こんにちはこんにちは!堺の事務から

まだまだ寒い日が続き、でも晴れの日は春の陽気を感じ、今日も平和に、そして健康に仕事ができていることをぼーっと感じていましたら、

・いつの間にか3月!
・いつの間にか新しい期!
・いつの間にか春!


時の経過というものは、恐ろしいものでございます。
こうやって、人は老いていくんでしょうか。
切ないものです。
わが人生よ、もっと幸あれ!
「one love」(いきなりレゲエ路線)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

弊社は前期(第6期)を終え、今月より第7期を迎えました。
これも偏にお客様のおかげです。
この場をお借りして、お礼申し上げます。

さて、「こんにちはこんにちは!堺の事務から」という「世界の国からこんにちは」の歌詞張りにスタートしたこのブログですが、まるで無表情に殴打するかのような、無防備ながら遠慮なしに放ってくるタイトルをお詫びします。

そういえば、最近犬に絡まれます。
絡まれると言いますか好かれていると言いますか、「ハッ!ハッ!」と言いながら黒柴犬やレトリバーなど、首をかしげた状態で寄ってきます。
これはもう撫で撫でするしかないではないか、と言わんばかりの光景です。こういったところから何か仕事のヒントが得られないかと思ったんですが、かなりのヨダレっぷりで思考が置いてきぼりになります。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

弊社の事務はいつもにぎやかで、元気いっぱいです。
おそらく一番仕事を楽しんでいるのかもしれません。

「事務のみんな!!オラに元気をわけてくれ!」
参照元はこちら


そんな事務のみんなは、コミュニケーションもしっかり取れています。
例えば、


文字だけですと内容によっては冷たく感じるので、語尾に必ず絵を入れるようにしているとのこと。

それとか、


など、気持ちの伝わるメモを心がけているとのことです。

些細な、でも何か大事なことを教えられた気がする出来事でした。

良い事は真似しようと思い、私も事務のみんなの机の上にメッセージを貼ってみました。


では、また。


投稿者名 _ 投稿日時 2019年03月06日 | Permalink

今年最後のブログ

今年最後のブログにて、弊社とお取引のある多くの企業様へ、本年のご挨拶にて失礼します。

今年一年、大変お世話になり誠にありがとうございました。
来年も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

2018年 日本ツクリダス社員一同



何となく昔のホームページから並べてみました。

それでは、来年もニッツクブログをお楽しみに!


投稿者名 _ 投稿日時 2018年12月29日 | Permalink

【新コーナー】今日のゆうり

今日から始まりました不定期掲載「今日のゆうり」。

<解説>
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ゆうりとは、弊社に今年入社したホープで、主に加工と納期・工程管理ソフト「エムネット」の営業を行っています。おそらく社内で一番にぎやかで、女性社員の精神的支柱です。ちなみに、ゆうりの夫は1F製造部で金属加工の業務に従事しています。

社内では「ハズバンドアンドゥワイフ」と呼ばれています。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

そんな、ある日のこと。

無人のワイフ(ゆうり)の席から異様なまでの存在感を感じた取締役の西田が、ふと机を見てみると…。


えっ?

メガネがないと見えないだろうに、メガネを忘れて(なぜか2こある)帰宅していました。

まるでサザエさんが「買い物しようと街まで出かけたが財布を忘れて愉快な」ではなく、「帰宅しようと自宅へ向かったがメガネを(なぜか2つも)忘れてそれでも強引に帰った」というサザエさんと逆なのか何なのかわからない状態で、日本ツクリダスのグループLINEは騒然となりました。


常にニッツクを賑わせてくれる、貴重な存在です。

そして、またある日のこと。

おもむろに渡された「にわかせんぺいメガネ」を渡されたゆうりは


装着した途端、頭も何となく「今日俺」になり、すごい勢いで仕事をこなしていきました。

ちなみに、その前までにつけていた2つのメガネが行方不明になりました。

今はメガネをかけていますが、こんどは「にわかせんぺいメガネ」が行方不明になりました。

お客様へ
今後とも、弊社ワイフこと「ゆうり」がもしお電話にてご対応させて頂く際は、何卒よろしくお願いいたします。

(つづく)


投稿者名 _ 投稿日時 2018年12月06日 | Permalink

2018年「ニッツクトレンドワード」を発表!


