初めての、社員研修旅行に行ってきました

みなさまこんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

新年を迎えたと思ったら、あっという間に1月も中旬になってしまいましたね。
今年は幼稚園、小学校の冬休みが長かったということもあり、私までなかなかお正月気分が抜けずにおりました。気を引き締めていきたいと思います。


さて、今回のブログでは、昨年11月末の、弊社社員研修旅行についてご紹介したいと思います。

会社のみんなでいつか行きたいとずっと熱望していたという社員旅行。今回は、東京のビッグサイトで行われた「JIMTOF2016 第28回日本国際工作機械見本市」に合わせての決行ということで、研修も兼ねての旅行になったそうです。

旅行は11月18日金曜日から20日日曜日にかけての3日間。


角野社長は当日まで関東出張があり、現地(渋谷)での集合でしたが、それ以外のスタッフは、張り切って朝6時に出発しました。
ちなみに、車で東名高速を走っての移動でしたが、写真の雰囲気からも分かるように、みなさんとっても楽しそうですね!
賑やかな声がこちらまで聞こえてきそうです。

順調に走り、海老名SAでお昼ごはん。

海老名は私が大阪に引っ越してくる前、昨年夏まで暮らしていた場所なので、これだけのお話でも「おー、海老名に寄ってくれたか」、とうれしくなりました。
海老名は、「年末年始やお盆の帰省ラッシュのニュースなんかでよく出てくる場所」と言うと、たいていの人は「ああー」と言ってくれますが、皆様はいかがでしょうか。

その海老名SAで、昨年6月から弊社に勤めているベトナム人のアインさんが迷子になったというエピソードも聞きました。スタッフたちが必死に探したところ、「おそときもちいいですからー」と、日向ぼっこしながら一人でお昼を食べていたそうです。よかった。
こちらが噂のアインさんです。



その後、渋滞に巻き込まれながらも、無事にホテル到着。
ホテルはなんと、ヒルトン東京ベイです。
ご存知の通り、東京ディズニーランドの脇にあるホテルですよね。
ここまで来ると、ディズニーランドに行きたくなっちゃいそうですが、写真だけパチリと撮って、今度は皆さん電車で渋谷に繰り出しました。



うろうろしつつ、ここで社長と合流。
ホテルに帰る組、渋谷で遊ぶ組に分かれ、夜は更けていきました。

ここで1日目は終了。
ここまでのエピソードだけを見ると、とっても楽しい学生旅行のようですね。
こちらまで行った気分になって、お話を伺っていました。

2日目は、旅行のメインイベントでもある、東京ビッグサイトでの「JIMTOF」へ。


私は「JIMTOF」のことを今回初めて知ったのですが、ご存知の方も多いと思います。世界4大展示会とも言われているそうで、20万人以上の来場者がいらっしゃるようです。
東京ということで私自身はなかなか行けそうにありませんが、私だったらそんな空気を吸うだけでも圧倒されてしまいそうだなと思いました。

そんなに大きな規模ということもあり、スタッフからは「全部見られなかった」「人が多すぎて酔ってしまった」「人の流れがすごくて流されてしまい、行きたいブースに行けなかった」という声が聞かれました。
とはいえ、みなさん「勉強になった」「行けてよかった」と、それぞれ得られたものがあったようで、今後のお仕事などに生かされるといいですね。


その後、東京を出発して、みなさんで静岡の伊東へ向かいました。

引き続き車での移動だったそうですが、道中霧がすごくて視界5mだったとのこと。
運転するのも怖いですね。ご無事で何よりでした。



伊東のホテルでは、皆さん温泉に入り、美味しい御馳走を食べて、夜は楽しい宴会となりました。



私も伊東は個人的に何度か行ったことがありますが、食べ物が本当においしいですし、観光のための施設がとても充実しています。
写真を拝見しているだけで、少しうらやましくなり、また訪問したいなーと思ってしまいました。




さあ、いよいよ3日目、最終日です!

