選択されているタグ : 事務所

新しい職場に入るなら…

転職、就職。~新卒の思い出とともに~

こんにちは。在宅広報部兼業務部の日隈です。
今回は、ちょっと怪しい? いえ、固そうな? テーマではありますが……
私の体験談を交えながら、お伝えしていきたいと思います。

さて、最初の見出しに「就職」「転職」という単語を並べましたが、皆様はこれらの単語から、どんなことを連想しますか?
雇用形態の流動化が一般的になりつつある今、私を含め、現時点ですでに「新卒枠ではない」社会人はたくさんいると思います。

慣れないリクルートスーツを着て、とりえず、面接やビジネスのための「マナー」と呼ばれる振る舞いを頭に叩き込む。
集団面接ともなれば、明らかに第二新卒であろうライバルの受け答えの良さに愕然とする……。

そんな、どこか苦くて儚い新卒時代の思い出というものが、誰しもあると思います。

そして、そんな時代を乗り越え……「入った会社を辞める」という大きな選択をした人は、次の転職先を探すことになります。
退職する理由には様々なものがあると思いますが、よく言われている理由のひとつに、「入社ギャップ」というものがあります。

よくある入社ギャップ ~日隈の場合~

ある会社への入社前と入社後で、イメージや現実がこんなに違う……!(((0ロ0;;)))

そんな「入社ギャップ」を、つい半年前にも体験していたのがこの私、日隈です。

実は私は、今年の4月に大阪へ転居してきたのですが……転居すると同時に始めた前職を、半年で辞めた経緯があります。
地元の福岡で面接を受け、内定をもらい、仕事内容は、もう地元で10年近く経験がある、図書館司書の仕事でした。

仕事内容もわかっているし、地元と違うのは使う図書館システムや、書架の配列、貸出ルールくらいだろう(しかもそれらは、使ったり働くうちに慣れてくるので大丈夫)と思っていたら……

実際に地元で面接をしてくれた社員さんと、大阪で派遣された先の同僚スタッフに、ものすごい雰囲気の差があったのです。

にこやかに、明るく面接をしてくれた地元の社員さんと違い、派遣先の現場では、最低限のあいさつや会話しかない、とてもドライな現場でした。

見知らぬ土地に転居してきたばかりの私にとって、日々、この冷たくドライな雰囲気の中で仕事をするというのは、精神的にもなかなかつらいものがあり……
まぁその他、色々なトリガーはあるのですが、半年で退職という決断に至ったのです。

前職入社当初は、長年経験のあるこの仕事を退職するなど、夢にも思っていませんでした。

ニッツクでは、入社ギャップを感じなかった

その点、日本ツクリダス――ニッツクでは、前職のような入社ギャップは感じませんでした。

面接や在宅広報部に関する打ち合わせの時など、入社するまでに直接、社長やメンバーと顔を合わせる機会があり――
職場の雰囲気や、メンバーの人柄、持ち合わせる情熱のような部分まで、よくよく感じることができました。

素直に、明るく、気さくで、楽しそうな職場だなと思えました。

実際に入社してからも、小腹が空けば、おやつをかじりながら仕事をしている先輩がいたり。
結構根深そうな人生相談を、同僚に持ちかけている先輩がいたり。
まるで漫才コンビのように、会話を繰り広げている社長と某先輩の姿があったり。



和やかで、ふと気付くとどこかで笑いが巻き起こっている……そんな会社です。

自分ができる仕事を黙々とこなす中、聞こえてくる楽しい会話や笑い声。
私もついつい、釣られて頬が緩んだり、小さく笑ったり。

まだまだ、遠慮してその輪の中に加わる勇気が出ないのですが……(笑)
慣れる中で、これから少しずつ、加わっていこうと思います。

私が前職では得られなかった環境が、場所を変えれば――ニッツクには、確かにありました。


投稿者名 広報担当 投稿日時 2020年11月30日 | Permalink

第二の新参者

はじめまして! 福岡県出身・元司書の日隈(ひぐま)です。


事務所のデスクにて。
PCは2画面仕様で便利です!


はじめまして。在宅広報部・第二の新参者、日隈です。
前回記事を担当した芝池と共に、当ブログを担当していきます。
これからどうぞ、よろしくお願いいたします。

さて、縁あって、日本ツクリダスへ入社した私なのですが…。
何を隠そう、芝池同様、私も製造業界未経験の人間なのです!!!