2018年も残すところ、あと1か月ほどになりました。
つくづく、時の流れの速さを感じます。
お客様におかれましては、どんな一年だったでしょうか?

ニッツクこと日本ツクリダスにおいては、一言で表すなら「変」ではないかというくらい、めまぐるしい変化のあった1年ではなかったかなと思います。

そんな1年をしめくくる、「2018 ニッツクトレンドワード」を発表!

第5位 トランアフター・アフタートラン

○○○トランで昼食を取った後に打ち合わせ(商談など)に行くことを、ニッツクでは「トランアフター(またはアフタートラン)」と言います。

外出する人:「トランアフターでーす」
事務所にいる人:「はーい、いってらっしゃーい」「今日は何ですか?」
外出する人:「うーん、カツカレー大盛りかなー」

こんな感じです。
ごくありふれた日常会話です。


第4位 ふむふむ(フムフム)

理解や納得の意を表す表現。

ニッツクスタッフ1「(質問内容)」
ニッツクスタッフ2「(質問内容に対する回答)」
ニッツクスタッフ1「ふむふむ」

こんな感じです。
そういえば、フムフムというと「フムス」を思い浮かべます。

フムスの秘密
https://www.asahi.com/and_w/articles/SDI2018070328761.html


第3位 震える

今年は何かと震えたことが多かった1年ではないかと思います。

「記憶したくなくて震える」 by 納期・工程管理ソフト「M:net(エムネット)」 
https://mnet.netkojo.biz/
https://netkojo.jp/blog/nittuku/entry-141.html

「恐ろしい迷惑メールに震える」
https://netkojo.jp/blog/kaichi/entry-160.html

「フライスっきゃねん」
https://netkojo.jp/blog/entry-143.html

本当に、震えることの多い一年でした。


第2位 生きた屍(しかばね)

英語で言いますと「リビングデッド」すなわちゾンビです。
ニッツクは少人数です。カッコつけて言いますと「少数精鋭」です。
精鋭とは、戦いに出る際の多くは剣や槍などを持っていますが、一人で双剣、槍、飛び道具などを持って戦いに出ることを言います(適当に書きました)。

そんな精鋭でも、オーバーワーク(を超えるとワーカーホリック)になります(時代が進むと色々な言葉が出てきますね)。デスマーチになれば、ほとんど「生きた屍」となり、人はやがて、自然と空を見上げるようになります。

ひとり、またひとりと「生きた屍」となり、ビジネスチャットのプロフィール欄には自然と「生きた屍1号」という表記が現れます。それだけ多くのお仕事を頂いていることにもなりますので、会社としてはとても良いことです。

そのため、リアルな表現をするならば「笑っている生きた屍」ドラクエ風に言うならば「パペットマンは笑っている」となります(あ、パペットマンは「ふしぎなおどり」でしたね)。


第1位 うまいけどダメージ

堺市には、世界で一番おいしい弁当があります。

残業していたある日、おいしいものを食べたいと思って頼んだ唐揚げ弁当があまりにもおいしかったんですが、消化器官に計り知れないダメージがあり、「弁当うまっ」「重い、体がぁあ…」と皆キーボードに両手を添えたまま頭がうなだれた状態になりしばらく動くことができませんでした。

恩恵とリスク、または、良いことを選ぼうとすると同時に考えられる悪いこと、など、相反することの例えとして「うまいけどダメージ」が、2018年ニッツクトレンドワードの第一位となりました。


番外編(6位以下)
・ニッツくん(さて、この人は誰でしょう?)