この日は朝から大阪に向けて出発し、途中静岡の人気店、「さわやか」というレストランでランチしました。
「さわやか」は炭火焼ハンバーグが有名で、何度かテレビでも見たことがありますが、私は食べたことがありません。食べてみたいです。
ハンバーグの他にもステーキなども人気があるそうで、スタッフたちも「“さわやか”は絶対にまた行く!」と、とても美味しかったと言っておりました。ちなみに社長がfacebookでさわやかにいる事をアップすると、「さわやか」は静岡の県民食です!!とメッセージが来たようです。ますます行きたくなってしまいますね。


その後、同じく静岡のバリ雑貨屋さんに寄り、少々お買い物をして、帰路につきました。


角野社長が、バリ雑貨屋さんで購入された置物です。



先日打ち合わせで出社したときに、お部屋にちょこんと座ってらっしゃいました。
なんとも言えない表情と雰囲気がいいですね!
ちなみに、社長はエスニックものが大好きだそうで、これからもお部屋に何か小物が増えていくのか、要チェックしておきます。




日本ツクリダスとしては初めてとなった、今回の社員研修旅行。
スタッフの方々に感想を聞くと、
「楽しかったから、来年も行きたい。」
「旅のしおりがなくて少し残念。」
「団結力が強くなった気がする。」
「女の子1人だけだったので少し心配したけど、みんなで楽しく行けてよかった。」
などがあげられました。

皆さん次回も行く満々なようです。

社員同士のコミュニケーションがスムーズになったり、個人の経験として糧になっていったり、この旅行が皆さんそれぞれの今後つながっていくのがとても楽しみです。



皆さまお疲れ様でした!!


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2017年01月14日 | Permalink

2017年 新年あけましておめでとうございます

皆様、新年あけましておめでとうございます。
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

皆様は、どんなお正月をお過ごしでしょうか。
旅行に出られる方、家でのんびりお餅を食べられる方、それぞれいらっしゃると思います。
私は断然、暖かいコタツに入ってみかん(もちろんお餅も)を食べる派です。



新年ともなれば、気持も新たに今年一年の抱負など思い描かれる方も多いのではないでしょうか。

今回は、角野社長、西田取締役に、それぞれ新年の抱負を取材しましたので、インタビュー形式でご紹介いたします。

-------------------------------------------------------------------------------------------


≪角野社長へのインタビュー≫

瀧尾「新年を迎えて、2017年への思いをお聞かせいただけますか。」

社長「日本ツクリダスの理念である、“すべてを楽しむ心、その心に光が集まる”にちなんで、“光る、光らせる、光りだす”というテーマをもって1年間動き出したいと思っています。
私の中では、日本ツクリダスで活躍してくれている全スタッフが、最近それぞれ“光りだしている”と感じています。それをより“光らせる”というのが2017年のテーマになっている気がします。」

瀧尾「私から見ても、今日本ツクリダスで働いているスタッフの皆さんの雰囲気は、とても明るく楽しそうですし、メリハリを持ってお仕事されているように思います。」

社長「みんなが自分の役割や課題を理解し始めていて、それに対して自ら向き合おうとしている意識をすごく感じています。決して冗談ではなく、今の日本ツクリダスのみんなはキラキラしていて目にチカラがあると感じていますので、偉そうな言い方かもしれませんが、それを伸ばしてあげたいなと思っています。みんながそうなると、それぞれの人生が絶対に楽しくなると思います。」

瀧尾「社長自身はいかがですか?」

社長「もちろん私も光ります。今年は新しい取り組みが目白押しなので、今からわくわくしています。」

瀧尾「今年の会社の取り組みに関して、教えていただけますか。」

社長「まずは、スタッフが元気な会社にすること、“組織活性化”ですね。そして、新しいことにチャレンジする、“新事業”の展開。それから、私たちのことを皆様に知っていただく、“広報”。これらのことに力を入れて進めていきたいと思っています。」

