選択されているタグ : 森重

タグの絞り込み

M:net忘年会に参加して来ました!①

みなさん、こんにちは!
前回の記事から在宅広報部してニッツクブログにて記事を書かせていただいている森重です。
今年も、もうすぐ終わりですね。
クリスマスも近いので26日くらいまで、ずっと寝ることによって日数をスキップしたい気持ちもある今日この頃です。
しかし、そんなわけにも行きませんので本日も元気にブログの更新をしていきましょう。

クリスマスでのイベントの予定はありませんが、今回僕はM:net忘年会と呼ばれるM:netの運営や制作に関わった方と利用者の方とで座談会を行うイベントに参加して来ました。

その名も「M:net 忘年会 座談会」です!
12月6日に開催されたイベントで、堺市産業復興センターで行われました。
開催の目的としましてはM:net利用者の方との交流、M:netの新機能の発表などが目的となっています。
M:netは日本ツクリダス株式会社が制作と販売をさせていただいている町工場専用の生産管理ソフトです。

座談会説明会と聞くと堅苦しそうなイベントでしたが、僕を含めたスタッフの方や来てくださったお客様の全ての方が楽しい時間を過ごせました。
良い体験をしたので、今回は「M:net 忘年会 座談会」のお話にお付き合いください。

準備から参加して来ました!

まずはM:net忘年会のスケジュールをご覧ください。

・受付開始 14:00~
・1部 座談会 15:00~
・2部 懇親会 18:00~
・3部 忘年会 20:30~

僕が今回参加させていただいたのは受付開始の14:00〜忘年会の終わりの20:30までとなります。
座談会では名刺交換や新機能発表といった真面目ながらも楽しい雰囲気になっていました。
第2部はお酒も交えた立食パーティになっており、忘年会では会場を移動して楽しい飲み会をされていたそうです。


こちらが、その会場になります。
建物の5階が会場になっていることを、受付の方に教えてもらいエレベーターに乗って部屋まで向かいます。

中にはすでに多くのスタッフの方が準備をされていましたが入室すると「こんにちは!お疲れ様です!」と元気に挨拶してくれました。
僕も、もちろん元気に挨拶を返しましたよ!(ちょっと噛んだ気もしますが・・・)

森重、謎の漫画と出会う・・・!


会場に行くと僕の席も用意されており、机には説明資料と漫画が用意されていました。
説明会の資料も気になることながらオタクとしては漫画の方も気になります。
ペラペラーと漫画を読んでみると、あっくんと呼ばれるキャラクターが日本ツクリダス株式会社を訪問するという漫画でした。
漫画にすると、会社の概要が分かりやすかったので少し感動しました。

ただ、気になることが・・・


「・・・社長ってこんなにコッテコテだっけ・・・?」
という疑問が・・・

漫画ばかり読んでいるわけには行かないので、隣の席の方にも挨拶をすることにします。
実は会場のテーブルは2人くらい余裕で並んで座ることができる物になっていました。
僕の隣に座っている方は野崎さん!今回はカメラマンとして参加していただいた方でした。
話を聞いてみると、何を隠そう漫画を制作したのは野崎さんとスタッフの方と言うではありませんか!

素直に驚きながら話を聞いてみると角野社長の口調は多少の誇張が入ってるとのことでした。
さすがに、ここまでコテコテではないですよ!と本人も笑っておられて話しやすい優しい雰囲気の方でした。

杉山さんに、お話を聞いてみました!

もうすぐ忘年会も始まると言うことなので、みなさん準備に大忙しでした。
さすがに、インタビューをして邪魔をするわけにはいきません。
できるだけ空気を読みつつ話しかけることに成功した方が杉山さんでした。

僕は新しく在宅広報に入って来た人間なので、角野社長以外の方とはほとんど話したことがありません。
緊張しながら、挨拶してみると本当に気さくに対応していただけました。

内心ホッとしながら、詳しく聞いてみますと今回杉山さんはM:netの説明会で社長のサポートを請け負っているとのことです。
角野社長が説明している横でパソコンを操作してスクリーンでM:netを動きを見てもらう、テクニカルな仕事です。
話を聞いてみると杉山さんは、元々趣味でプログラミングをされておりM:netの開発にも携わっておられました。
まさに適任だな〜と思いながら、やっぱり緊張しますか?とお聞きしたところバリバリ緊張しているご様子でした。
最後に写真をお願いしたところ「イケメンに撮ってくださいね!」と快く引き受けてくれました。


いかがでしょう!
元々爽やかなイケメンさんでしたので、個人的にも上手に撮れたと思います。

田村さんにも、お話を聞いてみました

人見知りながらも、勇気を出して田村さんにもお話を聞いてみることにしました。
田村さんは日本ツクリダスで検査主任をされている方でした。
機械検査技能士と呼ばれる国家資格を持っておられる方で、田村さんも杉山さん同様お話しやすい女性の方でした。
忘年会では机を並べるなどの準備や後片付けをしてくれていました。

やはり、イベントのスタッフと言うことなので「やっぱり緊張しますか?」と聞いてみたところ「そりゃしますよ〜」とお答えいただきました。
田村さんからは、実はM:net忘年会がぶっつけ本番で急に、お声がかかったとの情報をいただきました。
「え!?」
と僕も大驚きです。

今回でM:net忘年会の最後までを書ききろうと思っていた僕ですが・・・
内容が濃すぎた!!!

と言うわけですので次回に続きます!
果たして、ぶっつけ本番のM:net忘年会は成功するのでしょうか!?
それでは読んでくださり、ありがとうございました!


投稿者名 日本ツクリダス株式会社 投稿日時 2019年12月16日 | Permalink