーベースやナイフレストがズラリ。


オリジナルプロダクトである「ironidea(イロデニア)」

どれもカラーバリエーションが豊富で、某女性向け雑貨店にあるようなアイテムと遜色ない美しさです。

その後はミーティング室やオフィスを案内いただきました。
乱雑な感じがなくスッキリと整頓されていて非常に清潔感があるスペースだったのです。

「私が昔勤めていた事務所と全然違う!」

と思ったのが素直な感想でした。

デスクのPCモニターは二台取り付けられていて、どのような業務で使われるものなのか今の私には想像もつきませんでしたが、いかにも最先端な雰囲気がありありです。

さらに驚くべきは1階の工場。
広く明るいスペースで、天井のオシャレなライトがカジュアルな現場を演出しています。


若いスタッフさんが多く、いきいきと仕事をしている様子からも、このオシャレな空間が働くモチベーションにつがなっていることは間違いナシですね。

■ありえへんポイント②「雰囲気の良さ」

次に驚いたのが、職場の雰囲気が良かったこと。

読者の皆さんが持つ町工場のイメージってどんなものでしょうか?

「老練の職人が一匹狼で黙々と作業する」
「新人が怒鳴られている」

これはチョット言い過ぎかもしれませんが(笑)

でも町工場は「職人気質の人たちが集まる少しとっつきにくい現場」ってイメージがないでしょうか?

ところがニッツクはそんなネガティブなイメージを一切感じさせない町工場で、スタッフの方が気さくにあいさつをしてくれて、和やかに仕事をしている雰囲気が漂っています。

また、案内いただいた角野社長も気さくで話しやすい雰囲気を持った方で、オフィスのことから最近のコロナ事情、ビジネスの話まで実に様々な話をしていただけました。

訪問を終えた頃には「風通しのよい環境で働けるんだろうな」と素直に感じました。

■ありえへんポイント③「徹底されたソフトウェア管理」

最後のありえへんポイントは、仕事がソフトウェアで徹底的に管理されているところです。

町工場と聞くと「大きな紙でバーン!」とノルマや工程を書いているイメージが沸くのですが、ニッツクは2階オフィス中央に大きなモニターが付けられていて、業務全体の進捗が確認できるようになっていました。

さらにオフィスだけではありません。
工場スペースも同様に大型のモニターが設置されていて、工程が管理されています。
オフィスに大型のモニターがあるのも驚きですが、工場にもモニターがあるとは・・・驚きの連続です。

また、仕事の進め方も工夫がされています。

例えば、「その日のタスクをひとつのボックスにまとめて、誰が出勤しても状況を把握してすぐに仕事を進められるようにしておく」というものです。


必要な資料はまとめて管理

たしかに、ひとりひとりが違う仕事を持っていると、交代するときに引継ぎが大変だったり、思うように仕事が進められなくなったりしますよね。

この工夫の数々でオフィスがスッキリ綺麗に整頓されているんだなと納得もできました。

さらに日本ツクリダスは、「M:net」という工程の進捗や納期を確認できるシステムを開発して販売しているとのこと。M:netに関しては、これから少しずつ理解を深めていきたいと思います!

まとめ【「ニッツク」は、オシャレで働きやすそうな雰囲気の町工場だった!】

日本ツクリダス株式会社「ニッツク」を訪問して感じた「ありえへんポイント」についてお話しました。

「自社からの情報発信で町工場のイメージを変えていきたい」と語っていた角野社長。

会社訪問を通じて、確信的で斬新なアイデアを生み続けるニッツクの熱い想いが伝わりました。

まさに良い意味で「ありえへん町工場」ですね!
私の古い考え方が、ニッツク訪問によりリノベーションされました。

取材ライターとしてブログ記事を任されたことでかなり緊張はしてますが、これからどんな記事を書いていこうか考えるとワクワクが止まりません!

今後も記事を発信していきますのでお楽しみに!