瀧尾「今お話し頂ける範囲で結構ですので、新しい取り組みに関して、もう少し詳しくお聞かせ願いますか?」

社長「大きく分けて三つあります。
まず、M:net(エムネット)に関してです。来年度は追加で開発を行い、それを別サービスとして立ち上げる予定にしています。
次に、社内スタッフから立候補があった新事業です。具体的にはまだオフレコなので言えないのですが、モノづくり企業らしい取り組みです。この取り組みが、そのまま社内の組織活性化につながると考えています。
そして最後にもうひとつ。M:netの販売を進めるにしたがって、単にシステムを導入したからといってうまくいくとは限らず、システムをどのように活用していけばいいのか分らないというお客様がいらっしゃるということが分ってきました。それで、システムを導入することと同時に、仕組み作りも一緒に考えるコンサルタント的なサービスを展開できればと考えています。」


瀧尾「盛りだくさんですね。私も広報部としてメルマガやブログで、皆様に随時会社の近況をご紹介していきたいと思います! そういえば、先ほど広報にも力を入れていきたいとおっしゃっていましたが、現在私が広報部で担当させていただいている、メルマガやブログ以外に広報活動としてお考えになっていることはありますか?」

社長「まず、今後やっていきたいと思っているのが“プレスリリース”です。いろいろな方法を考え、模索しているところです。
次に、今考えている大きな目標では、広報にもコンサル化にもつながる“出版”です。
そしてもう一つが、“グラフィック”を活用することです。チラシやカタログ、冊子などを充実させて、弊社により興味を持っていただけるようにするためのツールを強化しようと考えています。」

瀧尾「日本ツクリダスの広報活動が充実して、たくさんの方に知っていただけるようになるのがとても楽しみです。お話ありがとうございました。」

-------------------------------------------------------------------------------------------


≪西田取締役へのインタビュー≫

瀧尾「新年を迎えるにあたり、2016年の日本ツクリダスを振り返っていかがですか。」

西田「一昨年から去年にかけて、新しいスタッフが増えました。今のメンバーがすごく楽しくて、それぞれが役割をしっかり認識して仕事に取り組んでいると感じています。業務の仕組みもガラッと変わりスピーディになりました。事務のスタッフもすごく頼りになり安心して任せられますし、検査・出荷係のスタッフのおかげで、納期遅れを出すこともなく出荷できています。なんだかんだと、製造部もレベルアップしてきていると感じています。」

瀧尾「2017年はどのような会社にしていきたいですか。」

西田「今年は、自分自身も含めて、スタッフ全員がどんどん成長できるような会社にするための仕組み作り、基盤作りを目指しています。そのためには全員の前向きな姿勢が求められます。今年はかなりハードルは高いですが、挑戦だと思っています。」

瀧尾「西田取締役は、営業の業務が多いそうですが、それに関してはいかがですか。」

西田「営業的には、日本ツクリダスがこれから発展していくために、安定した売り上げをどうやって作っていくのかも大きな課題です。今までのお客様を大切にしつつ、新規の受注先、加工先の拡大も行っていきたいと思っているので、広報部としても頑張って下さいね。協力よろしくお願いします。」

瀧尾「2017年も、日本ツクリダスがどのように発展していくのか、楽しみにしています。また、在宅広報部の立場からも最大のサポートがしたいとあらためて感じているところです。お話ありがとうございました。」

-------------------------------------------------------------------------------------------


お二人に取材したところ、角野社長も西田取締役も、「皆が気持よく仕事をしている」と感じている日本ツクリダス。
私自身、日本ツクリダスに足を踏み入れてまだ4か月しか経っておらず、しかも在宅という立場ですが、楽しくもあり厳しくもある社風にすごく居心地のよさを感じています。



私にとって2017年は、プライベートでは次女が入学、長男が入園と、少し手が離れます。まさに「うれしいような、さみしいような」という気持ちです。
もともとやりたいことが多いタイプなので、自分の時間を確保して、少しずつ実現させていけたらなあと思っています。

こちらのお仕事では、まだまだ手探りばかりで上手く行かないことも多いですが、「とりあえずやるのみ!」という心意気でやらせていただこうと思っています。
去年の今頃は、まさか自分がこんなにやりがいのあるお仕事をさせていただけるなんて思っていませんでした。日本ツクリダスとの縁、読者の皆様とのご縁を大切にしながら、大好きな文章を書かせていただこうと思っています。
読者の皆様、本年もご指導よろしくお願いいたします。


2017年も皆様にとって充実した、笑顔溢れる1年になりますように。

本年も弊社を、どうぞよろしくお願いいたします。



投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2017年01月01日 | Permalink

2016年もありがとうございました!

