最近の社内の様子

こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

2019年も、気づけば3ヶ月近くが過ぎようとしています。
大人になると、日が経つのが早く感じるようになると、何かのテレビで見たことがあります。対して子供は、月日の流れをゆっくり感じるそうです。それは、物事に対する‘ときめき’の差なのだとか。実際に、うちの娘は「あぁ~1週間が長いー」などと言っています。大人になって何気なく過ごしてしまっている毎日に、きらきらしたものを持っていたいものですね。

さて、それぞれの思いで始まった2019年。
日本ツクリダスはどんなスタートを切ったのでしょうか。

西田取締役に取材してきました

今回は、西田取締役にお話を聞いてきました。

西田取締役と言えば、営業部。最近は、展示会やHPをきっかけに日本ツクリダスを知ってくださったお客様からの問い合わせが増え、取材のたびに忙しそうな様子がみえる西田取締役です。
お話によると、「今年は、社内・社外の加工をうまく連携して、加工の量をさらにアップさせていきたいです。」とのことでした。
昨年は、営業を担当する女性スタッフの加入もあり、営業の形が安定してきたそうで、2019年、ひいては来年度の営業部の進化を、瀧尾は個人的に楽しみにしているところです。

西田取締役は、「営業で外出のときでも、現場と事務所、そして外出先がうまく連携できているので、業務や連絡がスムーズです。外出もする営業=西田取締役と基本的に外出しない営業=(女性)営業スタッフという仕組みの構築を目指しているようです。日本ツクリダスでは、“納期管理ソフトM:net(エムネット)”と並んで、“ハングアウト”という無料のビデオ通話や音声通話、1対1のチャットやグループチャットなどを行えるアプリを日々の業務、またスタッフ同士の連絡ツールとして利用しています。」とおっしゃっていました。
仕事で大切なのは、「ほうれんそう」(!)とよく言ったものですが、社内では、これを実践するためのソフトやアプリなどをうまく利用して、業務の進捗やスタッフ同士のコミュニケーションがスムーズに行われている印象があります。
余談ですが、在宅の私はまたビジネス向けに作られた「slack」というチャットツールを利用して、スタッフの皆さんと連絡を取り合っています。社内で利用しているソフトやアプリに関しては、今後のブログで詳しく紹介させてもらいますね。

西田取締役によると、このような社内の仕組みや業務の様子に興味を持ってくださった企業様などが、実際に社内見学に来てくださることが、昨年あたりからかなり増えているようで、なんと1月末には貸し切りバスを利用して、約30名の御一行様が見学に来てくださったそうです。「え?スタッフの人数より多い?」驚きました・・・。

また、「今年は、自社ブランドに動きをつけていきたい」とのお話もあったので、これも楽しみです。実際に動き出した際には、ブログでもご紹介させていただきますね。

年末にレイアウト変更しました

たびたび、「レイアウト変更しました!」と、紹介させてもらっている事務所ですが、またまた年末の大掃除の日、少し配置が変わりました。

今回のレイアウト変更では、スタッフの数が増えたこと、ことづくり事業部が本格的に始動しだしたことを踏まえての移動が行われました。


以前は何もなかったこのスペースに・・・・、


みごと、ことづくり事業部が設置されました。


壁際には収納が配置され、見た目もすっきりと、かつ効率よくスムーズに作業できそうですね。

事務所全体も、スペースを有効に使い、以前よりもスタッフが増えたことを感じさせないレイアウトとなっていました。角野社長はじめスタッフの方々のセンスには、私も見習いたいものだなぁと、いつも感じています。


会社見学、受け付けています

先ほどもご紹介したように、最近は多くの会社様、お客様が、事務所や現場を見学に来てくださり、業務の仕組みや社内の様子を参考にしてくださっています。
このブログをご覧になって、興味を持ってくださった方は、是非お問い合わせくださいね。スタッフ一同、皆様とお会いできることを楽しみにしています。
お問い合わせはこちら



それでは、次回のブログもお楽しみに!


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2019年03月18日 | Permalink

【速報】二級機械検査技能士合格!

弊社主任、田村が

二級機械検査技能士

に合格いたしました。


お客様に、より良いサービスをご提供できるよう、田村をはじめ社員一同、邁進してまいります。


今後とも、日本ツクリダスへのご愛顧の程、何卒よろしくお願いいたします。


投稿者名 _ 投稿日時 2019年03月15日 | Permalink

こんにちはこんにちは!堺の事務から

まだまだ寒い日が続き、でも晴れの日は春の陽気を感じ、今日も平和に、そして健康に仕事ができていることをぼーっと感じていましたら、

・いつの間にか3月!
・いつの間にか新しい期!
・いつの間にか春!