今までは、小学校や公共施設の図書館司書として働いてきましたので、全くの畑違いの業種。
見積依頼とは何ぞや? 旋盤加工ってどういうこと? 何それおいしいの?? な状態で入社し、現在進行形で、その仕組みや意味を解明中です。

在宅広報部、そして業務部の視点から

なお、私はこの在宅広報部としてだけでなく、業務部の一員としても会社に関わっています。
製造業の事務的な部分を通して、「製造業の仕組みってどうなってるの?」など…。
私なりに気付いたことや理解したことも、今後わかりやすくお伝えしていけたらと思っています。

また、「どんな雰囲気・環境で仕事をしてるんだろう?」ということも。
現在日本ツクリダスでは、より快適な環境目指して、リフォーム工事を行っています。
そんな職場環境の変化や、スタッフの何気ない日常について、こちらは楽しくお伝えしていけたらと思っています。


入社前に来た時とは外観の壁も変わっており、
なんとネイビーに!
個人的に、配管のオレンジ色が
すごく映えていてカッコイイと思います。


現在社内は工事中です。


玄関から続く階段も、
現在このとおり。
2階へお越しの際は、
右手にある事務所への
直通電話にてお知らせください!


つまり、ひと言で言うならば…
「日本ツクリダスって、どんな会社?」という、このブログ最大のネタを発信しつづけていきたいわけです!!

日本ツクリダスの”魅力”を発信!

ホームページをご覧いただくとわかるとおり、日本ツクリダスは「ものづくりサービス業」を掲げる会社です。
きっとご覧になった際に、「ここって、普通の(思ってた)製造業の会社と違うぞ?!」と思われた点が、多々あったかと思います。

そしてそんな点こそが、日本ツクリダスの強みであり、魅力であると思います。
製造業に関して知識も経験もなかった私がこの会社に飛び込んだ理由は、そんな、「ここって違うぞ?!」という部分への驚きと…。
それに付随する、「すごく面白そうな会社だな!」という、強い興味からでした。

実際に、いち町工場でありながら、こうして在宅広報部を作り、情報発信にも力を入れています。
図書館だよりや市民センターのブログ更新、趣味での小説執筆など――私自身のこれまでのライティング経験も活かすことができ、ぜひ会社の一員として、活躍してみたいと思ったのです。

今後の更新もお楽しみに☆

在宅広報部の充実により、当ブログは今まで以上にパワーアップして、頻度も多く更新していく所存です。
「今週のニッツクさん、どんな記事かな~? どんな様子かな~?」といった心持ちで、これからも日本ツクリダスの”内部日記”を覗きに来ていただければ幸いです。


投稿者名 広報担当 投稿日時 2020年11月19日 | Permalink

【新コーナー】今日のゆうり

今日から始まりました不定期掲載「今日のゆうり」。

<解説>
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ゆうりとは、弊社に今年入社したホープで、主に加工と納期・工程管理ソフト「エムネット」の営業を行っています。おそらく社内で一番にぎやかで、女性社員の精神的支柱です。ちなみに、ゆうりの夫は1F製造部で金属加工の業務に従事しています。

社内では「ハズバンドアンドゥワイフ」と呼ばれています。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

そんな、ある日のこと。

無人のワイフ(ゆうり)の席から異様なまでの存在感を感じた取締役の西田が、ふと机を見てみると…。


えっ?

メガネがないと見えないだろうに、メガネを忘れて(なぜか2こある)帰宅していました。

まるでサザエさんが「買い物しようと街まで出かけたが財布を忘れて愉快な」ではなく、「帰宅しようと自宅へ向かったがメガネを(なぜか2つも)忘れてそれでも強引に帰った」というサザエさんと逆なのか何なのかわからない状態で、日本ツクリダスのグループLINEは騒然となりました。


常にニッツクを賑わせてくれる、貴重な存在です。

そして、またある日のこと。

おもむろに渡された「にわかせんぺいメガネ」を渡されたゆうりは


装着した途端、頭も何となく「今日俺」になり、すごい勢いで仕事をこなしていきました。

ちなみに、その前までにつけていた2つのメガネが行方不明になりました。

今はメガネをかけていますが、こんどは「にわかせんぺいメガネ」が行方不明になりました。

お客様へ
今後とも、弊社ワイフこと「ゆうり」がもしお電話にてご対応させて頂く際は、何卒よろしくお願いいたします。

(つづく)


投稿者名 日本ツクリダス広報担当 投稿日時 2018年12月06日 | Permalink