いつも日本ツクリダスのブログを読んでいただいてありがとうございます。
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

2016年も残すところわずかとなりました。
皆様にとって2016年はどんな1年でしたか。

お仕事、プライベートと、皆様それぞれ振り返っていらっしゃるのではないでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------


我が家にとっては、変化の1年でした。
主人の転職、引っ越し、それによる子供たちの転校・転園。

もともと関西出身の私たち夫婦にとって、神奈川から大阪への引っ越しはそれほど気負うものがなかったように思います。子供達も、まだ小学校低学年、幼稚園だったこともあり、それぞれすんなり馴染んでくれたようです。


そして、私にとってもう一つ大きな変化となったのが、9月にこちらの在宅広報部としてお仕事させてもらうことになったことです。
やる気いっぱいで臨みましたが、自分の力不足やコミュニケーションの難しさで、少し行き詰ってしまったりもしました。
ですが、皆様方にブログやメルマガへの、ご意見やご感想をいただいただけですごくうれしくなり、やりがいを感じることができました。

こういう気持ちは、家事や子育てをしているだけでは、体験できなかったと思います。
皆様が温かく見守ってくださったからこそです。本当にありがとうございます。

---------------------------------------------------------------------------------

それでは、日本ツクリダスの1年を振り返ってみましょう。
角野社長に取材し、主要な出来事をピックアップしました。

・事務の仕組み大幅変更
事務の仕組みを、今までのやり方から180度ガラッと変更したそうです。
正直私は、この大幅な変更のことをまだ詳しく知りません。
来年はこの詳細も取材し、記事にさせてもらいたいと思います。


・在宅ワーク導入
事務の仕組みの変更をきっかけに、在宅ワークの導入を実施することとなったそうです。
私も、こちらの在宅ワーカーの一員としてお仕事させてもらうことになりました。
また、日本経済新聞で弊社の「在宅ワーク導入」の取材記事が掲載されたとのことで、皆様方にも知っていただく機会ができ、私自身もうれしく思います。


・広報部の発足
そして、私にとって他人事ではありません。在宅ワークから、広報部が発足されました。
実際お仕事を始めてブログやメールマガジンを書くたびに、皆様からの反響をいただき、責任感とともにやりがいを感じさせていただきました。
今後も皆様に、いろんな日本ツクリダスを知っていただきたいです。


・M:net事業の本格始動
社長が長年思い描き、開発・テスト・販売を続けてきたM:netが、ようやく本格的に動き始めたそうです。
私もまだまだM:netについて知らないことだらけですが、皆様にもっとM:netを理解頂き、良さを知っていただけるよう、発信できたらなと思います。


・初めての社員研修&社員旅行が実現
創業から4年目にして、初めての社員旅行が実現したとのことです。
また、スタッフに刺激を受けてもらえるよう、社員旅行に兼ねて、東京での展示会視察も実行されたようです。
この社員旅行がなかなかの珍道中だったそうで、近々ブログでもご紹介できたらなと思っていますので、お楽しみになさってください。


以上、簡単に日本ツクリダスの2016年を簡単に振り返らせていただきました。
創業5年目となる2017年には新たな取り組みも計画中であるとのことで、ますます弊社の変化・発展をご期待下さいね。


---------------------------------------------------------------------------------


私が言うのもなんですが、弊社はとてもいい空気が流れている会社です。
会社や社員の雰囲気がとっても心地よくて、この雰囲気を感じているだけで、なぜか何でもできそうな気になってしまうので不思議です。


私もそんな日本ツクリダスで、来年もまた、皆様に楽しく読んでいただけるブログ・メルマガを書かせてもらいたいと思います。


社員一同「皆様、今年もありがとうございました。」


写真は社員旅行での1コマです。
楽しそうですねえ。私も参加してみたいな、なんて。

2016年、お世話になりました!
当社は12月28日から1月4日までお休みを頂きます。
新年は1月5日が仕事始めとなります。


皆様よいお年を!!