時の経過というものは、恐ろしいものでございます。
こうやって、人は老いていくんでしょうか。
切ないものです。
わが人生よ、もっと幸あれ!
「one love」(いきなりレゲエ路線)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

弊社は前期(第6期)を終え、今月より第7期を迎えました。
これも偏にお客様のおかげです。
この場をお借りして、お礼申し上げます。

さて、「こんにちはこんにちは!堺の事務から」という「世界の国からこんにちは」の歌詞張りにスタートしたこのブログですが、まるで無表情に殴打するかのような、無防備ながら遠慮なしに放ってくるタイトルをお詫びします。

そういえば、最近犬に絡まれます。
絡まれると言いますか好かれていると言いますか、「ハッ!ハッ!」と言いながら黒柴犬やレトリバーなど、首をかしげた状態で寄ってきます。
これはもう撫で撫でするしかないではないか、と言わんばかりの光景です。こういったところから何か仕事のヒントが得られないかと思ったんですが、かなりのヨダレっぷりで思考が置いてきぼりになります。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

弊社の事務はいつもにぎやかで、元気いっぱいです。
おそらく一番仕事を楽しんでいるのかもしれません。

「事務のみんな!!オラに元気をわけてくれ!」
参照元はこちら


そんな事務のみんなは、コミュニケーションもしっかり取れています。
例えば、


文字だけですと内容によっては冷たく感じるので、語尾に必ず絵を入れるようにしているとのこと。

それとか、


など、気持ちの伝わるメモを心がけているとのことです。

些細な、でも何か大事なことを教えられた気がする出来事でした。

良い事は真似しようと思い、私も事務のみんなの机の上にメッセージを貼ってみました。


では、また。


投稿者名 _ 投稿日時 2019年03月06日 | Permalink

今年最後のブログ

今年最後のブログにて、弊社とお取引のある多くの企業様へ、本年のご挨拶にて失礼します。

今年一年、大変お世話になり誠にありがとうございました。
来年も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

2018年 日本ツクリダス社員一同



何となく昔のホームページから並べてみました。

それでは、来年もニッツクブログをお楽しみに!


投稿者名 _ 投稿日時 2018年12月29日 | Permalink

2018年「ニッツクトレンドワード」を発表!


2018年も残すところ、あと1か月ほどになりました。
つくづく、時の流れの速さを感じます。
お客様におかれましては、どんな一年だったでしょうか?

ニッツクこと日本ツクリダスにおいては、一言で表すなら「変」ではないかというくらい、めまぐるしい変化のあった1年ではなかったかなと思います。

そんな1年をしめくくる、「2018 ニッツクトレンドワード」を発表!

第5位 トランアフター・アフタートラン

○○○トランで昼食を取った後に打ち合わせ(商談など)に行くことを、ニッツクでは「トランアフター(またはアフタートラン)」と言います。

外出する人:「トランアフターでーす」
事務所にいる人:「はーい、いってらっしゃーい」「今日は何ですか?」
外出する人:「うーん、カツカレー大盛りかなー」

こんな感じです。
ごくありふれた日常会話です。


第4位 ふむふむ(フムフム)

理解や納得の意を表す表現。

ニッツクスタッフ1「(質問内容)」
ニッツクスタッフ2「(質問内容に対する回答)」
ニッツクスタッフ1「ふむふむ」

こんな感じです。
そういえば、フムフムというと「フムス」を思い浮かべます。

フムスの秘密
https://www.asahi.com/and_w/articles/SDI2018070328761.html


第3位 震える

今年は何かと震えたことが多かった1年ではないかと思います。

「記憶したくなくて震える」 by 納期・工程管理ソフト「M:net(エムネット)」 
https://mnet.netkojo.biz/
https://netkojo.jp/blog/nittuku/entry-141.html

「恐ろしい迷惑メールに震える」
https://netkojo.jp/blog/kaichi/entry-160.html

「フライスっきゃねん」
https://netkojo.jp/blog/entry-143.html

本当に、震えることの多い一年でした。


第2位 生きた屍(しかばね)

英語で言いますと「リビングデッド」すなわちゾンビです。
ニッツクは少人数です。カッコつけて言いますと「少数精鋭」です。
精鋭とは、戦いに出る際の多くは剣や槍などを持っていますが、一人で双剣、槍、飛び道具などを持って戦いに出ることを言います(適当に書きました)。

そんな精鋭でも、オーバーワーク(を超えるとワーカーホリック)になります(時代が進むと色々な言葉が出てきますね)。デスマーチになれば、ほとんど「生きた屍」となり、人はやがて、自然と空を見上げるようになります。

ひとり、またひとりと「生きた屍」となり、ビジネスチャットのプロフィール欄には自然と「生きた屍1号」という表記が現れます。それだけ多くのお仕事を頂いていることにもなりますので、会社としてはとても良いことです。

そのため、リアルな表現をするならば「笑っている生きた屍」ドラクエ風に言うならば「パペットマンは笑っている」となります(あ、パペットマンは「ふしぎなおどり」でしたね)。


第1位 うまいけどダメージ

堺市には、世界で一番おいしい弁当があります。

残業していたある日、おいしいものを食べたいと思って頼んだ唐揚げ弁当があまりにもおいしかったんですが、消化器官に計り知れないダメージがあり、「弁当うまっ」「重い、体がぁあ…」と皆キーボードに両手を添えたまま頭がうなだれた状態になりしばらく動くことができませんでした。

恩恵とリスク、または、良いことを選ぼうとすると同時に考えられる悪いこと、など、相反することの例えとして「うまいけどダメージ」が、2018年ニッツクトレンドワードの第一位となりました。


番外編(6位以下)
・ニッツくん(さて、この人は誰でしょう?)


あと1か月、日本ツクリダスは全力で頑張ります。

そして来年は、皆様に様々なニュースや発表ができるように準備を進めておりますので、変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。


投稿者名 _ 投稿日時 2018年11月24日 | Permalink