あと1か月、日本ツクリダスは全力で頑張ります。

そして来年は、皆様に様々なニュースや発表ができるように準備を進めておりますので、変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。


投稿者名 _ 投稿日時 2018年11月24日 | Permalink

旋盤(せんばん)ってなんですのん?

※この文章はフィクションです。

益々寒くなってきた今日この頃。
企業で言えば年末に向けてどこも忙しくしているでしょうし、街に出たら赤い飾りが増えてきてますし、ぼっちな人からはそろそろ「リア充爆発しろ」と聞こえてきそうですし、ムーミンで言えばスナフキンがそろそろ旅に出る支度をする頃です。

------------------------------------------------------------------------------------------------

ここは東京。
関西で生活したことのある筆者は、お好み焼き定食をふと思い出しました。食べたい…。

「お好み焼き定食ってさ、炭水化物をおかずにして炭水化物で食うって事でしょ?ありえない」と言われたことが何回かありましたが、ラーメンにライスや焼きそばパンも同じやろがい、と思うわけです。ラーメンにチャーハンも同じです。うどんにいなり寿司だってそうじゃありませんか。炭水化物+炭水化物です。そして、関西からしたら「ラーメンライスのほうが謎やん」と思うわけです。そもそも食べ物を栄養素で語るなんて、いったい何の意味があるんでしょうか。

例えば商談で、炭水化物+炭水化物的な提案をして受注できなければ、お好み焼き定食を否定する資格は無いと思います。

参考:「お好み焼き定食はアリかナシか?」論争再び 関西人は「ラーメンにライスの方が謎」と反論 https://news.careerconnection.jp/?p=27679

お好み焼き定食に意義あり、という人はこちら
※ページ下部“メルマガ登録”から意見を頂戴しております。
※お送り頂いた方にはもれなく「ラーメンライスのほうがおかしいやん」という自動返信が送られてきます。

東京でも探しましたが、町田に一軒ありました。
遠い。LCCで関西に行くよりも遠い。

ということで、(あくまで)ビジネスをメインに、LCCで関西へ。
LCCの飛行機は名古屋へ新幹線で行くよりも安く、1/2くらいの交通費で行けます。
おいでませ関西。

あっという間に関西空港へ。
お好み焼き定食が待っています。
出口がわからず、関西空港を車で4周してしまいました。
そしてお好み焼き屋へ…(そして伝説へ…)

同行者1名も、お好み焼き定食に舌鼓。
ラーメンライスを食べれない体にしてやりましたよ。ええ。

感想を求めてもいないのに「青のりとマヨネーズをかけると、すんごくおいしいですよ!」
そりゃよかった。

商談だと言うのに、青のりを歯につけて臨もうとするなんて、ボケたまんまつっこみを交わせないような大事故につながりかねません。花子にどつかれっぱなしで返しもできない大助のようです。

川が抜けて中 家のようです。そして、ドリルしっぱなしのすっちーのようです。



旋盤の記事を書くつもりが、なぜかお好み焼き定食の話になってしまったので、頑張って旋盤の事を書こうと思っています。ただ、今回で旋盤の話に着地するかは保障できません。

まず、旋盤のことをGoogle先生に聞いてみました。

旋盤(せんばん、英: lathe)は被切削物を回転させ、固定されたバイトと呼ばれる工具で切削加工をする工作機械の一つである。 主に「外丸削り」、「中ぐり」、「穴あけ」、「ねじ切り」、「突切り」と呼ばれる各加工を行う。 被切削材料が回転するため、加工品は必ず回転軸に対して対称形になる(円筒や円錐、皿形など)。 旋盤や轆轤での加工物を『挽き物』という。
引用:旋盤(Wikipedia)

わからへん。

切削物:金属などを切り削ること
被切削物:切り削る対象物(主に金属や非金属)

ほほう、なるほど。
被切削物を回転させて切り削る機械のことを旋盤というんや、ということがわかります。そして、回転させて削るため対象形になるので、必然的に被切削物は円筒や円錐、皿形のものになるんや、ということが理解できます。そのため、こんなものができて、どんな部品になるんや、というのがやんわりわかってきます。それでもわからなければ、たこ焼きを思い出してください。あれも旋盤と似たところがあります。

