選択されているタグ : 体験記

タグの絞り込み

ニッツク面接回想録

2021年、あけましておめでとうございます!

旧年中も当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございました。
日本ツクリダスは、年末年始休業を挟み、4日より営業開始しております。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします!

ニッツクへの求人応募、そして…

というわけで、2021年の初記事は、在宅広報部の日隈が担当いたします☆

今回のテーマは、日本ツクリダス――ニッツクへ入社するにあたっての、面接回想録です。

私自身、元々はニッツクの広報スタッフの求人に応募したのが始まりでして。
そこから、今関わっている在宅広報部への所属が決まり、それから業務部での就業も、という流れで今に至っています。

ニッツクでの面接は、玄関をくぐった時から驚きがいっぱい(?!)だったなぁと、今振り返ってみて思います(笑)

掲げられた「五つ星」


ニッツクの面接は、求人サイトを通じての「書類審査」をパスした後行われました。

求人サイトに入力したものとはまた別の、正式な履歴書を持参し――いざ約束の日に、ニッツクの社屋へ!



恐るおそる玄関をくぐり、まず見えた紺色のフラッグに、一瞬「面接する会社ここで合ってるかな?!」とうろたえた私。

会社のエンブレムとしてイメージのあった、オレンジ色。
それとは違う、紺色のフラッグが飾られているではありませんか……!

玄関に入ってすぐに飾られていたので、別の会社に来てしまったのではと勘違いしたんです(苦笑)

(よく見ると、ちゃんと「NIHON TSUKURIDASU」の文字も入っているんですけどね……!)

こちらは後述の社内見学の折に、「五つ星の工場を目指そう」という目標を表したものだと、社長の角野より聞きました。

目を引くスタイリッシュなデザインと、(よくある)「三つ星」を越えて、五つ星……!と驚いたことを、とてもよく覚えています。

「面接」というより…

そして、(面接する会社はもちろん間違っていなかったので)2階の会議スペースにて、社長の角野、人事担当の野口とともに面接スタート!

これまでもそういうところが多かったので、2:1でのガチガチの問答面接か……と思いきや。

テーブルを挟んでの近い距離で、まるでおしゃべりをするように――和やかな雰囲気で進んでいったのです!

メインは、持参した履歴書を元に、以前はどういう仕事をしていたかなど、細かくヒアリングを受ける感じでした。
また、角野からは希望した職種の内容や、業務にあたっての確認(出張の有無など)があり……。

会社のお偉方ふたりが目の前にいたはずなのに、ふたりの明るく親しみやすい雰囲気があったため、あまり緊張せずにヒアリングを受けることができました。

一般的にイメージする「面接」というよりも、雰囲気的に「ヒアリング」と表現した方がとてもしっくりくる面接でした。

熱意・誇らしさがあふれ出す! 社内見学

面接後は、2階のオフィスエリア、そして1階の製造エリアを、角野の案内で社内見学しました。
実際の製品を、説明を聞きながら間近で見ることもできました!

2階のオフィスエリアは、入ってまず明るく綺麗な環境であること、カフェのように音楽がかかっていること、そしてどの席にも2画面のパソコン設備が整っていることに驚きました。
本当に、一般的な「町工場」のイメージとはかけ離れている環境だったのです……!

また、オフィスにあるモニターを通じて情報が共有できることや、M:netを使っての仕事の仕方、作業段階ごとに分けた書類棚の工夫なども。
とにかく、「共有しやすいように」「機能的なように」と工夫が凝らされた環境を、角野が熱く・誇らしげに伝えてくれたのがとても印象的でした。



つづいて1階の製造エリアでは、実際に作業している様子を見せてもらいながら、工程や機械の説明を受けました。

1階にもモニターがあり、2階のオフィスがカメラで随時わかるようになっていて驚き……!
なんでも営業先からスタッフが接続し、お客様とともにオンライン工場見学するために設置されているそうです。

M:netはおもに工程のメニューを開きながら、受注になった製品の進捗を確認しているようでした。



印象に残った言葉と質問

とにかく、一般的な「町工場」のイメージを覆すような、スタイリッシュで機能的なニッツクの環境。
角野は、ひと言で言うとこれは「次世代の工場」だと言っていました。

「多くの人が持っている町工場へのイメージを変えよう、自分の会社がその先駆けになろう」……!