投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2016年12月28日 | Permalink

朝礼でじゃんけん!?~日ツクのアイスブレイク~

こんにちは!
日本ツクリダスのブログをご覧くださって、ありがとうございます。
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

冒頭の写真に「ん?」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
何をしている写真だと思われますか。
前回のブログをご覧くださった方で、勘のいい方はお気づきかもしれません。

前回のブログはこちら

写真は、日本ツクリダスの朝礼の様子です。前回ご紹介したように、“じゃんけん”をしているところです。皆、楽しそうに“じゃんけん”していますね。この“じゃんけん”が、社内の「アイスブレイク」になっている、と前回お話ししました。

では、「アイスブレイク」とはどんなものなのでしょう。
今回は、アイスブレイクについてご紹介したいと思います。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

先日、有限会社シーケン社で経営コンサルタントをされている谷口様とお話しする機会があり、アイスブレイクについても少しお話を聞くことができました。
谷口様は、弊社社長の角野と長く親交がある方で、日本ツクリダスのマスタープランや年度計画作成、M:netの企画など、多方面で経営のアドバイスを頂いています。
シーケン社のHPはこちら


谷口様は、「アイスブレイクとは、‘自分の緊張をほぐす’ということと、‘その場の緊張を緩和する’という2つの方向性があると思いますよ」とおっしゃっていました。

自分が緊張しているということは、周りの人も緊張しているということが多いと思うので、皆さんの緊張がほぐれれば、その場の空気や雰囲気もほぐれていくのでしょうね。

私自身、慣れない環境や人に対して、すごく緊張してしまうので、機会があればアイスブレイクを体験してみたいなと感じました。

話が逸れましたが、アイスブレイクは本来、初対面の人が集まる勉強会などで行われるそうですが、日本ツクリダスの朝礼のように、社内での親睦を深める際にも役に立ちそうです。


日本ツクリダスの社員からも、「朝からじゃんけんですごく盛り上がる」「全員でじゃんけんをすることによって、朝礼に参加したという気持ちが強くなり、仕事の意欲につながる」「じゃんけんの後に、社是・理念の唱和があるのだが、2つのメリハリで雰囲気も気持ちも引き締まる」「じゃんけんの前は眠い顔をしている社員も、じゃんけんの後では笑顔になっている」という声がありました。
じゃんけんは社員にとって、いいアクセントになっていて、朝礼の雰囲気、その後の仕事への意欲へとつながっているようです。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

それでは、アイスブレイクには、具体的にどのような例があるのでしょうか。シーケン社の谷口様に伺ってみました。

◎ヤートサークル
偶数の人数(例えば6人、8人など)で手をつないで輪になり、前に倒れる人、それを倒れないように支える人を交互に作ります。
腕の自由が利かない状態で前に倒れて行くのは本当に恐いものですよ。どちらの人も、隣の人を信じることが必要であるというゲームです。
初対面の場合でも知らない間に信頼関係が生まれそうなゲームですよね。


◎順番ゲーム
10人ほどが縦1列に並び、リーダーの掛け声で、年齢順、所持金の多い順、郵便番号の大きい順、誕生日が早い順、など、いろんな順で並び変えます。
これは、それぞれ自分の情報を伝えることになるので、コミュニケーションができ意思疎通がスムーズになりそうですね。




◎アイコンタクトゲーム
ペアになって向かい合い、5秒間、10秒間、15秒間と、それぞれ目を合わせ続けるそうです。
知っている人でもお互い目が合っていると少し気恥ずかしい部分もありますが、初対面の人となら尚更ですね。自然と笑みがこぼれてきそうで楽しそうなゲームです。
但し、男女ペアはクレームになることがあるので注意して下さい。

もちろん他にも、たくさんありますが、こういったゲームに限らず、自己紹介の仕方、話し方などがアイスブレイクとなっていることもあるというので、アイスブレイクは奥が深いですね。

みなさまもそれぞれの会社で、取り入れられそうな“アイスブレイク”があれば、ぜひ実践してみて下さいね。また、それに関する経緯などもお聞かせいただけたら嬉しいです。


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2016年12月19日 | Permalink

日本ツクリダスの社内をのぞいてみよう!