下記ページの中間あたりの画像です。
超速旋盤.com(http://hayaisenban.com/)

でも何だかもったいない。
もっと色々できるんじゃないだろうか。

ということで、そのほかに旋盤で何かできそうか考えてみました。

1.    丸い名刺(判定:できるかも)
インパクト大です。しかも重い。受け取るお客様の困惑した顔が目に浮かびます。そして当然名刺入れに入りません。貰って以降は文鎮以外の用途が思い浮かびませんが、オフィス机の上で社名と名前は主張し続けるので、やはり効果が期待できます。

2.    ダイレクトに鉄板焼きができる円卓(判定:大きすぎて旋盤機に入らなさそう)
カセットコンロは必要ありません。円卓を直接釜に入れ熱を加えれば、光熱費が浮くどころか円卓でそのまま鉄板焼きができます。勿論、お好み焼きも作れます。洗い物も必要が無く、さっとひと拭きで完了です。超便利。

3.    ドリル用の筒(判定:長いので旋盤機に入らなさそう)
愛を深めたい人へ乳首ドリルができます。「ドリルすんのかーい!」で、あなたもすっちーに。お相手の方が吉田裕をやってくれるかどうかは、その人の気持ちを旋盤では切削できませんので保障対象外となります。

4.    ハロウィンの仮装で少林寺を考えている人向けの、頭のあの焼印をつけるやつ(判定:できる)
来年のハロウィンで少林寺になりきるには、頭のてっぺんの仮装も必要です。焼印の大きさに切削し、それを熱して使えば完全に少林寺です。これでハロウィンでの話題も独り占めです。モテ男間違いなし!

5.    壁時計(判定:やってる)
もうやってました。
イロニデア(http://ironidea.com/)

というか、円形以外もできました。
恐るべし固定概念。そして「すごい旋盤.com」(違った!超速旋盤.com)

聞いたことあるけどわからへん。
円盤っぽいやつか?
なんかの機械やろ。

きっと、このページに奇跡的にアクセスした人も、最初はこのように思っていたのではないでしょうか。

平たく言うと、「何でもできまっせ」ということです。
満足。


<エピローグ>
旋盤のことがわかり、関西を後に。
そういえば、訪問した日本ツクリダスの社員の方は皆未経験で、勿論旋盤なんて扱ったことはありません。前職は介護職とか、自衛隊とかお笑い芸人とか元石油王とか元ヒーローとかいろんな人がいます(本当か?)

朝礼では、元自衛隊の人に歩伏前進や野草の採取方法、毒キノコの見分け方を学び、元介護職の人からは人生に疲れた人への身体介護の方法を学び、元お笑い芸人からはお客様へのボケとつっこみを学び、元石油王からは油田の掘削方法を学び、元ヒーローからはミナミやナンバの街中でのビルの倒し方や火の噴き方を学びます(怪獣やん)。盗んだバイクで敵に向かっていく方法も学ぶことができます(犯罪やん)。

そういえば、社員同士の感謝メッセージのコーナーがあり、いつも仕事でフォローしてくれてありがとう(しばくぞ)、というカードがありました(冗談です)。

また関西空港を4周してしまいました(旋盤かい)。
恐るべし関西。そして、ありがとうお好み焼き定食(なんでやねん)。

----------------------------
この記事の筆者について
----------------------------
関西にお好み焼きを食べに来てはみたものの、泉北一号線で迷子になり行き倒れそうになっていたところを、たまたま通りかかった日本ツクリダス社長の角野さんに「おなかすいたの?なんか食べる?」と声をかけてもらい、一宿一飯?のお礼にふざけたブログを書かせてもらった、通りすがりの食いしん坊です。


投稿者名 _ 投稿日時 2018年11月16日 | Permalink