そんな思いが、面接の段階から、そして会社案内の随所でも、強く感じられました。

そしてこの日の最後に、角野からひとつ、質問を受けました。

「日隈さんは、自分は運が良いと思いますか?」

答えは単純で、YesかNoです。
何を聞かんとして尋ねたかは、わかるような気がしました。

そんなことが頭に一瞬よぎりながらも、この日の面接や会社見学を通して、「ニッツクって面白そうな会社だな!」という思いが強くなっていた私は――

自信を持って、「Yes(はい)」と答えられたのでした。

そして、入社へ

それから紆余曲折あり……
先述のように、私は在宅広報部と業務部スタッフを兼ねる形で、ニッツクに入社しました。

今までに経験してきた面接のイメージからするととてもかけ離れていて、むしろ社会科見学のようで、とても楽しかったです(笑)
和やかな雰囲気で話ができたため、最初から素の自分が出せていたのも良かったなぁと思います。

というわけで今回は、ニッツクの求人に興味を持ってくれた方に、少しでも参考になれば……という内容の回想録でした☆
今後もこの観点で取材した記事をアップ予定ですので、どうぞお楽しみに!


投稿者名 広報担当 投稿日時 2021年01月05日 | Permalink

ニッツク制服ラインナップ

11月に入ってだんだんと寒くなってきましたが、ニッツクは熱気で溢れています!
今回は前回のブログでも少し触れていた制服についてのご紹介です。

実は、ニッツクの面接の時から皆さんのトレーナー姿が自然過ぎたので気にも止めてなかったのですが、いざ入社して制服を(トレーナー)を渡されると・・・
えぇぇぇ?となりました(笑)


日本ツクリダス

この4種類がニッツク制服!!!

やっぱりこれが制服~!!!しかも4種類。トレーナーが2色・ポロシャツが2色。
受け取ったものの、どれを着れば良いのか・・悩んでいると野口から「どれでもいいですよ~(''ω'')ノ」何と!自由!

町工場といえば、作業着が制服の会社が多いらしいですが個人的にはトレーナーの方が嬉しい!どんな仕事をするにしても、動きやすさ・快適さは重要ですよね。
トレーナーだと、コーディネートがラクなのも魅力的。下に合わせるパンツはデニム以外ならOKなんだそうです。

確かにトレーナーとデニムを合わせてしまうと、おしゃれトレーナーなのでアパレル会社かな?と思われてしまうに違いありません。ニッツクメンバーは美男美女揃いなので(社長の顔は皆さん見に来て判断して下さい(笑))サラッと着ているだけでも様になります!


組み合わせ自由な制服!


では早速、4着の制服でコーディネートです!


まずはブラックの中にオレンジ色のニッツクロゴが際立つデザイン!この時期、2階事務所のメンバーは黒のパンツを合わせている率が高いです。
上下黒でスタイリッシュな印象になりますね。


続きましては、赤!!!!これぞ赤!元気が溢れるカラーです。
白のロゴが抜群に目立ちます!これを着て歩いていると目立つこと間違いなし。
ネイビー・カーキのチノパンを合わせると一気にアメカジ風です。


年中着れるポロシャツです。ピンク好きにはたまらない配色。シックな黒に明るめのピンク。着るだけでおしゃれですね。今日は何を着ようと迷ったらこれです。下に黒いロンTで重ね着もOK。


キリっと気を引き締めたい日には赤ベースのポロシャツ。赤なのに襟が黒なので顔回りをすっきり見せてくれる制服です。ちょっと顔のむくみが気になる日に着たい一着です! 


バックプリントには・・・


英語で何かしらプリントされているのですが・・・英語は読めても訳せない。
そんな芝池に社長から救いの手が!!

To Create things and the future "TSUKURIDASU"
モノとミライをツクリダス

A spirit of enjoying everything, which attracts radiance.
すべてを楽しむ心。その心に光が集まる

そうです!この言葉こそ、ニッツクの会社理念。
社長が以前「制服のバックプリントもポイントやで~!!!」と言っていた理由がやっと分かりました!
英語でも日本語でもかっこいいです!!!