いつも日本ツクリダスのブログを読んでくださっているみなさま、こんにちは!
在宅広報部、ブログ担当の瀧尾です。

あっという間に12月に入りましたね。
毎年この時期になると、年末の慌ただしい空気とともにやってくる、クリスマスからお正月へと続くなんとも言えないワクワク感や緊張感が大好きです。
みなさま年末はどんな風にお過ごしですか。


●日本ツクリダス、社内の様子
ブログをご覧いただいているみなさまの中には「日本ツクリダスってどんな会社?」と感じてくださっている方もいらっしゃると思います。
私自身もまだまだ「日本ツクリダス」について知らないことだらけなので、こちらのブログでみなさまと一緒に、会社のいろいろを紐解いていくつもりです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

さて今回は、「日本ツクリダスの社内をのぞいてみよう!」ということで、写真なども含めながらご紹介したいと思います。

在宅広報部の私ですが、打ち合わせのために月1回~2回のペースで出社させてもらっています。なので、そのたびにフレッシュな気持ちを味わわせてもらっています。

会社の扉を開けてすぐの階段を上った先に、会社のロゴと植物たちがお出迎えしてくれます。



2階に上がったら、打ち合わせ室や事務所などがあります。

私の勝手な先入観ですが、“製造業の会社の事務所”というと、少し汚くて雑然としているイメージがありました。
ですが、全然そんなことはなく、観葉植物なんかが置かれており、掃除も行き届いています。


私が出社するのは今のところ土曜日ばかりなので、事務所はお休みです。
今後、平日の営業中の雰囲気も感じに行きたいと思いますので、その際はまたこちらでもご報告させていただきますね。



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

そんな日本ツクリダスの事務所で毎朝行われている朝礼の様子を聞くことができましたので、少しご紹介したいと思います。

朝礼は、まず、挨拶から始まります。
挨拶は、「きっちりとしたお辞儀」と「元気よく」がテーマです。
次に、各々の予定などを確認します。


そしてここからが少しユニークで、まず、社員同士で「ありがとう」を贈り合います。
と言っても、お互い「ありがとう、ありがとう」と言い合うのではなく、毎日持ち回りで、それぞれの社員が“ありがとうや感謝の気持ち”を伝えたい人にメッセージを贈ります。



毎日、誰かが誰かに感謝を伝えています。
5回感謝されるごとに特典もあるようで、感謝されると二度うれしいですね。

次に、またまた変わった内容ですが、「じゃんけん」をします。
毎日の勝敗を週ごとに集計して、その週の勝者は「金曜恒例となっている、“みんなでランチ”の場所を決められる」そうで、敗者は「ゴミ捨て」に行かなければならないそうです。



たかが「じゃんけん」、されど「じゃんけん」。
おまけまでついているとなれば、つい必死になってしまいそうですね。朝から楽しそうなイベントです。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、こういった「ありがとうを贈る」「じゃんけん」などのゲームやクイズ、ときに運動などのことを“アイスブレイク”と呼ぶそうです。
人と人との、わだかまりや緊張を解く効果があるということです。

私は在宅なので朝礼は出られませんが、“アイスブレイク”があることで、一日の仕事への気持ちや社員同士の団結力も高まってきそうだな、と感じました。

そして朝礼の最後は、社是・理念の唱和となります。


毎朝、全員で会社の理念を唱和することによって、社員としての心構えが深く刻まれていくということなのでしょうね。皆で声をそろえることで、団結力も生まれる気がします。

次回のブログは、朝礼の様子を写真も交えてお伝えしながら、“アイスブレイク”についてご紹介させてもらおうと思います。

ぜひご覧くださいね。


投稿者名 瀧尾千博 投稿日時 2016年12月13日 | Permalink