仕事中もおしゃれ全開


少し肌寒くなってきたら、重ね着です!
黒のトレーナーにあえて黒襟の赤ポロシャツ。これはおしゃれプラス保温性にも優れているコーディネート。


元のポロシャツも黒なので、さほど変わりは見られませんが、黒トレーナーだけニッツクロゴがオレンジ!黒の中にピンクとオレンジ。これはテンションが上がるカラー展開です。


最後はこちら!何とも斬新な組み合わせです。しかし黒ポロシャツの時よりも赤トレーナーを合わせると!?なんということでしょう・・・・ピンクと赤のこのマッチ具合。可愛さ全開です。


唯一、長袖も半袖ポロシャツもデザインが変わらないのがこちらです!季節を問わず赤が大好きな人には
このセットアップが最高です。赤は元気をだしてくれるビタミンカラー。仕事中も赤バージョンを着ている人がいると会社がパッと華やかになります。


まとめ


このように、ニッツクではその日の気分でメンバー各自好きなコーディネートで出社します。これだけ制服があると毎日ワクワクできます。すでに働いているメンバーは当たり前?な制服になっているかもしれませんが、入社したての芝池にはこの斬新さに驚きました。

ニッツクは驚き・面白いことが盛りだくさん。
次回も新人芝池が感じたニッツクをご紹介したいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!


投稿者名 広報担当 投稿日時 2020年11月26日 | Permalink

ニッツク 企画開発部の一員として初出勤

日本ツクリダス 初出勤

ニッツク 企画開発部の一員として初出勤

この度、在宅広報部の芝池がニッツク企画開発部の一員として入社しました!

前回は、在宅広報部としてのブログでしたが、今回はニッツクに入社した、企画開発部の芝池目線でブログを発信していきます。どうぞよろしくお願いいたします。

初日は在宅広報の日隈(ひぐま)も業務部の一員として同じく初出勤。お互い緊張する間もなく渡された制服に着替えるところからスタート。
が、なんと!手渡された制服がトレーナーという斬新さ。


ニッツクのユニフォームはトレーナー

ニッツクのユニフォームはなんとトレーナー!?

社長曰く、「町工場といえば作業着が一般的やけど、何か違う方がいいやん?それに動きやすい服装がいいやん!」との事でトレーナーが採用されたようです。
さすが社長、目の付け所が違います(笑)

その後、人事の野口の猛スピード話術で説明を受けたりと慌ただしいスタートです。

早速ビックリしたのが、ニッツクの勤怠管理や仕事ツールが本当に町工場?とビックリするレベル!まだまだタイムカードなどが使われる事が多い中、ニッツクは勤怠管理もパソコン・スマホを使います。
IT会社に入社したっけ?と錯覚するほどです。

そういえば以前の取材の際、社長が「うちの会社は3つやってる事がある。製造業でもあるし、システム作ってるからIT会社でもあるし、デザイン会社でもある。」って言ってたのを思い出しました。なるほどです。そりゃ錯覚してしまいますね。

企画開発部での仕事って?

私がこの先携わっていく業務内容は主に、当社で開発と販売をしている生産管理システムM:net(エムネット)の対応業務です。
お客様がM:netを使用する際にフォロー・サポートなどをしていく業務になるので、それはそれは覚えることがたくさんあります。

私が企画開発部で仕事をするには、まず会社の流れやM:netについての勉強から。
「覚えるには数をこなして触るしかない!」←野口の名言です。

確かに、説明を聞いていても実際触らないと頭に入りません!そもそも、M:netがどの段階で使われるのかすら分からないほどの初心者。

まずは、業務部の先輩にレクチャーを受けて、見積に関しての流れ・M:netの使い方・業務でのChatworkの使い方などを教わります。製造業なので、加工図面や見積依頼メールなども含め、初めて目にするものが多く目まぐるしい一日でした。

大丈夫!分からなくて当たり前!


日本ツクリダス

そんな中、皆さんが口を揃えて言ってくれた言葉が、「分からなくて当たり前!」「何回聞いてもいいから、また分からなくなったら聞いて!」

正直、今まで働いたことのない職種の仕事。不安や心配の方が大きかったのですが、困ってもサポートしてくれる人たちがいてる安心感は初心者からすると心強い!

賑やかな事務所で初日を終えた芝池の素直な感想は「ニッツク楽しかった!」です。
初日ということもあり、当たり前に分からないことだらけでした。そんな中で理解していく過程は面白みがあるし、気さくに教えてもらえる環境があるからこそ、こんな気持ちになったのかも。と思っています。

これからも楽しみながら業務になれつつ、ニッツク独特の雰囲気・仲間たちのこと・数ある部署のこと・M:netを使って作業してみた感想などなど、たくさんお伝え出来ればと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


投稿者名 広報担当 投稿日時 2020年11月11日 | Permalink